TOP日本のプロレス全日本プロレス 2010年代の大会 →全日本プロレス:Best of AJPW 2020 part.2

全日本プロレス:Best of AJPW 2020 part.2の分析


名勝負 なし
好勝負 世界タッグ王座戦:諏訪魔、石川修司(ch)vs.宮原健斗、ヨシ・タツ(5/5/20)

@諏訪魔、宮原健斗、ゼウスvs.ジェイク・リー、青柳優馬、石川修司(4/6/20)
 無観客試合ながらレスラー、スタッフが野次や歓声、手拍子を飛ばすので
 観客がいるのと観ている分にはほとんど変わりない状況になっていますね。
 
 先日王座を争った宮原と諏訪魔の間には不和があり、
 宮原とゼウスもウマが合わずで、
 個の諏訪魔チームとトリオとしてまとまったリー・チームという構図になっています。

 その移り変わりは適切に表現されていましたし、
 その中で宮原がカメラに映りに行くシーンは面白かったですが、
 それ以外の部分は最初の40分間余りに無策で
 60分試合ありきの内容だったことは否めません。
 
 40分経過後はそれまで抑えていた分、爆発していて、
 シャーマン巴打ちや
 ジェイクと宮原のエルボーの打ち合いなど
 迫力あるシーンが次々と生まれます。

 ここで全日本チャントが起きて、
 提供側が自画自賛するのはどうなの?と思ったものの、
 確かに他に誇れるスポットであったことも確か。

 最初の40分間を半分にしてくれていたら完成度は向上。
 60分試合である意味性は薄く、
 60分試合こそ全日本プロレスのオリジンだ、という歴史上の選択ですね。

 NoahやWWE見たいな挑戦とはいかないですが、
 既存のものや伝統を大事にしようおいうのも大事なことなので、
 これはこれで無観客の中、等しく意義のあった試合でしょう。

 ただクオリティとしては、他と等しくとはいかず少し落ちますね。

 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:4/?/19)

A世界タッグ王座戦:諏訪魔、石川修司(ch)vs.宮原健斗、ヨシ・タツ(5/5/20)
 ヨシ・タツが気持ちをしっかり見せていますね。

 宮原は諏訪魔に王座を取られていることもあり
 個として上回りきらないパワー・バランスで調整。
 それによる二段孤立が諏訪魔、石川のタッグ力を
 大きく前面に押し出すことができていましたね。
 
 どちらも受けっぷりが良かった。

 終盤にシフトすると 熱い一進一退。
 連携技のラッシュもバランス良く、
 無観客ながら熱量を上手くコントロールしきって激戦に仕上げています。

 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:5/?/20)

Bアジア・タッグ王座戦:木高イサミ、宮本裕向(ch)vs.TAJIRI、KAI(5/31/20)
 オーソドックスなレスリングからスタート。
 無観客な中で丁寧さが光りましたね。
 TAJIRIのスキルも良い形で出ていました。

 中盤以降は悪くないものの
 まったりしたテンポ運びからのギア・チェンジをかけきれず。
 ある程度意図してこういう試合をしたのでしょうけれども
 イサミの動きが鈍かったりと改善すべき課題もチラホラ。

 まあまあ良い試合。
 (執筆日:6/?/20)


注目試合の詳細

なし

試合結果

@諏訪魔、宮原健斗、ゼウスvs.ジェイク・リー、青柳優馬、石川修司(60分時間切れ)(4/6/20)
A世界タッグ王座戦:諏訪魔、石川修司(ch)vs.宮原健斗、ヨシ・タツ(5/5/20)
Bアジア・タッグ王座戦:木高イサミ、宮本裕向(ch)vs.TAJIRI、KAI(5/31/20)