TOP日本のプロレスその他 →Battlarts:Best of Battlarts 1997

Battlarts:Best of Battlarts 1997の分析


名勝負 池田大輔vs.アレクサンダー大塚(11/6/97)
好勝負 なし

@池田大輔vs.アレクサンダー大塚(11/6/97)
 池田は大塚のタックルをいなしてサブミッションを狙いに行く技術的ムーブを見せたかと思えば
 一方でハードさを極限までに高めただけの粗野な打撃を打ち込んだりする。
 KO級の池田の打撃を耐え凌ぎながら大塚は技を効果的に配置しながら勝利を模索していきます。
 このバチバチの世界観にトペコンがフィットしている程大塚の技使いは素晴らしかった。
 しかしその見栄えする印象的なスポットの数々を無に帰すに値する程池田の打撃の当たりがやばすぎます。
 まったく躊躇することなく狂いの感情もなく、
 ここまで過激な打撃を打ち込み続けられるか理解できかねる異常さ。
 ヘッド・ロックさえもこの打撃の後にくるとえげつない攻め口に変貌です。
 リアルな打撃をひたすらに食らいつつも立ち続ける大塚に同調しなければ嘘ってなものです。
 その大塚がこのまま力尽きるのも仕方ないかな、と思わせ、一瞬の切り返し。
 思わず声を上げましたね。
 サブミッションがロープ・ブレイクで今一歩届かなかった時は悔しみ、
 投げで追いあげた際には後押しすべく吼える。
 考える前に動かせる原初的なエネルギッシュな試合。
 文句なしに名勝負です。
 (執筆日:3/2/13)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@池田大輔、小野武志、vs.石川雄規、アレクサンダー大塚(10/30/96)