TOP日本のプロレスその他 →大日本プロレス:Best of 2018 part.2

大日本プロレス:Best of 2018 part.2の分析


名勝負 なし
好勝負 ストロング・ヘビー級王座戦:橋本大地(ch)vs.中之上靖文(2/27/18)

ストロング・ヘビー級王座戦:鈴木秀樹(ch)vs.野村卓矢(6/20/18)

@ストロング・ヘビー級王座戦:橋本大地(ch)vs.中之上靖文(2/27/18)
 粗野にエルボーを打ち合います。
 中之上が重みある打撃を放ちつつ、
 受けでは相手を立てて攻めを引き出す、
 見事なコントロール術を見せてくれました。
 大地は王者を任され成長した印象を持ちましたが、
 中盤以降の試合運びに強制力を感じず
 悪い意味での若さが残ります。
 それでも再び中之上が見事なワーク。
 タフな打ち合いに引き込んで
 大地の良さを引き出して行きます。
 これは三冠王者時代の小島を彷彿とさせましたね。
 天晴れ。
 ぎりぎり好勝負。

A一騎当千公式戦:関本大介vs.鈴木秀樹(3/11/18)
 鈴木らしいオールド・スクールなレスリング。
 静かに見守るタイプのレスリングです。
 細かな味付けもしっかりして
 最後だけラリアットといった力技で
 一気に盛り上げてまとめた内容。
 上質な内容ながら特殊なことをしていないので
 12分の試合ならば中々良い試合がせいぜい。

Bストロング・ヘビー級王座戦:鈴木秀樹(ch)vs.関本大介(5/5/18)
 鈴木は側転でかわしつつも
 敢えて次のアクションを続けず、そこで止まる。
 水面に石を投げてその波紋を見せるかのような
 じっくりとしたグラウンド。
 鈴木は首狙いで関本は腰狙い。
 関本はロング・マッチでは試合運びがフラットになりがちですが、
 今回はアルゼンチン・バック・ブリーカーを早期に繰り出す等
 思い切った繋ぎを見せていて、
 ボストン・クラブへの持って行き方も良かったですね。
 残り5分になってロープ・ワークや場外を交えるという英国プロレス的構築。
 それまでと繋がりはあるけれども形式的にならざるを得ず、
 この構成はかえって失敗だったような
 印象を最後につけてしまった気がします。
 好勝負に少し届かず。

Cストロング・ヘビー級王座戦:鈴木秀樹(ch)vs.野村卓矢(6/20/18)
 野村のMMAスタイルに対して、
 鈴木もレスリング・スタイルを
 MMAの一つとして、いつもより本格派に見せて対応。
 野村がストライカー・スタイルに移行すると
 印象的な絵と緊張感が生まれましたね。
 鈴木も乗ってきて普段見せないハイ・キックに顔面蹴り。
 殺意の波動を見せます。
 リドルが良く見せるようなレフェリー・ストップのフィニッシュには
 一部ブーイングもありましたが、
 この特殊なコンセプトにふさわしいフィニッシュでした。
 彼らとリドルを戦わせて見たいですね。
 文句なしに好勝負。
 (執筆日:7/?/18)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ストロング・ヘビー級王座戦:橋本大地(ch)vs.中之上靖文(2/27/18)
A一騎当千公式戦:関本大介vs.鈴木秀樹(3/11/18)
Bストロング・ヘビー級王座戦:鈴木秀樹(ch)vs.関本大介(30分時間切れ)(5/5/18)
Cストロング・ヘビー級王座戦:鈴木秀樹(ch)vs.野村卓矢(6/20/18)