TOP日本のプロレスDDT →DDT:Best of ROJOU 2012

DDT:Best of ROJOU 2012の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@那須高原自然学校プロレス:飯伏幸太vs.エル・ジェネリコvs.HARASHIMA vs.伊橋剛太vs.ばってん多摩川vs.高尾蒼馬(5/6/12)
 キャンプ場プロレスに比べるととことん緩い。
 所詮こんな形式遊びなのさという意識があります。
 演手が本気でやらなければ、
 遊びという言葉で言い訳されるとね。
 元々アウトドアで乱闘って目新しくないんですよね。
 アクション映画で良くやっている訳ですから。
 それに比べて映像として圧倒的に劣る中で
 それ以外の面白さも組み合わせて勝負しないといけない中で、
 演じ手がこれでは動かされない。
 少し悪い試合。

A海プロレス:飯伏幸太、KUDO、福田洋vs.高木三四郎、HARASHIMA、中澤マイケル(8/22/12)
 砂浜にマットを敷いてのプロレス。
 一応マットを敷いた部分がリングらしいですが、
 当然リングでこじんまりとやるのは本筋ではないので
 すぐに場外もとい海岸に繰り出していきます。
 ただ海岸って余りやれることがありません。
 少し高いところから海に飛び込む、
 海で投げる、砂浜で生き埋めにする。
 素人が遊びでもやるような行動ですから
 非日常感も余り出ず、お遊びマッチとはいえ微妙でした。
 ひどい試合。

Bキャンプ場プロレス:飯伏幸太、ケニー・オメガvs.高木三四郎、HARASHIMA vs.中澤マイケル、伊橋剛太(9/6/12)
 那須高原自然学校プロレスが緩かったのは
 いつものキャンプ場でなかったから、と信じたかったですが、
 演じ手のキャンプ場プロレスに対する
 認識自体が緩くなってきているからでしたか・・・。
 高木が全編ガンダムVerであることに代表されるようにおちゃらけ感強し。
 面子が面子だけに精度の高いムーブもありましたが、微妙でした。
 少し悪い試合。

Cキャンプ場プロレス:飯伏幸太、男色ディーノ、大石真翔vs.メカ三四郎、中澤マイケル、ばってん多摩川vs.タノムサク鳥羽、KUDO、伊橋剛太(9/9/12)
 ボクシングから始まり
 独立したシーンがぶつぎりに展開されます。
 再び高木がメカ三四郎として参戦しているように緩い。
 そして更に試合時間が延びて70分にも及んだものだから
 更にグダグダさが増していきました。
 ここで1回キャンプ場プロレスを打ち止めした判断は正解だと思います。
 少し悪い試合。
 (執筆日:9/?/17)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@那須高原自然学校プロレス:飯伏幸太vs.エル・ジェネリコvs.HARASHIMA vs.伊橋剛太vs.ばってん多摩川vs.高尾蒼馬(5/6/12)
A海プロレス:飯伏幸太、KUDO、福田洋vs.高木三四郎、HARASHIMA、中澤マイケル(8/22/12)
Bキャンプ場プロレス:飯伏幸太、ケニー・オメガvs.高木三四郎、HARASHIMA vs.中澤マイケル、伊橋剛太(9/6/12)
Cキャンプ場プロレス:飯伏幸太、男色ディーノ、大石真翔vs.メカ三四郎、中澤マイケル、ばってん多摩川vs.タノムサク鳥羽、KUDO、伊橋剛太(9/9/12)