TOP日本のプロレスNoah 2010年代の大会 →Noah:Best of Noah 2015

Noah:Best of Noah 2015の分析


名勝負 なし
好勝負 タッグ王座戦:弾丸ヤンキース(田中将斗、杉浦貴)(ch)vs.TDMK(マイキー・ニコルス、シェイン・ヘイスト)(1/10/15)

@タッグ王座戦:弾丸ヤンキース(田中将斗、杉浦貴)(ch)vs.TDMK(マイキー・ニコルス、シェイン・ヘイスト)(1/10/15)
 鉄板カードでやるべきことは分かっています。
 ハイ・テンションに機動力を活かしたぶつかり合い。
 TMDKはシングルでもパワフルで目を見張るのですが、
 合体技は更に見応えがあって
 マイキーがヘイストを持ち上げダブル・スーパープレックスなど
 印象的なスポットが幾つもありましたね。
 体勢に持っていくまでの過程でも魅せれるのが凄い。
 一方のヤンキースは少し飲まれていた印象。
 息つかせぬ攻防を繰り広げていたのですが、
 TMDKに比べると正直印象が薄かったですからね。
 ぎりぎり好勝負。

AGHC王座戦:丸藤正道(ch)vs.鈴木みのる(3/15/15)
 鈴木は線が細くなっているので
 視覚的に脅威と映らないのが痛い。
 変則サブミッションも丸藤が防ぐし、
 反撃のきっかけはセコンドの介入。
 序盤の雰囲気作りは物足りないですね。
 ただ中盤の一進一退の作り方と
 みのるの表情による味付けは流石。
 同ロープ走りや垂直走りを絡めて上手く広げて
 みのるが介入三昧から一気呵成に盛り立てました。
 王座交代劇としては少し物足りないかな。
 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:4/?/15)

BGHC王座戦:鈴木みのる(ch)vs.丸藤正道(5/10/15)
 みのるが環境を使った腕攻め。
 レフェリーに止められるも椅子やハンマーを持ち出してヒートを買います。
 一方で丸藤はみのるの形に添う形で主張が物足りないですね。
 みのるの首にブーツを押し当てるシーンがあり、
 みのるから思ったようなリアクションをもらえていませんでしたが、
 ああいう攻撃性をもっと出しても良かった。
 みのるの執拗な腕攻めに封じられながら
 終盤丸藤も自分なりに提案をし始めますが、
 みのるがついていけず最終的にはみのるの形に戻ることに。
 こういう状態だとみのるの顔芸も少し白ける。
 この方向性の試合でいえば2年後にみのるvs.オカダでより良いものが作られています。 
 好勝負に届かずも中々良い試合。


CGHC王座戦:鈴木みのる(ch)vs.高山善廣(7/18/15)
 アラフィフの戦い。
 Uスタイルの構えで始めるも高山に出来ることはもうほとんどありません。
 名物グー・パンチも弱々しく、
 足元もよたよたしている。
 あるのはこれまでの経歴によるキャラと
 流血含めたタフネスっぷり。
 その最低限の素材を料理すべく、
 みのるがサブミッション引きずり込むいつものスタイルに、
 凶器攻撃といったヒール・プレイを要所に加える形で構築。
 上手く仕立ててはいるものの
 丸藤戦と同じくらいの面白さというのが
 良くも悪くも限界を感じさせる。
 中々良い試合。

DJr.ヘビー級王座戦:タイチ(ch)vs.原田大輔(9/19/15)
 タイチは手練手管何でもやり原田は愚直にパワー殺法。
 対極な試合スタイルでお互いが映えますね。
 セコンドは前半敢えて介入しませんが、
 場外への投げの受け手になったりしていて
 DGみたいなレフェリー、セコンドを交えた演出が見られましたね。
 タイチが意外にNoahの激戦風味の攻防で資質を見せ、
 素晴らしい試合になりましたが、
 一線を越えるためには原田がもう少しペース変化をコントロールし、
 絵を作る表現力を磨かなければいけない。
 好勝負に届かずも中々良い試合

EGHCヘビー級王座戦:鈴木みのる(ch)vs.杉浦貴(9/19/15)
 みのるの年齢もあるのでしょうが
 エルボーにしたってスープレックスにしたって
 かなりナチュラルなダメージ表現を取っています。
 一方杉浦は無口なダメージ表現ですが、
 これはこれで同じように疲労感が観客に浸透していく。
 ただ後半にかけての相手の感情を逆なでして
 火花を散らす行為は彩りを加えようということなのだろうけど
 この試合の魅力と相反する所があり、
 結局ビッグ・ブーツを打ち合ったりと
 良くも悪くもNoahを抜けきらない内容だな、と。
 クライマックスの延々と続くような攻防はそそられなかった。
 中々良い試合。

FGL優勝決定戦:丸藤正道vs.シェルトンXベンジャミン(11/8/15)
 丸藤が早々に不知火を決める等
 色々仕掛けていくも特に後にはつながっていない。
 ベンジャミンの試合運びも退屈で序盤は無味。
 ベンジャミンが介入から主導権を掴むと
 持ち上げて柵にぶつけていったりと
 パワフルなムーブで丸藤を甚振ります。
 その技の数々は見応えがありましたが、
 ムーブ頼みでヒール・ワークも微妙。
 Noahに飛び込んで大抜擢されてますが、
 元々の表現力の甘さもあり、まあまあ良い試合程度に留まってます。

GGHCヘビー級王座戦:鈴木みのる(ch)vs.丸藤正道(12/23/15)
 みのるは定番の腕攻め。
 丸藤はスプリングボード系の飛び技で動き回ります。
 みのるは場外を適切に使うので、
 丸藤も動きがいがありますね。
 ただスタイル・バトルにはなっているが、
 試合としての一体感はやや薄いものがあります。
 それでも新しいものが生まれて良い場面も生まれていますが、
 一方ではセコンド・ワークのリアリティがなかったり、
 タフマン・コンテストの反動か、
 最近のNoahに良くありますが、
 わざとらしいKOの見せ方といった欠点も同時にあって伸び悩み。
 35分くらいの試合時間ですが、
 もう少しコンパクトにまとめても良かったのでは。
 中々良い試合。
 (執筆日:6/?/17)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@タッグ王座戦:弾丸ヤンキース(田中将斗、杉浦貴)(ch)vs.TDMK(マイキー・ニコルス、シェイン・ヘイスト)(新チャンピオン!)(1/10/15)
AGHC王座戦:丸藤正道(ch)vs.鈴木みのる(新チャンピオン!)(3/15/15)
BGHC王座戦:鈴木みのる(ch)vs.丸藤正道(5/10/15)
CGHC王座戦:鈴木みのる(ch)vs.高山善廣(7/18/15)
DJr.ヘビー級王座戦:タイチ(ch)vs.原田大輔(9/19/15)
EGHCヘビー級王座戦:鈴木みのる(ch)vs.杉浦貴(9/19/15)
FGL優勝決定戦:丸藤正道vs.シェルトンXベンジャミン(11/8/15)
GGHCヘビー級王座戦:鈴木みのる(ch)vs.丸藤正道(12/23/15)