TOP日本のプロレス全日本プロレス 1980年代の大会 →Best of AJPW 1987

全日本プロレス:Best of AJPW 1987の分析


名勝負 RWTL公式戦:天龍源一郎、阿修羅原vs.スタン・ハンセン、テリー・ゴディ(12/11/87)
好勝負 天龍源一郎vs.ジャンボ鶴田(8/31/87)

@天龍源一郎vs.ジャンボ鶴田(8/31/87)
 3度目の対決。
 まずは持ち技を外してお手軽に緊張感を作り上げ、
 天龍は鶴田にひるみつつも気圧されていない所を示します。
 技の織り交ぜ自体は少々雑な印象を受けますが
 ベースとなるグラウンドが刺々しく突発性が機能しやすい土台です。
 最初の大きな見せ場は天龍の掟破りのハイ・ニー。
 このサプライズのまま天龍の展開に持っていくのもありでしたが
 鶴田がすぐにやり返し、そう簡単なライバル関係でないことを見せます。
 中盤は試合運び自体は基本的なものでしたが
 サブミッションも投げもスケールが大きく鶴田ならではのものがあります。
 今度は鶴田が普段やらないセカンド・ロープから場外へのダイブを見せサプライズ。
 ここから怒涛のハイ・スポットの畳みかけで、
 リングに戻るかどうかをニア・フォール合戦と等価のレベルで見せてきたのには感心しましたね。
 数え歌として発展途上にあることを感じさせつつも
 1つの凄い試合として完成されています。
 文句なしに好勝負。
 (執筆日:3/?/12)

ARWTL公式戦:天龍源一郎、阿修羅原vs.スタン・ハンセン、テリー・ゴディ(12/11/87)
 ハンセンと天龍への期待感高く、
 4人入ってハイ・テンションな乱戦にも繋げて盛り上げます。
 
 一方でベースのじっくりとしたタッグの試合運びも良好。
 タッチ・ワークのテンポ感が良いですね。
 双方連携技も豊富でで華を添えました。

 阿修羅原が見劣りするかと思いきや、
 ゴディの受け身も良くそんなことはなかった。
 
 中盤に据えた天龍の孤立シーンにおいては
 場外パイル・ドライバー、テーブル攻撃で軽く流血、と
 体を張った盛り上げも良かったですが、
 一方で相手の攻撃・介入により
 不測のタッチに繋げるという上手さも光りました。
 それはその後の終盤の攻防にも活かされていますね。
 
 上手さ・凄さ両立された内容で
 最後は両者リングアウトですが、
 全く不満を抱かない程の内容です。

 ぎりぎり名勝負。
 (執筆日:5/?/20)


注目試合の詳細

なし

試合結果

@天龍源一郎vs.ジャンボ鶴田(リングアウト)(8/31/87)
ARWTL公式戦:天龍源一郎、阿修羅原vs.スタン・ハンセン、テリー・ゴディ(両者リングアウト)(12/11/87)