TOP日本のプロレス新日本プロレス 00年代の大会 → 新日本プロレス:Best of NJPW 2005

新日本プロレス:Best of NJPW 2005の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@Jr.ヘビー級タッグ王座戦:邪道、外道(ch)vs.金本浩二、井上亘(3/4/05)
 邪道、外道は金本を捕らえると
 鉄柱に肩からぶつけ腕攻め。

 ホット・タッグ後の元気の良い井上に対しても
 椅子攻撃で流血に追いやり再びの孤立。

 邪道、外道の安定したパフォーマンスで
 長い試合時間設定にも関わらずダレなかったですね。

 とはいえ34分も試合時間設定する程の試合かは疑問。
 井上は一部能力が光るもののレスラーとしての完成度が低いし、
 実際金本は井上に頼らない試合構成を余儀なくされていましたからね。

 ブッカー側の試合に箔をつけたいという押し付けを感じますが、
 それは井上の流血だけで十分に実現されていました。
 
 平均的な良試合。
 (執筆日:5/?/20)

AG1公式戦:川田利明vs.永田裕志(8/8/05)
 序盤はシンプル。
 ヘビー級の重みある打撃を耐えあいながら
 静かに静かに試合を進めていきます。
 永田は場外ブレーン・バスターを食らうも
 川田のパワー・ボムだけは防いでドラスクから反撃。
 エプロンでのドラスクを加えて本格的に脚攻めへ。
 長時間用にかなりじっくりした試合構成ですね。
 ただこの構成の後に
 バック・ドロップの投げ合いやジャンピング・キックの耐えあいを
 同じシーン・メイクの要領で行うのはちと違和感があります。
 最後もなぜあんなフィニッシュらしからぬ終わり方なのか不思議。
 まあまあ良い試合程度。
 (執 筆日:1/?/15)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@Jr.ヘビー級タッグ王座戦:邪道、外道(ch)vs.金本浩二、井上亘(新チャンピオン!)(3/4/05)
@G1公式戦:川田利明vs.永田裕志(8/8/05)