TOP日本のプロレスその他 →Freedoms:Best of Freedoms 2017

Freedoms:Best of Freedoms 2017の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@キング・オブ・フリーダム王座戦、蛍光灯&ガラス画鋲ボード+空き缶テーブル・デス・マッチ:正岡大介(ch)vs.竹田誠志(3/23/17)
 コーナーに立てかけられたお題目をかわす
 定番の導入後、蛍光灯をまずはベースで使います。
 リバース・ブレーン・バスターで
 明らかに膝から落ちているのに腹を押さえたりと
 ディティールが弱いですが悪くは無い。
 お題目の2つのスポットをどこでどう使うかが焦点になっていますが、
 効果的な配置で使えていたといえるでしょう。
 一方でこの十分なスポットを経た上で
 通常の攻防だけで魅せ切れたかというと
 ちょっと物足りなかったか。
 特にジャーマンの打ち合い等
 かがみ合わせ要素を入れると正岡が見劣りする印象が強くなってしまいました。
 好勝負に届かずも中々良い試合。

Aキング・オブ・フリーダム王座戦、4コーナーズ・オブ・ペイン・デス・マッチ:正岡大介(ch)vs.吹本賢児(5/2/17)
 椅子に座って蛍光灯を打たせあいますが、
 そこで過度に痛がってしまう正岡は
 グリーン・ボーイに見えてしまいます。
 ただvs.竹田よりは堂々と王者然としているシーンも多く、
 中盤の試合運びは良かった。
 様々な凶器が入り乱れる中で
 吹本もベテランらしいカウンターを使って
 良い攻防に仕上げていましたね。
 中々良い試合。
 (執筆日:6/?/17)


注目試合の詳細

なし

試合結果

@キング・オブ・フリーダム王座戦、蛍光灯&ガラス画鋲ボード+空き缶テーブル・デス・マッチ:正岡大介(ch)vs.竹田誠志(3/23/17)
Aキング・オブ・フリーダム王座戦、4コーナーズ・オブ・ペイン・デス・マッチ:正岡大介(ch)vs.吹本賢児(5/2/17)