TOP日本のプロレス新日本プロレス 20年代の大会 → 新日本プロレス:Wrestle Grand Slam in Tokyo Dome 7/25/21

新日本プロレス:Wrestle Grand Slam in Tokyo Dome 7/25/21の分析


名勝負 IWGP世界ヘビー級王座戦:鷹木信悟(ch)vs.棚橋弘至
好勝負 Jr.ヘビー級王座戦:エル・デスペラード(ch)vs.ロビー・イーグルス

オカダ・カズチカvs.ジェフ・コブ

タッグ王座戦:内藤哲也、SANADA(ch)vs.タイチ、ザック・セイバーJr.

@Jr.タッグ王座戦:エル・ファンタズモ、石森太二(ch)vs.ロッキー・ロメロ、田口隆祐

AJr.ヘビー級王座戦:エル・デスペラード(ch)vs.ロビー・イーグルス
 デスペがロビーの足を攻めて機能不全に陥らせます。

 それを活かせるかボールをもらったロビーが
 丁寧な脚の痛みの表現でしっかり応えます。

 デスペが持ち味を出せば
 ロビーがより輝いていく良いスパイラルを生み出しています。

 終盤の攻防は単純にニア・フォール作りが上手くいっているだけでなく
 ロビーがデスペを超えるための絵作りも出来ていて白熱の削り合いでした。

 ぎりぎり好勝負。

Bオカダ・カズチカvs.ジェフ・コブ
 コブがコーナー上のオカダにドロップ・キック。
 お株を奪うスポットで身体能力の見せ方としては最適でしたね。

 その後の腰攻めも印象的。
 ワンサイドで任せても試合が作れますね。

 このコブの成長があるからこそオカダはダメージ感を見せつつ
 反撃のタイミングをジャストで探ることが出来ている。

 オカダが今度はコーナー上のコブにドロップ・キックを決め後半戦。
 一進一退を綺麗に作りつつ
 それぞれの攻めターンも見応えあってバランス感良し。

 一方でコブがプランチャを受け止め
 そこから持ち上げ対空式ブレーンバスターなんていうとんでもスポットもあります。

 終盤もどストレートに得意技、必殺技を重ねた攻防。
 その中でコブのチョップが印象的でしたね。
 もはやチョップと呼ぶのも不適切ではないかと思うほどの打撃でした。
 
 最後のエビ固めはフィニッシュとして確かに弱さは感じるものの
 それに値する数え歌になっていたと言えるでしょう。

 ぎりぎり好勝負。

Cタッグ王座戦:内藤哲也、SANADA(ch)vs.タイチ、ザック・セイバーJr.
 前回と違う内藤vs.セイバー、タイチvs.SANADAの組み合わせからスタート。
 前哨戦のシングルがどれも上手くいったように
 どの組み合わせでも魅せれるのがこのカードの強みですね。

 東京ドームという大会場を考えると
 一部シーンは削っても良いように思えますし、
 タッグの枠組みも前回よりはやや劣るでしょう。

 しかしシングル4通りを経たカイがあって攻防には発展性があります。
 型にはめつつ、そこから思わぬタイミング・スピードで意表を突き、
 はめきらなくてもレベルを落とさずにリアルタイムで勝負できています。
 
 前回と同じく30分を超えるロング・マッチでしたが、
 攻防のアイディアは尽きず、最後のフィニッシュがこれまた見事な終わらせ方。

 いやはや圧巻でしたね。

 文句なしに好勝負。

DIWGP世界ヘビー級王座戦:鷹木信悟(ch)vs.棚橋弘至
 最初はオーソドックス過ぎる出だしでしたが、
 脈絡なくアクシデンタルに決まった一戦の中で
 平常であることにこんな意味性を持たせるかと感嘆させる出だしでありました。

 棚橋は動きに衰えが見えますが、
 その後の受けと直結させていて等身大にまとまています。
 そして棚橋が凄いのは弱々しさを認めつつも、
 エースであることを諦めない。
 これを同居させている、両立させているのが異常ですね。

 鷹木も厳かにこの試合の意義を理解し、読み解きます。
 淡々と機械的に追い込みつつ一抹の情緒を加えます。

 そこから棚橋の伝家の宝刀の足攻めへの緩急は素晴らしい。
 そしてそれを前面に出しすぎず
 バランス感は相手との対比・調整でありつつ、
 自分の強さの出力の調整から来ている。
 棚橋ほど上手く衰えと付き合っているレスラーもいなくて、
 毎年毎回のように棚橋には驚かされます。

 ハイフライ・フロー時に痛めた棚橋の脚を攻めるというカードを
 棚橋の足攻め比率が高まった中で鷹木が切り出します。

 双方一つ一つの動きに意味と感情を込めた状態で棚橋がカミゴエを見せる仕掛け。
 カミゴエを使う行為自体は浅いアイディアですが、
 それをこの試合でこの場面で使うセンス・覚悟には脱帽。

 強烈な打撃戦を経て最後は渾身の一撃で〆。

 これは2021年のMOTYでしょう。

 歴史的な名勝負。

(執筆日:7/?/21)

Rating:★★★★★

 

注目試合の詳細

なし

試合結果

@Jr.タッグ王座戦:エル・ファンタズモ、石森太二(ch)vs.ロッキー・ロメロ、田口隆祐
AJr.ヘビー級王座戦:エル・デスペラード(ch)vs.ロビー・イーグルス(新チャンピオン!)
Bオカダ・カズチカvs.ジェフ・コブ
Cタッグ王座戦:内藤哲也、SANADA(ch)vs.タイチ、ザック・セイバーJr.(新チャンピオン!)
DIWGP世界ヘビー級王座戦:鷹木信悟(ch)vs.棚橋弘至