TOP日本のプロレスその他 →Zero-One:Best of Zero-One 2002

Zero-One:Best of Zero-One 2002の分析


名勝負 なし
好勝負 日高郁人vs.星川尚浩(5/23/02)

日高郁人vs.星川尚浩(7/7/02)

火祭り準決勝:大谷晋二郎vs.田中将斗(7/31/02)

@日高郁人vs.星川尚浩(5/23/02)
 日高が不意打ちスーパー・キックを決めれば
 星川も即座にやり返し全力トペ・スイシーダ。
 お互い相手を信頼して場外、エプロンと
 戦場を移しながらそこでハードなスポットを打ち合います。
 単純なハード・ヒットに終わらせず、
 日高がここぞでチェンジ・ペース。
 流石テクニシャン、という懐の深さを見せます。
 星川は脚攻めの受け手として表現がまだ青かったものの
 ショーンキャプチャーへの日高の戦略性がばっちりで補完されている。
 文句なしに好勝負。

A日高郁人vs.星川尚浩(7/7/02)
 前回激戦を展開したカードとあって
 打撃の耐えあいから日高がトペコンと
 ストレートに盛り上げてきました。
 試合の中でのメリハリをつけて、
 終盤の攻防もより一進一退で実現できたのは
 星川が日高と同じステージに上がりつつあることを感じさせます。
 ただ日高が引っ張って星川がついていった前回の方が
 限界を超えた部分も多かったように思います。
 前回には少し劣るものの違う味を持ったグッド・ファイト。
 ぎりぎり好勝負です。

B火祭り準決勝:大谷晋二郎vs.田中将斗(7/31/02)
 大谷がいつも以上に厳しいハード・ストライク。
 コーナーへの頭部ドロップ・キックで田中が流血します。
 流血慣れしている田中は冷静にセルしながら
 ポイントではこのカードの目玉である機動力を活かした
 ど突き合いを予定通り慣行。
 エネルギッシュな打ち合いの裏に
 2人の確かな受けの表現テクニックが光りましたね。
 血が止まらない田中に対して大谷がコブラ・クラッチ。
 他もスポットのセンスが良かったですが、
 特にこの技が利いてクライマックスの激戦っぷりが際立ちました。
 14分とは思えぬ熱量が詰まっています。
 文句なしに好勝負。
 
Cロウ・キー、フランキー・カザリアンvs.高岩竜一、田中将斗(12/15/02)
 ダブル・ダイブからスタートするも仕切って余り効果なし。
 高岩の仕掛けも不自然で試合の軸を感じれませんでしたね。
 中盤にかけて田中がJrとしてカズと軽妙な攻防、
 ロウ・キーと高岩がごつごつの攻防で試合をのせると
 US組の独創的な技、連携技、
 JP組の迫力ある技が真っ向からぶつかり合う攻防に。
 スポット、戦略性が重厚に絡まった
 当時としては最先端のタッグの魅力を見せてくれました。
 好勝負に少し届かず。 
 (執筆日:1/?/15)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@日高郁人vs.星川尚浩(5/23/02)
A日高郁人vs.星川尚浩(7/7/02)
B火祭り準決勝:大谷晋二郎vs.田中将斗(7/31/02)
Cロウ・キー、フランキー・カザリアンvs.高岩竜一、田中将斗(12/15/02)