TOP女子プロレスJWP →JWP:Best of JWP 1993

JWP:Best of JWP 1993の分析


名勝負 ダイナマイト関西、尾崎魔弓vs.堀田祐美子、井上貴子(1/15/93)

デビル雅美vs.ブル中野(4/18/93)
好勝負 みなみ鈴香、伊藤薫vs.デビル雅美、キャンディー奥津(7/31/93)

@ダイナマイト関西、尾崎魔弓vs.堀田祐美子、井上貴子(1/15/93)
 JWP対AJWの対抗戦。
 
 タッチして交代したレスラーがリングに入ってくるスピード。
 そう言うところにまで行き届いた攻撃性。

 関西と堀田。
 強烈なハード・ヒッターが火花を散らし、
 尾崎、貴子は孤立役で魅力的な存在感を示し、
 攻め手の最大限の攻めを引き出していく。

 セコンド同士も乱戦になったり椅子攻撃があったりと
 対抗戦ならではの荒れ模様の演出も良いですね。

 シーンごとの濃度も相当高い上に、、
 孤立をベースにしたタッグの神髄を活かした構成もダイナミックで、
 足し算も掛け算も実に上手くいっています。

 終盤の控えも混じった執念の攻防は素晴らしかった。
 タッチ・ワークだけ少し丁寧さに欠けましたが、
 壮絶な30分試合の幕引きでした。

 文句なしに名勝負。
 (執筆日:5/?/20)

Aデビル雅美vs.ブル中野(4/18/93)
 一周年記念大会メイン。
 最初から迫力ある激突を見せます。
 ブルは次の行動が余り見えていませんが
 その分デビルが先に動いて種を撒き、
 同時に自分の体格のでかさを印象付ける技も打っていく。
 グラウンド・ベースで長時間の試合になると感じさせる試合は
 デビルが場外パワー・ボム決めて大きく展開。
 これでごっそりHPを奪われた状態の表現につなげています。
 衰えの見えるブルはヌンチャクに頼っていますが
 それによってしっかりと自分の支配ターンにつなげます。
 そこから通常ならぬ感情を感じさせる間、えぐいサブミッションで盛り上げていきます。
 リアリティーのある大技と必殺技によって
 終盤、更にその上をいくクライマックスを実現させました。
 ブルのキャリア・ベストといえる37分の試合。
 ぎりぎり名勝負です。
 (執筆日:2/?/12)

Bみなみ鈴香、伊藤薫vs.デビル雅美、キャンディー奥津(7/31/93)
 デビルが簡単に打ち合いに応じず自分のパワフルさをアピール。
 奥津を武器にする連携技もユニークですね。
 奥津は武器に使われているだけで彼女自身はいまいち。 
 しかし逡巡したりするリアルな欠点こそが
 デビルを除外している内に弱点である奥津をしとめようという
 定石の戦略に素晴らしいストーリーを生み出している。
 対する伊藤は純な頑張りが光ります。
 みなみはいつもながら的確な攻めで感心しました。
 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:2/?/12)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ダイナマイト関西、尾崎魔弓vs.堀田祐美子、井上貴子(1/15/93)
Aデビル雅美vs.ブル中野(4/18/93)
Bみなみ鈴香、伊藤薫vs.デビル雅美、キャンディー奥津(7/31/93)