TOP日本のプロレスNoah 2010年代の大会 →Noah:Best of Noah 2017

Noah:Best of Noah 2017の分析


名勝負 なし
好勝負 タッグ王座戦:潮崎豪、マイバッハ谷口(ch)vs.小峠篤司、丸藤正道(1/7/17)

GHC王座戦:中嶋勝彦(ch)vs.潮崎豪(3/12/17)

エディ・エドワーズvs.潮崎豪(3/25/17)

@タッグ王座戦:潮崎豪、マイバッハ谷口(ch)vs.小峠篤司、丸藤正道(1/7/17)
 小峠がヘビー級転向しての初試合。
 潮崎が厳しいチョップの洗礼。
 小峠も張り手で応じて気の強さを見せると共に
 上手く引いてからの一進一退も作れています。
 谷口は単純ながら自分の領分を忘れず
 しっかりこなす様子は好感が持てます。
 丸藤は谷口をサポートすると共に、
 小峠を時に突き放し、時に自分だけで頑張り、と
 ストーリー的にも魅力的なものを作りました。
 タッグ、王座戦としては物足りない部分が少しあるものの
 潮崎x小峠の熱量は本物で
 アクシデントの流血が更なるドラマを生み出しました。
 こういうヘビー級転向の洗礼タッグは小橋、潮崎しかり良き伝統承継ですね。
 ぎりぎり好勝負。

Aエディ・エドワーズvs.小峠篤司(3/12/17)
 細かな調整を利かせながら安定した試合運び。
 ただ両者共に相手への配慮が強すぎるきらいもあります。
 そのため前半は見応えがあるものの熱伝導率は弱め。
 しかしエドワーズの強烈なトペで爆発させると
 力の乗った攻防で観客も乗っていきます。
 エドワーズ、小峠それぞれヘビー級としての邂逅なだけに
 そこでもう一つ要素を作ればより面白くなったか。
 好勝負に届かずも中々良い試合。

BGHC王座戦:中嶋勝彦(ch)vs.潮崎豪(3/12/17)
 中嶋は王者として攻めの形は出来ましたね。
 KO級の打撃スポットで序盤のステップは上々。
 一方で受け方に関してはまだまだこれからか。
 少し歪でしたが、潮崎の攻め幅が広がり悪くない。
 Noah the Rebornの数え歌として位置づけられており、
 後半はこの試合だけの特別な内容。
 小橋vs.健介の伝説の打ち合いを
 チョップと蹴りでもってプレイバック。
 大きな盛り上がりを生み出します。
 その中で潮崎が敢えて健介的な前後ラリアット乱れうちを見せ、
 そこを中嶋が苦しみつつ乗り越えていく流れは
 見応えが合ったし意義・価値を感じさせるドラマでした。
 文句なしに好勝負。

Cエディ・エドワーズvs.潮崎豪(3/25/17)
 潮崎が攻め気を押し出してきますね。
 こうなるとエドワーズの柔軟な対応力も光ります。
 vs.小峠もこういう形になりたかった。
 細かな一進一退を休まずに後半戦へ。
 エドワーズがトペを放てば
 潮崎もエプロンでフィッシャーマンズ、と
 王座戦レベルのハードな試合構造になっています。
 そして終盤は再びチョップの打ち合い。
 見事な表現でチョップの世界に酔いしれることができました。
 意味ある技をそれぞれそこに追加し〆。
 ぎりぎり好勝負です。


 (執筆日:6/?/17)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@タッグ王座戦:潮崎豪、マイバッハ谷口(ch)vs.小峠篤司、丸藤正道(1/7/17)
Aエディ・エドワーズvs.小峠篤司(3/12/17)
BGHC王座戦:中嶋勝彦(ch)vs.潮崎豪(3/12/17)
Cエディ・エドワーズvs.潮崎豪(3/25/17)