TOP日本のプロレス新日本プロレス 00年代の大会 →新日本プロレス:Best of NJPW 2008

新日本プロレス:Best of NJPW 2008の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@IWGP王座戦:中邑真輔(ch)vs.棚橋弘至(3/30/08)
 がむしゃらで何も起こさない鬩ぎあい。
 悪くはないが深みを見せることができていません。
 凡庸な小技を使ってしっかり構築しているのは
 基本ができているなとは思うものの
 王座戦としてはそんなこじんまり作っても仕方ない。
 棚橋がドラスクからの脚攻めで反撃も
 現在のものと比べると無駄に疲労感があり緩急が不十分。
 停滞の感もあります。
 中邑はアピールや痛がり方は良く、
 後のクネクネからのブレイクに繋がる可能性を見せています。
 終盤においても脚攻めを絡めて細かく攻防は作れているが
 スケール感がその後の棚橋絶対王者時代と比べて絶対的に足りない。
 打撃に気迫を込める、そんな単純な方法でしかギアをあげれず、
 最後も唐突過ぎるアーム・バーでフィニッシュ。
 まあまあ良い試合程度。

A世界ヘビー級王座戦:田中将斗(ch)vs.金本浩二(4/13/08)
 打撃のシバキ合い。
 ヘビー級の色気のある遺恨のちら見せと比べると深みが足りないですね。
 中盤は場外で粗野な乱闘。
 目の前で打撃を打つのは良いファン・サービスだが
 金本が蹴りを打つので乱闘の勢いは失われている。
 普通に田中のハードコア性を見せて田中ターンへの契機とするのが鉄板だったか。
 リングに戻り金本がフェイス・ウォッシュを連発。
 田中が反撃にいきますが、田中は金本を見て後手で動き、また受けすぎですね。
 腰の低い構築が新日への定期参戦につながってはいるのだろうけれど、
 自分の価値を出してこそ相手も乗り越えがいがあるというもの。
 ましてや田中は王者の位置づけなのです。
 田中が場外テーブルに転落したスポットを挟んで終盤へ。
 テンポの良い大技で盛り上げると
 アンクル・ロックなどを加えた変調と
 勢いある技の連発を交えて盛り上げました。
 平均的な良試合。 

BG1決勝:後藤洋央紀vs.真壁刀義(8/17/08)
 後藤の仕掛ける際の発は中々ですね。
 真壁はスロー・ペースの試合運びですが
 表情を挟んでくるので魅せることはできている。
 考えながら試合を進めていきます。
 特にこの日の後藤は段階の上げ方において無駄が一切ない。
 いつもは自分の一つ一つのインパクトに翻弄されているのにね。
 終盤は綺麗な一進一退に収束させ、
 後藤の必死さの表現と真壁の微調整により素晴らしい攻防を繰り広げました。
 好勝負に届かずも中々良い試合。
 (執筆日:1/?/15)


注目試合の詳細

なし

試合結果

@IWGP王座戦:中邑真輔(ch)vs.棚橋弘至(3/30/08)
A世界ヘビー級王座戦:田中将斗(ch)vs.金本浩二(4/13/08)
BG1決勝:後藤洋央紀vs.真壁刀義(8/17/08)