TOP日本のプロレス全日本プロレス 1990年代の大会 →Best of AJPW 1994

全日本プロレス:Best of AJPW 1994の分析


名勝負 CC決勝:川田利明vs.スティーブ・ウィリアムス(4/16/94)

三冠王座戦:三沢光晴(ch)vs.スティーブ・ウィリアムス(7/28/94)

三冠王座戦:スティーブ・ウィリアムス(ch)vs.小橋健太(9/3/94)
好勝負 スタン・ハンセン、ジャイアント馬場vs.三沢光晴、小橋健太(3/5/94)

@川田利明、大森隆男vs.小橋健太、浅子覚(2/19/94)
 (途中から)
 小橋は浅子に上手く活躍の場を設けていますね。
 一方で川田は敢えて突き放して見守る形で
 それぞれ違った先輩/後輩タッグを描いているのは面白い。
 
 ただ如何せん大森、浅子のレベルがまだまだ低く、
 試合の場自体が求めるものには届いていません。

 川田x小橋で引っ張るでもなく、
 浅子が川田にも気後れせず、
 立ち向かう様子を見せて少し男を上げたくらいでしたね。

 まあまあ良い試合。
 (執筆日:5/?/20)

Aスタン・ハンセン、ジャイアント馬場vs.三沢光晴、小橋健太(3/5/94)
 馬場は全盛期をとっくに過ぎているのでのっさりしていますが
 それを怪物の動きに昇華させるべく含みのある表情で演技している。
 三沢、小橋も後追いをせずその演技を完結させるに任せている。
 また構築上は馬場のためだが、戦いとしてはタッグにその理由付けを見出している。
 ハンセンは93年ほどではないにしろ
 何回か打撃を受けて行く中での微調整が冴え渡り
 小橋との攻防はスポットも打撃の攻防も鉄板。
 三沢も馬場の攻めに対して良い受身をする。
 過剰に痛がる様を見せるのではなく、どすんと倒れて動けない苦しみを見せている。
 とはいっても馬場が制約要素なので
 ペース上長ったらしさを感じる試合ではある。
 それでも90年の全日タッグらしくタッグの見せ場を豊富に作り上げ、
 その様式と共に三沢はエースとしての役回りを、
 馬場は相手を倒しまくって場の制圧者へと変貌を遂げていく。
 それ故に三沢の馬場越えという結末は最高潮を生み出しました。
 文句なしに好勝負。

BCC決勝:川田利明vs.スティーブ・ウィリアムス(4/16/94)
 川田が脇固めやストレッチ・プラムなど
 ウィリアムスと渡り合うに値する幅広い攻めの選択肢を用意。
 一方で失神したかと思う程のダメージ表現も冴え渡ります。
 ウィリアムスも予想もつかぬタイミングで技を追加したり、
 素晴らしい攻防を織り交ぜるなどして
 不器用な部分を残しつつも他のトップ・ガイジンに引けを取らない働きを見せました。
 カウンターのバック・ドロップを食らい場外に転がり落ちるも
 何とか戻ってきた川田にウィリアムスが猛然と襲いかかり終盤戦へ。
 顔に拳を入れるなど壮絶な一戦にふさわしい演出があり、
 更に返されつつも何度も同じ技にトライする価値のある闘いにまで発展させました。
 ぎりぎり名勝負。
 (執筆日:1/?/13)

C三冠王座戦:三沢光晴(ch)vs.スティーブ・ウィリアムス(7/28/94)
 三沢は腰を痛めています。
 そのリアルを虚実に持ち込まないといけない程の状態。
 しかしそれにしても実に素晴らしい表現力です。

 ウィリアムスの腰攻めを受けながら
 苦しみを情感たっぷりに伝え、色気を醸しています。
 
 展開数をかなり絞らないといけざるを得ない中で
 ウィリアムスも腰攻めを多段階で行っているし、
 本来にない空白の中でウィリアムス自身、
 自分の可能性を引き出す働きが出来ています。

 三沢は最後の最後まで死に体の中でぎりぎりの攻防を演出。
 殺人バック・ドロップと相まって最高の盛り上がりを生み出しました。

 絶戦。
 文句なしに名勝負。

D三冠王座戦:スティーブ・ウィリアムス(ch)vs.小橋健太(9/3/94)
 昨年の衝撃的な試合のリマッチにして
 小橋の三冠王座初挑戦の試合になります。

 期待感は既に醸造されているので
 真っ直ぐパワーのぶつかり合いでスタート。

 小橋が場外DDTにダイビング・クロス・ボディと
 明確な構成の起点を作った攻め。
 ウィリアムスがしっかりダメージ表現。

 続いてウィリアムスの反撃。
 自分の代名詞になった垂直落下系で上手くまとめていますね。

 ロング・マッチへの挑戦の中で
 細かな打撃の小競り合いで緩急をつけれているのは大きい。
 見せ場も立体的でスケール感がありますね。

 30分を目前にしてウィリアムスが
 フィニッシャーへの気配をチラつかせますが、あくまでチラ見せ。
 両者持ち技を適切に据えて試合時間を引き延ばしていますが、
 ここまで長くある必要はなかったと思いますね。

 それでも小橋の攻めは情感的だし、
 アクセントのウィリアムスの古傷の膝への攻めは利いています。

 このカードと切っては切り離せない
 殺人バック・ドロップもターン・バックルへ投げる、という
 隠し玉を用意して既視感なんて覚えさせない
 今再びの衝撃的なフィニッシュを演出しました。

 ぎりぎり名勝負。
 (執筆日:5/?/20)



注目試合の詳細

なし

試合結果

@川田利明、大森隆男vs.小橋健太、浅子覚(2/19/94)
Aスタン・ハンセン、ジャイアント馬場vs.三沢光晴、小橋健太(3/5/94)
BCC決勝:川田利明(優勝!)vs.スティーブ・ウィリアムス(4/16/94)
C三冠王座戦:三沢光晴(ch)vs.スティーブ・ウィリアムス(新チャンピオン!)(7/28/94)
D三冠王座戦:スティーブ・ウィリアムス(ch)vs.小橋健太(9/3/94)