TOP日本のプロレスその他 →大日本プロレス:BJW Matches 2020

大日本プロレス:BJW Matches 2020の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@デス・マッチ王座戦、新・鉄檻デスマッチ:木高イサミ(ch)vs.アブドーラ小林(12/18/19)
 ロープに蛍光灯が設置され、
 リングの鉄檻には無数の蛍光灯が刺さっている形式。

 まずは蛍光灯数が十分あるので地道に使いつつ
 中盤から檻のスポットをメインに据えて構築。

 形式の凶器をしっかり使っているとも言えますが、
 ただ鉄檻自体はやることが見えているので、
 予想を超えるサプライズがないですね。

 むしろ最初から存在している以上
 観る者も想像をする時間が十分にあり、
 鉄檻から投げもあるかな、と思ってしまうのですが、
 鉄檻から双方ダイビング技をするだけで終わってしまいました。

 平均的な良試合。

Aデス・マッチ王座戦、蛍光灯222本デスマッチ:アブドーラ小林(ch)vs.塚本拓海(1/2/20)
 リングはいる前に塚本が奇襲。
 固有凶器のビッグ・ハンマーに蛍光灯。
 ビニール袋も使って攻めて行きます。

 小林が蛍光灯でビニール袋を割いて脱し、
 その後耐える背中姿を見せて逆転、と
 大きな流れ自体は問題ないし、
 小林が王者として格好良い印象を残せている。

 ただ王座戦としては塚本が食い下がって
 クライマックスがもう少し欲しかったですね。

 平均的な良試合。
 (執筆日:1/?/20)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@デス・マッチ王座戦、新・鉄檻デスマッチ:木高イサミ(ch)vs.アブドーラ小林(新チャンピオン!)(12/18/19)
Aデス・マッチ王座戦、蛍光灯222本デスマッチ:アブドーラ小林(ch)vs.塚本拓海(1/2/20)