TOP女子プロレスIce Ribbon →ChocoPro:Best of ChocoPro Season Four 2020

ChocoPro:Best of ChocoPro Season Four 2020の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@アイ・クイット・マッチ:クリス・ブルックス、水森由菜vs.さくらえみ、ルル・ペンシル(ChocoPro #63 11/11/20)
 ルルはプロレス技能的には厳しいものがありますが、
 絶対にあきらめないキャラを軸に
 この試合ではコミカル・レスラーから一歩踏み入った活躍を示しています。

 ルルをテープで縛り、目の前でルルの帽子を痛めつけたりと
 様々な方法でルルを追い込んでいきます。
 その見せ方、アイディア量は素晴らしいですね。

 弱みではなく強みで勝負するChocoProらしさが出ています。

 ペンシル・アーミー・ギミックの中でさくらえみもやや緩かったものの
 それでも後半になると気を引き締めなおして
 ChocoProの終盤シチュエーションで盛り上げ。

 最後のドラマチックなフィニッシュは
 まさにルールの盲点をついたもので良かった。

 少し長すぎるもののギミック・マッチを上手く表現しました。

 好勝負に少し届かず。

Aバリヤン・アッキ、駿河メイvs.さくらえみ、米山香織(ChocoPro #71 12/5/20)
 米山は完全にコミカル・キャラになっていて
 突然椅子取りゲームを始めるのはどうかと思いますが、
 彼女の粗い動きをアッキがしっかり受け手としてサポートして輝かせています。
 アッキ自身もカウンターで自らを十分にアピール。

 アッキ、めいのタッグ・ワークは飛び切り。
 ロープがなく控えと場との距離が短いChocoProこそが
 ハイスパート・タッグの世界最先端とも言えます。
 パートナーと鏡合わせで動いたりと
 益々完成度が高まっています。

 さくら、米山のタッグとしての動きも意外に良かったです。

 一部ディティールに不満の残る所はあり、
 課題もありましたが、素晴らしい試合でした。

 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:12/?/20)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@アイ・クイット・マッチ:クリス・ブルックス、水森由菜vs.さくらえみ、ルル・ペンシル(ChocoPro #63 11/11/20)
Aバリヤン・アッキ、駿河メイvs.さくらえみ、米山香織(ChocoPro #71 12/5/20)