TOP日本のプロレスDDT →DDT:Best of DDT 2020 part.2

DDT:Best of DDT 2020 part.2の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@KO-D無差別級王座戦:遠藤哲哉(ch)vs.上野勇希(7/23/20)
 上野は移植せず冷静な試合運び。

 遠藤は受け手としてじっくり場を見極めた上で、
上野を活かすための攻防を作っていて王者として盤石。

 上野は飄々としている所が淡白にも映りますね。
 タッグならテンポよく進める中で気にはならないですが、
 シングルとしてはここが課題でしょう。

 しかしロープを飛び越えてそのまま飛びつきラナなど
 その身体能力の高さは他にない魅力で
 それこそ第2の飯伏になってくれるのではないかと
 期待を抱かせてくれるようなパフォーマンスでしたね。

 試合としては終盤にもう少しあわやの演出が欲しかった。
 攻防自体は悪くないものの心の機微に訴えかけるものに欠けました。

 好勝負に少し届かず。

AKoGトーナメント準々決勝:彰人vs.青木真也(8/10/20)
 青木はタイミング合わせの細かなステップ等が
 攻防から強制力を失わせていますね。

 MMAをバックグラウンドに持つレスラーなのに
 強制力を感じさせないというのは非常に残念です。

 グラウンドのサブミッション/クイック・ベースの
 試合内容自体は良い方向性なんですけどね。

 1試合見ただけではありますが、体重もあろうかと思いますので、
 Jr.ヘビー級に限定させた方がより真価を発揮できるのではという印象もあります。

 まあまあ良い試合。 
 (執筆日:8/?/20)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@KO-D無差別級王座戦:遠藤哲哉(ch)vs.上野勇希(7/23/20)
AKoGトーナメント準々決勝:彰人vs.青木真也(8/10/20)