TOPアメリカン・プロレスWWE TV Matches →WWE:TV Matches Best of NXT UK 2021

WWE:TV Matches Best of NXT UK 2021の分析


名勝負 なし
好勝負 NXT UK王座戦:ウォルター(ch)vs.Aキッド(NXT UK 1/14/21)

ノーDQ:イルヤ・ドラグノフvs.サム・グラッドウェル(NXT UK 3/25/21)
 
NXT UK王座戦:ウォルター(ch)vs.ランペイジ・ブラウン(NXT UK Prelude 4/8/21)

ヘリテイジ・カップ王座戦:Aキッド(ch)vs.タイラー・ベイト(NXT UK 5/20/21)

@NXT UK王座戦:ウォルター(ch)vs.Aキッド(NXT UK 1/14/21)
 キッドが軽快な身のこなしを見せる一方で
 単純にデビアスvs.ゴリアテとせず
 キッドのレスリングや打撃の見せ場も絡めています。

 そしてこういうオールラウンドなスキルが求められる攻防にこそ
 ウォルターの絶妙なバランス感が光りますね。
 脚のダメージ表現を踏まえた攻めの仕方は良かった。

 自分達の個性を活かしてあるべき攻防を繰り広げました。

 キッドが痛みに苦しむ姿を見せればより盛り上がったか。
 やや受け姿が寡黙だった印象。

 ぎりぎり好勝負です。
 (執筆日:1/?/21)

ANXT UK女子王座戦:ケイ・リー・レイ(ch)vs.メイコ・サトムラ(NXT UK 3/4/21)
 里村はベーシックな動きで凄さを伝えてくるのが流石。
 NXT UK絶対王者のKLRも一歩も引かずに
 シンプルに見応えのある攻防を展開します。

 エプロン技を打てば打ち返す。

 真っ向からの一進一退。

 横綱の里村に対し、こういう試合をするのは非常に難しいものですが、
 そのハードルを乗り越えKLRが立派なパフォーマンスを見せました。

 両者の次にも繋がる激闘。

 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:3/?/21)

BノーDQ:イルヤ・ドラグノフvs.サム・グラッドウェル(NXT UK 3/25/21)
 TVメインのスポットライトを得たグラッドウェル。
 ハード・ヒットで気合入っていますね。

 イルヤが凶器を敢えて使わないスタンスを取り
 スタイルに差異を作っていますが、
 イルヤが予期せぬ攻防の変化をポイントで織り交ぜるので、
 どのような戦いが展開されていくのか読めない面白さがあります。

 またダメージ表現は迫真の演技で、
 グラッドウェルのハードコアな攻めを引き立てました。

 無茶苦茶な誇張表現と圧倒的なリアリティーが両立するイルヤの唯一無二の内容。
 グラッドウェルもヘタレな悪漢を適切に演じ次につながるパフォーマンスでした。

 ぎりぎり好勝負です。
 (執筆日:3/?/21)

CNXT UK王座戦:ウォルター(ch)vs.ランペイジ・ブラウン(NXT UK Prelude 4/8/21)
 2日連続でウォルターは防衛戦。
 今度はブラウンとあって荒々しいぶつかり合いを見せます。

 ウォルターはブラウンにも分かりやすい予備動作で
 テンポよく攻防を繰り広げていきます。
 
 粗も出さずにこなせていますね。
 
 天丼で攻防を重ねて終盤も良好。

 ブラウンの良さを引き出し、その長所を活かして勝負できた内容ですね。

 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:4/?/21)

Dメイコ・サトムラvs.イーファ・ヴァルキリー(NXT UK 4/29/21)
 里村は相変わらず凄いですね。
 やっていることはベーシックなことなのに
 締め上げ方一つで概念性すら違って見えます。

 イーファは側転系の演舞レスラー。
 プロレスの形で反撃の道筋作るも
 自分の領域だけに留まらず里村の強さに踏み込んできます。

 それにより里村の強さも改めて輝き非常に良い相互作用を生んでいます。

 思わぬ熱戦でしたね。

 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:5/?/21)

Eヘリテイジ・カップ王座戦:Aキッド(ch)vs.タイラー・ベイト(NXT UK 5/20/21)
 ベイトの力強い仕掛けと
 それに呼応するキッドの軽妙でシームレスな動き。
 3分という短い1Rの中で直球で伝わる魅力があります。

 両者の技術力に裏打ちされた魅力的なレスリングが続く。

 3R目強烈な打撃で変転。
 両者場外転落・ダウンで終わる等
 R終わりの絵作りも意識できています。

 4R-5R目。
 キッドのサブミッション重ねがけ含め、
 上手く終盤の攻防が作られており、
 制限時間もその攻防の重々しさを逆に強調する結果になっています。

 6R目は後ちょっと時間をかけても良かったですが、
 最後を締めくくる攻防としてギアをかけなおせていてOK。

 両者の魅力が存分に詰まった攻防に酔いしれました。

 文句なしに好勝負。
 (執筆日:5/?/21)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@NXT UK王座戦:ウォルター(ch)vs.Aキッド(NXT UK 1/14/21)
ANXT UK女子王座戦:ケイ・リー・レイ(ch)vs.メイコ・サトムラ(NXT UK 3/4/21)
BノーDQ:イルヤ・ドラグノフvs.サム・グラッドウェル(NXT UK 3/25/21)
CNXT UK王座戦:ウォルター(ch)vs.ランペイジ・ブラウン(NXT UK Prelude 4/8/21)
Dメイコ・サトムラvs.イーファ・ヴァルキリー(NXT UK 4/29/21)
Eヘリテイジ・カップ王座戦:Aキッド(ch)vs.タイラー・ベイト(新チャンピオン!)(NXT UK 5/20/21)