TOP日本のプロレスDDT →DDT:Best of DDT 2015

DDT:Best of DDT 2015の分析


名勝負 なし
好勝負 HARASHIMA、ハッピー・モーテル(竹下幸之助、遠藤哲哉)vs.飯伏幸太、ストロングBJ(岡林裕二、関本大介)(1/25/15)

タッグ王座戦:ハッピー・モーテル(竹下幸之助、遠藤哲哉)(ch)vs.ストロングBJ(岡林裕二、関本大介)(2/15/15)

KO-D無差別級王座戦:飯伏幸太(ch)vs.HARASHIMA(4/29/15)

エクストリーム王座戦、ラスト・マン・スタンディング:彰人(ch)vs.入江茂弘(5/17/15)

KO-D無差別級王座戦:HARASHIMA(ch)vs.KUDO(5/31/15)

@HARASHIMA、ハッピー・モーテル(竹下幸之助、遠藤哲哉)vs.飯伏幸太、ストロングBJ(岡林裕二、関本大介)(1/25/15)
 翌月の王座戦を合体させた形ですが、
 前哨戦と呼ぶには非常に中身の濃い内容でした。
 次回メインを務める飯伏とHARASHIMAは
 控えめな位置づけに据えられますが、
 そのおかげで逸脱した行為は封印されるし、
 HARASHIMAは若いタッグのフォローに専念。
 飯伏は次代のDDTを担うべき竹下、遠藤に対し、
 "しごき"を与える素晴らしい試合運びを見せます。
 ストロングBJはいつも通り安定感を持って試合をするし、
 このトリオの中ではやはりこの2人が幅を広げている。
 後半はストロングBJとハッピー・モーテルが
 次のビッグ・マッチで使う光景をふんだんに使用し盛り上げ。
 そこに遠藤と飯伏の意識した張り合いや、
 飯伏のアイディア+ストロングBJなど
 このトリオならではの新しい可能性が切り開け、
 ハチャメチャな圧倒的クライマックスが展開されました。
 文句なしに好勝負。

Aタッグ王座戦:ハッピー・モーテル(竹下幸之助、遠藤哲哉)(ch)vs.ストロングBJ(岡林裕二、関本大介)(2/15/15)
 まずはストロングBJが竹下を孤立させます。
 技のバランス感が流石ですね。
 竹下が伸びやかな動きから反撃。
 タッチできるかっできないかの見せ場に
 つなげて欲しかったが、それは欲張りか。
 遠藤も動きが良く、若手スターならではの物があります。
 ハッピー・モーテルの輝きを活かしながら
 ストロングBJが試合を手中の中に収め試合進行。
 サブミッションを効果的に使いこなしています。
 終盤は竹下の投げ及びシャープ・シューターが
 上手く機能して盛り上がっていますね。
 ただクライマックスはやや蛇足。
 ハッピー・モーテルのキャリアを考えると
 そこまでストロングBJと同等に張り合って
 物量戦に持ち込む必要はありません。
 それをしなくても通用するだけのものは
 この試合で十分見せれていました。
 ぎりぎり好勝負。

BKO-D無差別級王座戦:HARASHIMA(ch)vs.飯伏幸太(2/15/15)
 キャッチーさがまったくないですね。
 飯伏が場外を挟んで刻んだ後、
 HARASHIMAが腹攻めを始動。
 一貫性のある攻めですが、
 一方的過ぎて単調この上ない、という印象が先にある。
 素で来いよ、と言って移る花道の攻防は戦いではありません。
 リングに戻ってからの一進一退は良いですね。
 掟破り含めハード・ヒットが冴えわたり熱量もこもってきます。
 ただハード・ヒットは際立っていますが
 良いライバル関係の図は不十分で陰鬱さが無駄にある。
 5年ぶりの一戦という背景は良い形に働かなかった。
 平均的な良試合。

C遠藤哲哉vs.岡林裕二(2/21/15)
 遠藤は腕攻めで岡林の動きを止めようとし、
 岡林は荒々しい打撃でねじ伏せようとする。
 構図は分かりますが、深みに欠ける印象ですね。
 それぞれ動きはエネルギッシュなので
 深くなくてもある程度は伝わっていくが、
 化学反応が起きうる可能性を
 タッグで示していただけに物足りない。
 平均的な良試合。
 (執筆日:3/?/15)

Dタッグ王座戦:関本大介、岡林裕二(ch)vs.入江茂弘、石井慧介(4/29/15)
 大日組がやりたい放題。
 ヘッド・ロックの締め上げにボディ・スラム連発。
 一方的ではありますが、身振りのアクセントで
 停滞感を与えてはいないのが見事。
 DDT側は抵抗しても相手にならなかったものの
 ようやくのタッチから入江が猛反撃。
 一応成立はさせているものの説得力の点で
 物足りないことは否めないか。
 また、試合を通して敵わない相手として大日組を描くなら
 挑戦者側からの絶望をもう少し表現したかったか。
 大日組が非常に充実していたが故に
 他の相手でもこういう内容が成立するのではと錯覚してしまいますね。
良くも悪くも。
 中々良い試合。

EKO-D無差別級王座戦:飯伏幸太(ch)vs.HARASHIMA(4/29/15)
 HARASHIMAが良く相手を見ながら対応、
 これをリアル/虚構一致させて行っています。
 その慎重な出だしからの緩急を自分のターンで作っているのもにくい。
 飯伏が脚攻めで反撃。
 細やかな厳しさを織り交ぜながら丁寧に一進一退を
 中盤でも多く盛り込んでいきます。
 前回のように場外でのムーンサルトがあるも
 今回は過度なアピール・ムーブではないですね。
 飯伏の突発的な感情のシフトがアクセントになり、
 それに合わせて自然に過激化へと転じている。
 最後の最後どうしても難しい動きに挑戦するきらいはあるものの
 全然悪くはない形で前回と違って素晴らしい試合でした。
 文句なしに好勝負。

Fエクストリーム王座戦、ラスト・マン・スタンディング:彰人(ch)vs.入江茂弘(5/17/15)
 序盤でロープが壊れるアクシデント。
 入江がそれもあってか、
 どうやって動きをつけるか高い意識を持っていますね。
 一方の彰人は環境を使いドラスクから脚狙い。
 試合運びを壊さず、しっかり積み重ねていき、
 それと同時に団体側はロープの緩みを直して見せます。
 それに合わせて入江が徐々に動きを広げます。
 彰人も多彩な脚攻めで、一方的であっても退屈させません。
 多彩とはいっても自分の本筋は見失っていないのは
 自分のスタイルとして確立できている証拠です。
 テンポ掴みが上手いのか、入江も良い感じです。
 フォールを取ってからダウン・カウントというルールが上手く活きていて、
 入江が3カウントを取っているのに
 脚の痛みの蓄積で逆に苦しそうという
 深みのある戦いを表現できています。
 入江がギブ・アップして同等となり、
 一つ変調が求められる所でヘッド・バッド合戦。
 このタフマン・コンテストの象徴的な攻防で
 3カウントを取って見せたのは素晴らしい。
 また、脚の痛みで場外転落までして
 攻め手が限定されてきていることを表現したのも良かった。
 最後まで自分のやるべきことをやり抜いた内容。
 文句なしに好勝負。

GKO-D無差別級王座戦:HARASHIMA(ch)vs.KUDO(5/31/15)
 グラップルの感覚は
 プロレスのレスリングの定型に依存せず、
 2人の間だけのやり取りで生まれています。
 タックルにいったところのカウンターのニーで
 目をむいてのダウンは多少やり過ぎ。
 少々過剰に痛がる程度でかまわないですね。
 上記の2人の呼気がリアルだっただけに少し嘘くさい。
 中盤からはダブル・ストンプ系の
 リアルに痛い腹攻めをお互い行います。
 ここは只積み重ねた感あり。
 しかし1度仕切っての蹴り合いに繋げるならアリ。
 技のかわしと打撃の張り合いで
 終盤はスリリングな攻防で盛り上げてきました。
 王座交代劇にふさわしい素晴らしい試合。
 ぎりぎり好勝負です。
 (執筆日:1/?/16)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@HARASHIMA、ハッピー・モーテル(竹下幸之助、遠藤哲哉)vs.飯伏幸太、ストロングBJ(岡林裕二、関本大介)(1/25/15)
Aタッグ王座戦:ハッピー・モーテル(竹下幸之助、遠藤哲哉)(ch)vs.ストロングBJ(岡林裕二、関本大介)(新チャンピオン!)(2/15/15)
BKO-D無差別級王座戦:HARASHIMA(ch)vs.飯伏幸太(2/15/15)
C遠藤哲哉vs.岡林裕二(2/21/15)
Dタッグ王座戦:関本大介、岡林裕二(ch)vs.入江茂弘、石井慧介(4/29/15)
EKO-D無差別級王座戦:飯伏幸太(ch)vs.HARASHIMA(新チャンピオン!)(4/29/15)
Fエクストリーム王座戦、ラスト・マン・スタンディング:彰人(ch)vs.入江茂弘(5/17/15)
GKO-D無差別級王座戦:HARASHIMA(ch)vs.KUDO(新チャンピオン!)(5/31/15)