TOP日本のプロレス新日本プロレス 00年代の大会 → 新日本プロレス:Best of NJPW 2004

新日本プロレス:Best of NJPW 2004の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@永田裕志vs.佐々木健介(1/4/04)
 離脱してWJに行った健介。
 その健介を裏切り者と永田が非難し遺恨戦。

 ゴング直後からフルスロットルでシバキ合い。
 椅子も早々に投入して双方共に流血。

 凄惨な雰囲気感のある試合でしたね。
 フォールではなくKO狙いにしたのも良かった。

 ただ最後永田ロックIIIで終わるのは良いのですが、
 2分半かけ続けるのは微妙。
 試合時間12分ですから1/5ですよ。
 自らギブ・アップしなくて良いので、
 この裁定通りレフェリー・ストップか
 セコンドのタオルぐらいで良いですが
 それにしてもタイミングというものがあるでしょう。

 好勝負に少し届かず。

AG1公式戦:中邑真輔vs.柴田勝頼(8/8/04)
 リアルな動きの良さが際立ちますね。
 それもスポットとして敢えて強調しないのがにくい。
 プロレスとしてのレスリングも冴えています。
 柴田が反りのあるバック・ドロップから蹴りを連打、と厳しい攻め。
 劣勢に回った中邑の死にそうなまでのセルは
 今のクネクネとちょっと通じる見せ方であります。
 受けは素晴らしかったものの
 攻めに関しては多彩さ優先で少し散漫な印象も。
 終盤で少し落ちたが素晴らしい試合。
 好勝負に少し届かず。
 (執 筆日:1/?/15)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@永田裕志vs.佐々木健介(1/4/04)
AG1公式戦:中邑真輔vs.柴田勝頼(8/8/04)