TOP女子プロレスその他 →SEAdLINNNG:Best of SEAdLINNNG 2021

SEAdLINNNG:Best of SEAdLINNNG 2021の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@世志琥、Sareee vs.中島安里紗、藤本つかさ(1/11/21)
 WWE行きが決まっているSareee。
 小奇麗に巣立ちを惜しむということはなく
 特に中島とは最後にバチバチにやりあっていますね。

 一方でタッグの見せ場も素晴らしく、
 藤本が屈んだ世志琥を踏み台にSareeeにドロップ・キックを叩きこんだシーンは良かったですね。

 華やかで戦略に基づいたラッシュ。
 圧倒的テンポなのに流しでやっている訳ではないのが良いですね。

 一方でやりたいことがあり過ぎるのが少し裏目にもなっています。
 もう少し軸を絞っても良かったですね。

 好勝負に少し届かず。

A中島亜里沙、高橋奈七永vs.渡辺桃、飯田沙耶(2/10/21)
 ゴングが鳴るなり殴り合い。

 桃がSTARDOMでシングルが決まっている奈七永と火花を散らしますが、
 それ以上に中島との絡みに注目ですね。
 アクション、耐え、攻防一致されているので一層見応えがあります。

 飯田も気持ちを前面に押し出してぶつかっていて良いですね。
 こういう対抗戦では飯田みたいな熱いファイトを見せつつ、
 土をつけやいポジションのレスラーって貴重です。
 
 中島にもSTARDOMに上がって欲しいところ。
 上がらなければ上がらないでSeadlinnngの方の対抗戦カードの強い押しにもなりますが。

 タッグとして一部勢いに乗れていない所があり、
 もう少し試合時間を絞っても良かったですが、STARDOMと共にチェックしたい試合です。

 好勝負に少し届かず。

Bビヨンド・ザ・シー・タッグ王座戦:中島亜里沙、高橋奈七永(ch)vs.朱崇花、真琴(5/26/21)
 入場した王者組を挑戦者側が襲撃。
 挑発的に感情を前面に出したやり取りとなっています。

 前半は真琴が出ずっぱり。
 王者のハード・ヒットを受け続けて、
 温存していた朱崇花が2人同時に投げたりと爆発させる形ですが、
 その後真琴も気迫を押し出して王者組に見劣りしない攻め。

 中島、高橋に比べてタッグ・ワークは余り見せませんでしたが、
 それがかえって独特の魅力を醸すタッグに仕上がっていましたね。

 両チーム良いパフォーマンスを見せました。

 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:6/?/21)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@世志琥、Sareee vs.中島安里紗、藤本つかさ(1/11/21)
A中島亜里沙、高橋奈七永vs.渡辺桃、飯田沙耶(2/10/21)
Bビヨンド・ザ・シー・タッグ王座戦:中島亜里沙、高橋奈七永(ch)vs.朱崇花、真琴(新チャンピオン!)(5/26/21)