TOP日本のプロレス全日本プロレス 199 0年代の大会 →Best of AJPW 1992

全日本プロレス:Best of AJPW 1992の分析


名勝負 世界タッグ王座戦:田上明、ジャンボ鶴田(ch)vs.小橋健太、三沢光晴(6/5/92)

アジア・タッグ王座戦:小橋健太、菊地毅(ch)vs.渕正信、小川良成(7/5/92)
好勝負 三冠王座戦:スタン・ハンセン(ch)vs.川田利明(6/5/92)

@世界タッグ王座戦:田上明、ジャンボ鶴田(ch)vs.小橋健太、三沢光晴(6/5/92)
 打撃だけで序盤火花を散らして見せます。
 技に依存せずセット・アップできたのは大きいですね。
 また三沢と鶴田は直接体を交わさなくても
 因縁を感じさせていたのはお見事です。

 小橋の脚を柵に叩き付け脚攻めで孤立させます。
 攻守逆転すると今度は田上を捕まえて脚攻め。
 
 やられたらやり返す、仕掛けられたらカウンターを叩き込む。
 シンプルな鬩ぎ合いが見応えありますね。

 中盤でのカット多用による見せ方も上手かった。

 観客の気持ちがついていく構成、攻防で
 個に依存しすぎず控えの動きも重要に位置づけられた
 タッグとして非常に完成度の高い内容でした。

 文句なしに名勝負。
 (執筆日:5/?/20)

A三冠王座戦:スタン・ハンセン(ch)vs.川田利明(6/5/92)
 ハンセンの乱戦を通常試合に持ち込んだスタイルに対し、川田は適切に対応。
 ハンセンは脚狙いで場外テーブルを使ったニー・クラッシャーで展開を確定づけます。
 これに対し川田は痛みを引きずりながらもあくまで蹴りで攻める。
 ハンセンも簡単に切らずしっかり調整した受けを見せていましたね。
 衰えたハンセンならではという印象です。
 一旦それぞれが相手をダウンさせるところまで追い詰めた後で微調整して終盤へ。
 ハンセンがやや追い込まれすぎていて理想のパワー・バランスで攻防できなかったものの
 ハンセンはラリアット前後に段階を踏んで技を設定してボリュームを膨らませ、
 一方の川田はテンポの良い攻めで、特にストレッチ・プラグの見せ方が素晴らしかったですね。
 ただ特に年間最高試合に押したくなるような要素は見受けられず。
 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:3/4/12)

Bアジア・タッグ王座戦:小橋健太、菊地毅(ch)vs.渕正信、小川良成(7/5/92)
 (カットあり)
 菊地は死にそうな、それでいて気持ちがまったく折れていない様を見せる。
 反撃も頭より体が先に動いている印象を与える動きでした。
 それに対して渕軍曹はまったく心を揺らさず冷静に甚振っていく。
 攻撃自体よりも、技をかけている渕自体の恐ろしさを強調していますね。
 受けも適度にセルを無視している。
 アンダードッグ・スタイルの最高峰が描かれました。
 小橋は後年に比べてチョップが速射で
 菊地のスピード感とフィットし連携技も良い。
 小川は変則的な脚攻めでセンスのよさを感じさせましたね。
 菊地vs.渕のウェイトが大きすぎる気もするし、カットがある状態で
 Wrestling Obserberのように5スター・マッチとは言えないもののぎりぎり名勝負。
 (執筆日:1/?/13)

CRWTL公式戦:三沢光晴、川田利明vs.ジャイアント馬場、小橋健太(11/27/92)
 (放送日は11/29/92)
 四天王に馬場が入ってどうなるか。
 
 四天王間が細かな攻防から激しく一進一退を行うので、
 馬場のまったりしたシーンと緩急はついていますね。

 また馬場の大きさを攻め手/受け手共に適切に表現できています。

 一方で少し対馬場の為に
 小さくタッグの枠に収まっている感も否めない。

 終盤も馬場に無理をさせられないので小橋が受け役になっています。
 小橋のアンダードッグ性を考えれば
 それは別に悪い選択ではないですが、制約にはなっている。

 中々良い試合。
 (執筆日:5/?/20)


注目試合の詳細

なし

試合結果

@世界タッグ王座戦:田上明、ジャンボ鶴田(ch)vs.小橋健太、三沢光晴(6/5/92)
A三冠王座戦:スタン・ハンセン(ch)vs.川田利明(6/5/92)
Bアジア・タッグ王座戦:小橋健太、菊地毅(ch)vs.渕正信、小川良成(7/5/92)
CRWTL公式戦:三沢光晴、川田利明vs.ジャイアント馬場、小橋健太(11/27/92)