TOP日本のプロレスNoah 2010年代の大会 →Noah:New Sunrise 1/4/20

Noah:New Sunrise 1/4/20の分析


名勝負 なし
好勝負 ナショナル王座戦:杉浦貴(ch)vs.マサ北宮
 
GHCヘビー級王座戦:清宮海斗(ch)vs.潮崎豪

@モハメド・ヨネ、クワイエット・ストームvs.齋藤彰俊、井上雅央 
Aタダスケ、YO-HEY vs.熊野準、諸橋晴也
B谷口周平、原田大輔vs.イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.、大原はじめ
C拳王、稲村愛輝vs.鈴木秀樹、岡田欣也
D丸藤正道、田中稔vs.ダグ・ウィリアムス、クリス・リッジウェイ右
E中嶋勝彦vs.マイケル・エルガン
FJr.ヘビー級タッグ王座戦:小峠篤、鈴木鼓太郎(ch)vs.覇王、仁王


GJr.ヘビー級王座戦:HAYATA(ch)vs.小川良成
 小川は53歳になりますが、特に問題なくHAYATAと演舞。
 レスリングでアクション量を稼ぎ、HAYATAがトペコン。

 軽快な立体殺法を小川が促した後、
 プランチャを自爆させ脚攻め開始。

 あらゆる脚の攻め方を見せるので面白いものの
 HAYATAの攻められている側の反応が弱く、
 その脚攻めの多彩さが構成に十分には活かされません。
 脚の痛みはある程度表現できているんですけどね。

 小川が最後まで掌でHAYATAを踊らせきって
 この試合を締めくくる完璧なフィニッシュ。

 好勝負に届かずも中々良い試合。

Hナショナル王座戦:杉浦貴(ch)vs.マサ北宮
 ショルダー・タックルの耐えあい。
 定番のネタながらじっくりとやりきりましたね。

 北宮がエプロンでのガットレンチを防いでダブル・ニー・バスター。
 プロレス的仮想をまとった脚攻めに移りますが、
 この愚直さは良かったですね。

 杉浦は場外ジャーマンという
 派手なスポットを使いつつも
 しっかり脚のセルをし続けたのは好感度高し。

 杉浦のジャーマン押しに対し、
 北宮も技を絞ることで見せ方のピントが合っていますね。
 バランスが良い。

 エルボー合戦にしても
 杉浦が足を動かさず、一方北宮は足を使って打ち込んだりと
 無骨さと芸の細かさが両立された素晴らしい試合でした。

 文句なしに好勝負。

IGHCヘビー級王座戦:清宮海斗(ch)vs.潮崎豪
 潮崎がチョップを叩き込むのではなく切り倒すような形で行い、
 鉄柱も途中で手を離してぶつけたりと荒々しさが際立たせます。

 清宮がエプロン技を防いで柵への腕折り。
 強烈な一発だが、ここで潮崎が引かず清宮の追撃を引き出します。

 普段より引き際を遅らせて
 それぞれ各種ハードな技で
 Noahらしい激戦への階段を一つ一つ登っていきます。

 空間の上手い使い方が付随しているので
 単なる過激さ推しではない、見せ方があります。

 潮崎がトータル・パッケージで強さの表現。
 バランス良さはベテランの今だからこそですが、
 若さの代名詞である気迫やムーブも
 この試合は特筆すべきレベルでしたね。
 全然清宮に負けていません。

 清宮も追い込まれつつも王者であり続ける努力ができているのが
 1年前とは違うところを見せてくれました。

 終盤からクライマックスへのシフトチェンジが少し物足りず、
 清宮が何かサブミッションを使いこなせていれば
 最後もう一つ仕掛けを作れたように思いますが、
 近年の中ではトップ・クラスのGHCヘビー級王座戦でした。

 文句なしに好勝負。
 (執筆日:2/?/20)

Rating:★★★★☆

注目試合の詳細

なし

試合結果

@モハメド・ヨネ、クワイエット・ストームvs.齋藤彰俊、井上雅央
Aタダスケ、YO-HEY vs.熊野準、諸橋晴也
B谷口周平、原田大輔vs.イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.、大原はじめ
C拳王、稲村愛輝vs.鈴木秀樹、岡田欣也
D丸藤正道、田中稔vs.ダグ・ウィリアムス、クリス・リッジウェイ
E中嶋勝彦vs.マイケル・エルガン
FJr.ヘビー級タッグ王座戦:小峠篤、鈴木鼓太郎(ch)vs.覇王、仁王
GJr.ヘビー級王座戦:HAYATA(ch)vs.小川良成(新チャンピオン!)
Hナショナル王座戦:杉浦貴(ch)vs.マサ北宮
IGHCヘビー級王座戦:清宮海斗(ch)vs.潮崎豪(新チャンピオン!)