TOP日本のプロレスその他 →大日本プロレス:Best of 2016

大日本プロレス:Best of 2016の分析


名勝負 なし
好勝負 ストロング・ヘビー級王座戦:岡林裕二(ch)vs.浜亮太(1/24/16)

ストロング・ヘビー級王座戦:岡林裕二(ch)vs.石川修司(5/5/16)

デス・マッチ・ヘビー級選手権試合: スキャフォールドGショック・デス・マッチ:伊東竜二(ch)vs.星野勘九郎(7/24/16)

@ストロング・ヘビー級王座戦:岡林裕二(ch)vs.浜亮太(1/24/16)
 以前、対抗戦でも見せていましたが、
 浜のヒールは非常に良い。
 ふてぶてしい表現、ほとんど受けないハイパー・アーマー設定が
 その他にない体躯とも合っていて完成度が高い。
 また岡林も成長しましたね。
 元々過度な耐えあいに行くことなく、
 バランス感を持った選手ながら
 自分がエースだ、自分を見ろ、と
 立ち位置を設定して魅せることができている。
 浜の体重により攻防の切り替わりが少ない、
 技種も制限を受けているという欠点はありますが、
 それ以上に良さにあふれた試合です。
 ぎりぎり好勝負。

Aストロング・ヘビー級王座戦:岡林裕二(ch)vs.石川修司(5/5/16)
 岡林がこれまで勝ったことない石川を挑戦者に迎える、というストーリー・ライン。
 序盤はショルダー・タックルの耐えあいといった提携を交えながら
 グラウンド・サブミッションを中心の試合運び。
 石川のダメージ表現が冴えていましたね。
 後半にかけてはサブミッションの使い方も光りました。
 岡林は吠えを多用して感情を込めていましたが、
 全編通してよりももっと場面を絞っても良かった。
 また、ダウン・ベースの表現で
 もっと追い込まれている感の演出も欲しかったかも。
 ストロング・ヘビーらしい重厚且つシンプルな内容でした。
 ぎりぎり好勝負。

Bデス・マッチ・ヘビー級選手権試合: スキャフォールドGショック・デス・マッチ:伊東竜二(ch)vs.星野勘九郎(7/24/16)
 オールド・スクールな最初の出だしは丁寧な導入で好感が持てます。
 ハードコアといってもブロックを使うので
 デス・マッチとしての重量感もあります。
 花道に出たりスキャフォールドを使ったり
 適度に場面を転換しながら構築の配分も良好。
 始めてTJが行い賛否両論起こした注射器ですが、
 刺したまま行うのが今の流行なのでしょうか。
 どうかと思いますが、ただスポットしては浮いてはいない。
 最後はスカフォールドを絡めてフィニッシュ。
 地味な所は堅実に、要所は派手に。
 素晴らしい内容でした。
 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:1/?/17)


注目試合の詳細

なし

試合結果

@ストロング・ヘビー級王座戦:岡林裕二(ch)vs.浜亮太(1/24/16)
Aストロング・ヘビー級王座戦:岡林裕二(ch)vs.石川修司(5/5/16)
Bデス・マッチ・ヘビー級選手権試合: スキャフォールドGショック・デス・マッチ:伊東竜二(ch)vs.星野勘九郎(新チャンピオン!)(7/24/16)