TOP日本のプロレスその他 →WRESTLE-1:W-1 TV Matches 2019 part.1

WRESTLE-1:W-1 TV Matches 2019 part.1の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@GPトーナメント1回戦:芦野祥太郎vs.立花誠吾(6/2/19)
 芦野がレスリングであしらって挑発すると、
 立花がキレて喧嘩ファイトで腕狙い。
 芦野が反撃で場外ベリー・トゥー・ベリー、と
 導入は少々単純すぎるが
 明快なスタイルクラッシュで良いですね。
 派手なスポットの配置も的確です。

 ただ折角良い展開なのに終盤を
 凡庸に打撃の打ち合いで切り替えると
 芦野が上回ってアンクルロックかけると
 一気に均衡崩れて押し切り。

 これが団体の中での格差といえばそれまでなのですが、
 立花辺りを勝たせる必要はないから
 もう少し強く見せて押しあげたいですね。
 立花自身のセルフ・プロデュースにも課題はあるものの
 イケメンが離脱した今、団体がもう少しサポートしてあげてもと思います。
 平均的な良試合。
 (執筆日:7/?/19)

AGPトーナメント準決勝:芦野祥太郎vs.土肥孝司(7/2/19)
 コーナーに倒す所作や
 担いで肩から鉄柱にぶつけるムーブで
 土肥のパワフルさは伝わってくる。

 ただ芦野がスタイルを明確にした上で、
 テンションの維持から後半への段階付をしたのに比べると
 土肥は最初のステージに留まっている印象が強い。
 これは土肥だけに限らずW-1全体の問題ですけどね。

 土肥のアンクルロックからクロスフェイスへの切り返しや
 パワーボムを見ていると
 もう一工夫加えるだけでブレークスルーできそうなんですけどね。

 平均的な良試合。

BGPトーナメント決勝:芦野祥太郎vs.稲葉大樹(7/2/19)
 序盤、稲葉が相手を動かすだけの強制力をかけれていないので
 芦野がわざと付き合っている印象が強い。
 W-1最強の芦野で、決勝の舞台ですからね、
 これは少し白けてしまう。

 稲葉がエプロンDDTから首攻めで、ある程度立て直すも
 その後の芦野の腹攻めがお手本、見事過ぎて、
 稲葉が意図せぬ形でグリーンボーイになっていきます。

 芦野も稲葉に調子を崩したか変な調整をしたり、
 勿体ないアンクルロックの切り方をしてしまう。

 将来を作るためには、実力通りに勝敗を決めていく訳にはいきまぜが、
 それにしても、と思ってしまうほど差のある内容。
 稲葉に感心したのは最後のフィニッシャーくらい(これは見事でした)。
 Tホークvs.芦野が見たかったなぁ。
 平均より少し上。

Cタッグ王座戦:芦野祥太郎、児玉裕輔vs.近藤修司、征矢学(8/1/19)
 立花が負傷により近藤、立花が王座を返還し、この試合に。

 立花が松葉杖をつきながら登場。
 この立花含めセコンドが入り乱れる形で、
 混沌とした出だしから始まり筋道を作っていきます。

 最低限の土台ができたところから
 児玉が中心に躍り出てリード・ライン。
 一人クルーザー級で難しい立ち位置でしたが良い仕事しましたね。
 対する近藤に応援が集まっていたので、
 近藤もここで奮起すればまた試合は一段高みに上ったのですが、
 サポート・プレイヤーという立ち位置を崩さずでしたね。

 タッグとしての面白みをしっかり出して〆。
 中々良い試合。
 (執筆日:8/?/19)

DW-1王座戦:Tホーク(ch)vs.稲葉大樹(9/1/19)
 稲葉は基本スキルで劣っているので、
 変化の付け方を工夫して補っていきます。
 Tホークもしっかり矯正していき、
 入場ゲートでのパイル・ドライバーからの首攻め。
 単純明快な展開で稲葉を引き立ててあげます。

 しかし後半も稲葉は自分本位な受け表現。
 熱の篭った打撃戦で雰囲気は出ているが
 クオリティが伸びていきません。

 Tホークが最高の働きを見せたので
 王座交代劇として成立しましたが、
 稲葉の防衛ロードには試合前からの印象変わらず不安しか感じません。

 平均的な良試合。


注目試合の詳細

なし

試合結果

@GPトーナメント1回戦:芦野祥太郎vs.立花誠吾(6/2/19)
AGPトーナメント準決勝:芦野祥太郎vs.土肥孝司(7/2/19)
BGPトーナメント決勝:芦野祥太郎vs.稲葉大樹(優勝!)(7/2/19)
Cタッグ王座戦:芦野祥太郎、児玉裕輔(新チャンピオン!)vs.近藤修司、征矢学(8/1/19)
DW-1王座戦:Tホーク(ch)vs.稲葉大樹(新チャンピオン!)(9/1/19)