TOP日本のプロレスその他 →大日本プロレス:Best of BJW 2019 part.2

大日本プロレス:Best of BJW 2019 part.2の分析


名勝負 マイケル・エルガンvs.関本大介(8/24/19)
好勝負 最侠タッグ・リーグ公式戦:岡林裕二、入江茂弘vs.野村卓矢、阿部史典(9/25/19)

@ライト・チューブ&ダブル・ボード・デス・マッチ:伊東竜二、竹田誠志、植木嵩行、星野勘九郎vs.佐久田俊行、ジミー・ロイド、シュラック、アレックス・コロン(8/24/19)
 観客の安全管理もしないといけない中で8人は少し多く
 6マンにして純正対抗戦にしても良かったのではと思いますね。

 リングの中は一対一で繋ぎ、
 後半はBJW組がリング制圧など展開付け。
 ただそれはそれで場の流れに制約も受ける。

 必然的にまあまあ良い試合以上にはならなかった試合。
 個では植木が中でも良いパフォーマンスを見せていましたね。

Aマイケル・エルガンvs.関本大介(8/24/19)
 ナックル・ロック。
 組み合って動きとして現れない中で
 力の重みをしっかり伝えています。

 エルボーやトペなどムーブ自体はオーソドックスながれ
 それを丁寧にスポットとして意味合い付け、
 ダメージ表現をしているバック・トゥ・ベーシック。
 関本は時に淡白になるけれど
 こういう試合のはまった時はやはり唯一無二の存在ですね。
 
 ベースの打撃の一進一退でベースを右肩上がりで上げ、
 関本がエプロンでジャーマン、
 更にエプロンからリングに引っ張り込むジャーマンと続け終盤へ。
 シンプルな重みの伝え方一本やりでなく、
 終盤に攻防の連鎖へと見せ場をシフトすることで
 重くなりすぎずエルガンのセンスも活かせる要素を織り交ぜました。
 緊密な関係性を途切れさせず最後までやりきりました。

 ぎりぎり名勝負。

B関本大介、野村卓矢vs.マイケル・エルガン、望月成晃(8/25/19)

 望月と野村のバチバチに
 エルガンと関本の肉弾戦。
 特に後者は前日に凄い試合をしていますからね、
 非常にクオリティが高かった。

 それ以外の組み合わせも興味深いのですが、
 望月と関本に関しては上手く意思疎通が取れていなかったのが残念。

 タッグの形とシングルの両立ができていましたが、
 17分では出し切れないポテンシャルがこのカードにはあった。
 もっと、もっと凄い試合が出来たはずです。

 好勝負に少し届かず。

C最侠タッグ・リーグ戦:関本大介、ザ・ボディガーvs.野村卓矢、阿部史典(9/15/19)
 オーソドックスながら適度に
 緩急とスポットを入れて一定以上のクオリティ。

 どこで特別感を出すかが課題ですね。
 野村、阿部の健闘が光ったし、
 安部の脚狙いや合体技をキーにした構成は良かったものの
 更にギアを上げるにはエネルギー不足だった。

 中々良い試合。
 (執筆日:9/?/19)

Dデス・マッチ・ヘビー級王座戦、蛍光灯&スキャフォールド+αデス・マッチ:木高イサミ(ch)vs.佐久田俊行(9/15/19)
 スキャフォールドから試合を開始して、
 その後も試合の要所でスキャフォールド・スポット。
 後になる程迫力を増しているし、
 それ以外の場面でも存在感のあるスキャフォールドという舞台装置を
 攻防の小ネタに上手く使っているという点で
 木高の長所を最大限に発揮した内容ではあります。

 ただ佐久田との合わせで見ると
 佐久田の不器用さを露呈させていて
 微妙な攻防が散見されましたね。
 
 佐久田の方も自分の殻に閉じこもって関係性を改善する気配が見られなかったのは残念。

 平均的な良試合。

E最侠タッグ・リーグ公式戦:岡林裕二、入江茂弘vs.野村卓矢、阿部史典(9/25/19)
 BJストロング。
 どのようなものが見れるか方向性は試合前から明確ですが、
 阿部は簡単に引かず積極的に主張する上に動きも良いし、
 入江は海外での経験を経て表現力が段違いになり、
 デビュー戦の相手も務めた阿部との攻防は素晴らしかった。

 野村も安定した仕事っぷりで、
 岡林が全然リードする必要なく
 全シーンで充実の攻防を見せていました。

 このカードで30分時間切れの試合を見たくなる程、
 豊かな可能性に満ちていた内容でした。

 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:11/?/19)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ライト・チューブ&ダブル・ボード・デス・マッチ:伊東竜二、竹田誠志、植木嵩行、星野勘九郎vs.佐久田俊行、ジミー・ロイド、シュラック、アレックス・コロン(8/24/19)
Aマイケル・エルガンvs.関本大介(8/24/19)
B関本大介、野村卓矢vs.マイケル・エルガン、望月成晃(8/25/19)
C最侠タッグ・リーグ戦:関本大介、ザ・ボディガーvs.野村卓矢、阿部史典(9/15/19)
Dデス・マッチ・ヘビー級王座戦、蛍光灯&スキャフォールド+αデス・マッチ:木高イサミ(ch)vs.佐久田俊行(9/15/19)
E最侠タッグ・リーグ公式戦:岡林裕二、入江茂弘vs.野村卓矢、阿部史典(9/25/19)