TOP日本のプロレスその他 →大日本プロレス:Best of BJW 2020

大日本プロレス:Best of BJW 2020の分析


名勝負 なし
好勝負 デス・マッチ・ヘビー級王座戦、蛍光灯316本デス・マッチ:アブドーラ小林(ch)vs.伊東竜二(3/16/20)

@タッグ王座戦:関本大介、佐藤耕平(ch)vs.入江茂弘、岡林裕二(3/3/20)
 比較的あっさりと序盤は終わり関本孤立へと展開。
 場外で打撃戦を経て今度は岡林を孤立。

 オーソドックスな内容ですが、
 技の一つ一つは相手の体力を"削る"ハードなものだし、
 ペース配分は適度なものになっています。

 そして最後にはしっかり右肩上がりにして
 関本vs.岡林で爆発させました。

 好勝負に少し届かず。

Aデス・マッチ・ヘビー級王座戦、蛍光灯316本デス・マッチ:アブドーラ小林(ch)vs.伊東竜二(3/16/20)
 開始時に蛍光灯をリング中央にばらまき、
 蛍光灯の破片でリングを埋め尽くしたりと
 200本マッチではない316本ならではの
 単純明快な蛍光灯物量で勝負できていますね。

 まったりした試合も多いものの
 ここぞの試合の小林のタフっぷりは見事なもので、
 伊東もまたピークを越えながらも
 レジェンドとしてしっかり仕事をしました。

 表に見える蛍光灯を使い切ったかと思いきや、
 蛍光灯BOXで大量に追加されたりと
 濃淡生まれず一定ライン以上で走り切りました。

 ぎりぎり好勝負。

B蛍光灯567本3WAYデス・マッチ:アブドーラ小林vs.佐久田俊行vs.石川勇希(6/21/20)
 コロナにかけた本数であり、
 無観客だからできる本数でもあります。

 ロープに据え付けてトラップを用意するだけでは
 この蛍光灯の本数を消化できないので、残りはリングに直置きすることになります。

 そのために一歩歩くだけで蛍光灯が割れることになり、
 常に蛍光灯が割れる試合となっています。

 また、蛍光灯からの煙が蔓延する光景も他になく特異で一見の価値あり。

 一方で当然ウルさくてリズムに欠け、
 視野が行き届かないので攻防も雑になるマイナス面もある。

 また、それとは関係なく3人目の混ざり方がかなり雑で
 終盤も間延びした印象がありましたね。

 中々良い試合。
 (執筆日:1/?/20)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@タッグ王座戦:関本大介、佐藤耕平(ch)vs.入江茂弘、岡林裕二(3/3/20)
Aデス・マッチ・ヘビー級王座戦、蛍光灯316本デス・マッチ:アブドーラ小林(ch)vs.伊東竜二(新チャンピオン!)(3/16/20)
B蛍光灯567本3WAYデス・マッチ:アブドーラ小林vs.佐久田俊行vs.石川勇希(6/21/20)