TOPコラム他 →Wrestling Heart:Match of the Year 20's part1

Wrestling Heart:Match of the Year 20's part1の分析


名勝負 統一ブリティッシュ・ヘビー級王座戦:ザック・セイバー(ch)vs.ウィル・オスプレイ(RPW 2/14/20)

ブライアン・ダニエルソンvs.鈴木みのる(AEW Rampage 10/15/21)
好勝負 なし

◆2020年
@統一ブリティッシュ・ヘビー級王座戦:ザック・セイバー(ch)vs.ウィル・オスプレイ(RPW 2/14/20)
 新日で行われた一戦が本土で早くもリマッチ。

 最初の演舞から度肝を抜きます。
 演舞のかわしの精度は飛びぬけて高く、
 45度方向のロープ・ワークを混ぜ込み変化させ、
 ユーロのムーブも大胆に取り入れます。

 セイバーはノラリクラリと間を置きつつ、
 試合全体としてはハイ・テンポに動きます。
 絶妙のペースで目を離そうとしても離しきれません。

 オスプレイが転がされると同時にハンドスプリングに行き、
 そこをセイバーがロックに捉えたりと
 重層の切り返し合いが極上。

 オスプレイもあっての試合で
 彼がいるからこそ試合が2次元から3次元になっていますが、
 それを超えてセイバーの完成度が究極のレベル。

 ギュっと切り返し合いを詰め込んでいるにも関わらず、
 ムーブの為の動きに見えることもなく、
 ダメージ軽視に見えることもなく、
 言葉で表現しきれない飛び級の攻防で、圧巻のディティールにも裏打ちされている。

 新日の一戦を更に超えてきました。
 歴史的な名勝負。
  (執筆日:3/?/20)


◆2021年
ANEVER無差別級王座戦:鷹木信悟(ch)vs.棚橋弘至(1/31/21)
 棚橋は剛を柔で制する、を地で行く戦略。

 鷹木はそれにとってハードに当たりつつも
 髪を掴んで倒すといった変化、調整の余地を残しているのが上手いですね。

 棚橋が低空ドロップ・キックから脚攻め。

 これに対する鷹木の受けがまた良い。
 脚の痛みを表現しつつパワフルさも両立させます。

 変化、切り返しを織り交ぜ独自感。
 全体の構成的にもベストなシーン作りです。

 鷹木が膝へのパンピング・ボンバー。
 強烈な絵になりつつ圧倒的リアルも感じさせます。

 鷹木の間を埋める仕草が表現を豊かにし、
 お互いが脚攻めに寄せつつも自由闊達でそれでいて芯がぶれない。

 棚橋攻めの展開による意味合いをしっかり理解し、
 攻防の発展性も適切に活用しています。
 だからこそ、いまだに名勝負製造機足り得ているのだと感心させます。

 更には強烈な打撃合戦で気合のぶつかり合い。
 単純な帰結ではあるが、圧倒的に凄まじいし
 鷹木の細かなディティールは最後まで徹底されていました。
 最後はNEVERのど真ん中直球剛速球で〆。

 跳ねうる試合とは思ってましたが、それにしてもここまでとは。
 想像以上。
 
 文句なしに名勝負。MOTY候補です。

注目試合の詳細

なし

試合結果

@統一ブリティッシュ・ヘビー級王座戦:ザック・セイバー(ch)vs.ウィル・オスプレイ(新チャンピオン!)(RPW 2/14/20)
ANEVER無差別級王座戦:鷹木信悟(ch)vs.棚橋弘至(新日本プロレス 1/31/21)