TOPコラム他 →Wrestling Heart:Match of the Year 60's part2

Wrestling Heart:Match of the Year 60's part2の分析


名勝負 ラ・ペティット・プリンスvs.マイケル・サールニエール(French Catch 10/4/69)
好勝負 3本勝負:エイブ・ギングバーグ、ジョン・フォーリーvs.レネ・ベン・チモール、ギルバート・セスカ(French Catch 2/28/65)

3本勝負:ビリー・カタンザロ、ギルバート・ル・マゴルーvs.ヴァシリオス・マントポロス、フランシス・ルイス(French Catch 8/19/66)

ラ・ペティット・プリンスvs.マイケル・サールニエール(French Catch 9/30/67)

ラ・ペティット・プリンスvs.マイケル・サールニエール(French Catch 1/1/68)

1965年
@3本勝負:エイブ・ギングバーグ、ジョン・フォーリーvs.レネ・ベン・チモール、ギルバート・セスカ(French Catch 2/28/65)
 エイブとフォーリーは道化ヒール。
 押さえつけてタッチしたり、レフェリーの目を盗んでロープを使って煽る一方で、
 ありえない所で自爆して間抜けな姿を晒して盛り上げます。

 チモール側はフェイスとしてやられたことは同じ手法でやり返す倍返し。
 エイブとジョンを絡ませて動けなくしたシーンは盛り上がりましたね。

 少々ファン・マッチ的な雰囲気ではありましたが、
 途中からギアが入りヒール側がラフな打撃。

 リアリティが入るとセコンドの膝へのバック・ブリーカーや
 ヘッド・バッド・アタック、ドロップ・キック連打など
 見栄えの良い場面をラッシュして華やかに締めくくりました。

 2本目はメリハリに課題こそあるものの
 引き続き見栄え宜しく最後も美しいヴィクトリー・ロール。

 3本目。
 クロス・ロープ・ワークから始めると
 先ほどのヴィクトリー・ロールをキーにして攻防を作り上げるという
 60年代とは思えない現代的な取り組みが見られて驚きでしたね。

 文句なしに好勝負。
 65年のMOTYです。
 (執筆日:4/?/21)


1966年
A3本勝負:ビリー・カタンザロ、ギルバート・ル・マゴルーvs.ヴァシリオス・マントポロス、フランシス・ルイス(French Catch 8/19/66)
 ハイ・テンポでレスリングを展開。
 タッチ・ワークも小気味よく
 序盤なりのアクションに抑えつつ、これは凄いぞ、としっかり惹きつけますね。

 ルイスの派手な受けが光り、1本目を適度にまとめあげます。

 2本目も1本目のフィニッシュを活かして攻防のストーリー。
 セコンドとの距離感が場の攻防の中の一要素として
 しっかりあるのは好感度高い。

 セコンドがぶつけられて転落した中での
 カウンターのボディ・スラム、と
 2本目のフィニッシュもカットされない理屈が十分伴っています。

 3本目も勢い衰えず、マントポロスの華麗なバック・ブリーカーから始まり、
 フェイス2人がヒール2人を同じムーブでやっつける
 現代にも残っているタッグの定番シーンを連発して盛り上げました。

 これは見事なタッグで1966年のMOTYです。
 
 文句なしに好勝負。
 (執筆日:4/?/21)


1967年
Bラ・ペティット・プリンスvs.マイケル・サールニエール(French Catch 9/30/67)
 ハイ・テンポで華やかな攻防。

 投げられつつも着地してキャンセルしたり、
 フライング・ヘッド・シザースを連打したり、と
 ライト級ならではの時代を先取りした攻防を見せています。

 アーム・ロック等をかけて、逃れて、かけなおして、と
 韻踏みした中盤の攻防作りも良いですね。

 一方でクライマックスへの盛り上げは薄く、
 良くも悪くも常に全力で見栄えのする攻防を作って、
 最後の時を迎えた形になっています。

 69年の同一カードには劣るもののこれまた特別な内容でしたね。

 ぎりぎり好勝負。 
 (執筆日:5/?/20)

1968年
Cラ・ペティット・プリンスvs.マイケル・サールニエール(French Catch 1/1/68)
 (途中から)
 手合わせする中で精度も上がり、
 よりスピーディに立体感のある攻防を繰り広げています。

 ライバリティがありつつも同じムーブをすることで着地せず
 こんな変化ができるのではあんな変化ができるのでは、と
 工夫が積み重なっているのは驚きですね。

 丸め込み合戦や場外を挟んだりとクライマックスに向けた絵作りの意識も良い。

 途中からの映像しか残っていないことだけが残念でならない。

 ぎりぎり好勝負。 

 (執筆日:4/?/20)


1969年
Dラ・ペティット・プリンスvs.マイケル・サールニエール(French Catch 10/4/69)
 軽妙に動いてレスリングの演武。
 現代的な攻防でこれが69年に見られるとは驚き。

 良くも悪くも身体能力出し惜しみせず
 見せ場を豊富に織り交ぜます。
 
 対角ロープ・ワークを使ったり、
 アーム・ロックを決めて屈ませた上で
 相手の体の上で一回転して倒したりと
 その三次元の攻防はまさに初代タイガー・マスクを見たときの衝撃と同じ。

 ニア・フォールの攻防も見応えがあり、
 ロープ際の為に決まり切らないことで
 ぎりぎり感も出ていて実にお見事でした。

 French Catchの名品です。
 ぎりぎり名勝負。
 (執筆日:4/?/20)

注目試合の詳細

Dインターナショナル王座戦、3本勝負:ジャイアント馬場(ch)vs.デストロイヤー(3/5/69)
 デストロイヤーがロープに押し込み張り手。
 馬場がすぐ殴り返そうとしてデストロイヤーがひるむ。
 馬場がアーム・ロック。
 デストロイヤーがロープに逃げる。
 デストロイヤーがアーム・ロック。
 切り返しから逃れる。
 馬場が腕を取って倒す。
 デストロイヤーが体勢を変え両肩をつけにいく。
 腕を取り座り込む。
 腕にストンピング。
 パンツを後ろで掴んで倒し腕を取る。
 起き上がろうとしたので腕をまたいでヒップ・ドロップ。
 腕を極める。
 転がして腕を取る。
 腕を取り蹴り上げる。
 ようやく起き上がった馬場が張り手。
 張り手で倒す。
 デストロイヤーが場外に転がり出る。
 リングに戻ってくる。
 馬場が転がって脚を取り倒す。
 レッグ・ロック。
 デストロイヤーがロープに逃げる。
 馬場が引き離してリングに叩きつける。
 レッグ・ロック。
 デストロイヤーが下にもぐりこんで倒し4の字を狙う。
 馬場が蹴り飛ばし逃れる。
 デストロイヤーがヘッド・ロック。
 馬場がロープに振りヒップ・トス。
 アーム・ロックを狙う。
 逃れられるもアーム・ドラッグで腕を取る。
 上に引っ張る。
 脚を絡めて倒しアーム・バー。
 デストロイヤーがロープに手を伸ばすも馬場が元に戻す。
 逃れようとするデストロイヤーを倒し元に戻す。
 デストロイヤーが身体を転がしヘッド・ロックへ。
 馬場がグラウンド・ヘッド・シザースにすぐ返す。
 その状態で腕を取る。
 デストロイヤーが逃れグラウンド・ヘッド・ロック。
 馬場がすぐグラウンド・ヘッド・シザースに返す。
 デストロイヤーが体勢を変えてすり抜けヘッド・ロックへ。
 しかしグラウンド・ヘッド・シザースにすぐ返される。
 体勢を変えられるも元に戻す。
 デストロイヤーが体勢を変え逃れる。
 起き上がるのを待って張り手。
 ヘッド・ロック。
 コーナーを使ってグラウンドに倒す。
 馬場がグラウンド・ヘッド・シザース。
 デストロイヤーが跳ね除けグラウンド・ヘッド・ロック。
 グラウンド・ヘッド・シザースへの返しをさせずアーム・ドラッグ。
 グラウンド・ヘッド・ロックへ。
 馬場がグラウンド・ヘッド・シザースに返す。
 デストロイヤーが体勢を変えて上にかぶさり両肩を押し込む。
 パンツを掴んだりロープに脚を当て押し込む。
 レフェリーが気づく。
 ならばとデストロイヤーが4の字を狙う。
 馬場が抵抗し蹴り飛ばすとデストロイヤーは場外転落。
 リングに戻ってくる。
 組むとデストロイヤーがヘッド・ロック。
 馬場がロープに押し、直角のロープに走る。
 馬場が中央で止まりチョップを構える。
 デストロイヤーがロープを掴んで止まる。
 20分経過。 
 組むとデストロイヤーがヘッド・ロック。
 馬場がロープに押しビッグ・ブーツを狙う。
 デストロイヤーはロープを掴んで止まりかわす。
 組むと馬場がスナップ・メア。
 首4の字。
 スナップ・メアから首4の字。 
 馬場が反転して逃れレッグ・ロック。
 チン・ロックも同時に決める。
 デストロイヤーが噛み付いて逃れる。
 馬場がハーフ・ボストン・クラブ。
 ロープ・ブレイク。
 馬場が中央に戻しレッグ・ロック。
 チン・ロック。
 デストロイヤーがロープに逃げ場外で間を置く。
 デストロイヤーはリングに戻ると
 凶器を隠し持った手で腹にパンチ。
 ひるんだ馬場を殴り倒す。
 蹴り上げ殴りつける。
 ボディ・スラム。
 脚にヒップ・ドロップ。
 4の字を狙う。
 馬場が張り手で倒す。
 馬場がロープに振りビッグ・ブーツ。
 チョップを打ち下ろす。
 命乞いするデストロイヤーのマスクを掴んで起こそうとする。
 チョップを打ち下ろす。
 サミング。
 ロープに振りチョップを構える。
 デストロイヤーがコーナーに押し込みショルダー・ブロックを連打。
 馬場が張り手で倒す。
 ボディ・スラム。
 ニー・ドロップでカバー。
 デストロイヤーがロープに脚をかける。
 起こそうとする馬場にデストロイヤーがアーム・ドラッグ。
 腕にニーを落とそうとする。
 馬場がボディ・シザースに捕らえる。
 30分経過。
 後ろにそらしてマットに叩きつける。
 もう1度狙う。
 デストロイヤーが着地してロープに走る。
 馬場が巴投げ。
 デストロイヤーが場外に出て間を置く。
 リングに戻る。
 馬場がヘッド・ロック。
 ロープに飛ばされショルダー・タックル。
 ヘッド・ロック。
 デストロイヤーが脚を抱え込む。
 馬場が張り手を連打しヘッド・ロック。
 デストロイヤーがロープに押しドロップ・トー・ホールド。
 レッグ・ロック。
 ロープに脚をかけ圧力をかける。
 脚を持って場外に出るとエプロンに叩きつけていく。
 リングに戻り脚にヒップ・ドロップ。
 4の字を狙う。
 馬場が転がって逃れる。
 組むと馬場が蹴り上げていく。
 組むと馬場が脚を持とうとする。
 ロープに逃げられるもヒップ・トス。
 馬場がすぐ起き上がりヘッド・ロック。
 ロープに押すとすくい投げからキー・ロック。
 馬場が逃れ股裂き。
 デストロイヤーがヘッド・ロック。
 馬場がロープに押しボディ・スラム。
 カバーするもカウント1。
 マスクに手をかける。
 ターン・バックルにぶつけていく。
 脳天チョップを打っていく。
 カバーするもデストロイヤーはロープに脚をかける。
 ボディ・シザース。
 クルーシーフィックス。
 その状態でマットに叩きつけていく。 
 ロープ・ブレイク。
 馬場がチョップを打ち込み場外に落とす。
 45分経過。
 デストロイヤーは戻ってくるとマスクに何かを仕込みヘッド・バッドで倒す。
 場外に落とす。
 再びマスクに仕込み場外でヘッド・バッド。
 リングに戻る。
 エプロンに上がってきた馬場の額に拳を打ち込む。
 馬場が流血する。
 額に何かを打ち込んでいく。
 馬場が起き上がり張り手にチョップ。
 ロープに振りビッグ・ブーツ。
 カバーするもカウント2。
 やしのみ割り。
 もう1発。
 カバーするもカウント2。
 ロープに振りチョップで倒す。
 カウント2。
 ロープに振りビッグ・ブーツへ。
 デストロイヤーが受け止め4の字を狙う。
 馬場は蹴り飛ばすとロープに跳ね返ってきた所で巴投げから丸め込む。
 1,2,3!
 馬場が先取!
 デストロイヤーはカウントが早すぎると抗議。

 デストロイヤーが噛み付く。
 頭部にニーを落とそうとする。
 馬場はかわすとロー・キック連発。
 脚を取って倒しハーフ・ボストン・クラブ。
 デストロイヤーがロープに逃げる。
 デストロイヤーが脚を掴んで倒す。
 ロープに脚をのせヒップ・ドロップを狙う。
 馬場はかわすとロー・キック連打。
 アトミック・ドロップ。
 カバーするもデストロイヤーがロープに脚をかける。
 残り5分。
 馬場がロープに振りドロップ・キック。
 カバーするもデストロイヤーがロープに脚をかける。
 馬場がロープに振りドロップ・キックへ。
 デストロイヤーはロープを掴んでかわし自爆させる。
 ヘッド・バッドで倒す。
 カバー。カウント2。
 ヘッド・ロックを決めるとコーナーに叩きつける。
 ボディ・スラム。
 ダイビング・ニー・ドロップを決めカバーするもカウント2。
 デストロイヤーがヘッド・ロック。
 馬場がロープに押すと両者激突し倒れる。
 デストロイヤーがボディ・スラムを狙う。
 馬場が体重をかけて潰すもロープに脚がかかる。
 馬場がロープに振りショルダー・スルー。
 カバー。カウント2。
 脳天チョップ。
 ボディ・スラム。
 ニー・ドロップへ。
 デストロイヤーはかわして自爆させる。
 馬場の脚をロープの上にのせヒップ・ドロップ。
 脚にヒップ・ドロップ。
 もう1発。
 4の字を狙う。
 馬場が蹴り飛ばす。
 残り1分。
 馬場がロープに振りチョップ。
 ロープに振りショルダー・スルーを狙う。
 デストロイヤーが蹴り上げて倒す。
 脚にヒップ・ドロップを打っていく。
 残り10秒で4の字を決める。
 しかし時間切れとなる!
 デストロイヤーは4の字を決めた俺の勝ちだろ、
 試合時間もまだ残っているはずだ、と抗議する。

試合結果

@3本勝負:エイブ・ギングバーグ、ジョン・フォーリーvs.レネ・ベン・チモール、ギルバート・セスカ(2-1)(French Catch 2/28/65)
A3本勝負:ビリー・カタンザロ、ギルバート・ル・マゴルーvs.ヴァシリオス・マントポロス、フランシス・ルイス(2-1)(リングアウト)(French Catch 8/19/66)
Bラ・ペティット・プリンスvs.マイケル・サールニエール(20分時間切れ)(French Catch 9/30/67)
Cラ・ペティット・プリンスvs.マイケル・サールニエール(時間切れ)(French Catch 1/1/68)
Dラ・ペティット・プリンスvs.マイケル・サールニエール(30分時間切れ)(French Catch 10/4/69)