TOP日本のプロレスその他 →大日本プロレス:Best of 2019

大日本プロレス:Best of 2019の分析


名勝負 なし
好勝負 デス・マッチ・ヘビー級王座戦、蛍光灯&蛍光灯アイテム+αデス・マッチ:高橋匡哉(ch)vs.塚本拓海(1/2/19)
 
デス・マッチ・ヘビー級王座戦、観客持ち込み・画鋲344,440個デス・マッチ:高橋匡哉(ch)vs.伊東竜二(1/14/19)

世界タッグ王座戦:諏訪魔、石川修司(ch)vs.関本大介、岡林裕二(1/13/19)

@デス・マッチ・ヘビー級王座戦、蛍光灯&蛍光灯アイテム+αデス・マッチ:高橋匡哉(ch)vs.塚本拓海(1/2/19)
 蛍光灯からテーブルと
 着実にボルテージを上げていきます。
 不恰好な2人ですが、
 お互い同じ目線で試合に臨んでいて
 非常に良い関係性を築いています。
 トップ・デス・マッチ・ファイターとは
 違う面白さを提供してくれました。
 ぎりぎり好勝負。

Aデス・マッチ・ヘビー級王座戦、観客持ち込み・画鋲344,440個デス・マッチ:高橋匡哉(ch)vs.伊東竜二(1/14/19)
 34万個とあって最初から一部をリングにばら撒く形。
 レスリングもボディ・スラムも画鋲が突き刺さります。
 普段のクライマックス・スポットが
 序盤から繰り出される形ですが、見慣れることはない。
 後半高橋がシャツを脱ぎ捨てると
 画鋲を十倍くらい追加して
 シンプルにシンプルにそれぞれの身を画鋲にめがけて投げていきます。
 カードから感じる所は少なかったものの
 試合形式の凄さは十分に感じました。
 ぎりぎり好勝負。

B世界タッグ王座戦:諏訪魔、石川修司(ch)vs.関本大介、岡林裕二(1/13/19)
 スーパー・ヘビー級の黄金カード。
 迫力のあるぶつかり合いの一方で
 タッグの王道を行く展開付けもしっかりあったりと
 あらゆる要素を高いレベルで実現させています。
 この中でも岡林のパワフルさ、
 エネルギーの持って行き方は頭一つ抜けている。
 後半になると連携、連続技も冴え渡り
 他には真似できない素晴らしい内容でした。
 文句なしに好勝負。
 (執筆日:3/?/19)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@デス・マッチ・ヘビー級王座戦、蛍光灯&蛍光灯アイテム+αデス・マッチ:高橋匡哉(ch)vs.塚本拓海(1/2/19)
Aデス・マッチ・ヘビー級王座戦、観客持ち込み・画鋲344,440個デス・マッチ:高橋匡哉(ch)vs.伊東竜二(1/14/19)
B世界タッグ王座戦:諏訪魔、石川修司(ch)vs.関本大介、岡林裕二(新チャンピオン!)(1/13/19)