TOPアメリカン・プロレスImpact Wrestling 2021年 →Impact Wrestling:Hard to Kill 1/16/21

Impact Wrestling:Hard to Kill 1/16/21の分析


名勝負 なし
好勝負 ケニー・オメガ、グッド・ブラザーズvs.ムース、クリス・セイビン、リッチ・スワン

@ディケイvs.テニール・ダッシュウッド、カレブ
Aオールド・スクール・ルールズ:ヴァイオレント・バイ・デザインvs.トミー・ドリーマー、カズン・ジェイク、ライノ
Bノックアウツ・タッグ王座トーナメント決勝:ファイアー&フラヴァvs.ハヴォック、ネヴァ
Cエース・オースチンvs.マット・カルドナ
DXディビジョン王座戦:マニック(ch)vs.クリス・ベイvs.ロヒット・ラジュー
Eノックアウツ王座戦:デオナ・パラッツォ(ch)vs.タヤ・ヴァルキリー

Fカラテ・マンvs.イーサン・ペイジ
 カラテ・マンはペイジが扮しているので一人プロレスですが、
 それぞれ実写撮りしたものを映像合成して2人共映る形にしています。

 映像も空〜爆発までイメージ映像を当て込んでいて、
 Fianl Deletionの因果は良くも悪くも引き継がれている様子です。

 手短にバカバカしく楽しませてくれました。

 ところで実写合成や最後の心臓くりぬきフィニッシュに
 セガサターンのバトル・モンスターズの記憶が蘇ったのですが、
 これ分かってくれる人どこまでいるかしらん?

 スキット要素強くてコメディー・マッチとしては評価不能。

Gバーブド・ワイヤー・マサカー:エディ・エドワーズvs.サミ・キャリハン
 サミ/エドワーズの終わりなき抗争。

 パンチが上手いですね。
 このテクニックがベースにあると
 体張る云々の前に試合として引き締まります。

 またサミは狂人キャラなので攻めの印象もありますが、
 実はハードコアの受け手の表現が上手いですよね。
 
 食らっているときの被虐の表情、
 有刺鉄線ボードから逃げて試合としては溜めを作ったり。
 細やかな意識が素晴らしく体を張るだけに依存しません。

 エドワーズも手慣れたもので
 デス・マッチ・アイテムでも構成力は落ちず、
 まっとうな感覚でラフ・ファイトを捉えています。。

 有刺鉄線ばかりの凶器ですが、
 見せ方を使い分けていて食傷気味にならず。
 四方が同じではない本装置の空間活用も良かった。

 終盤は切り替えてこれまでの歴史の重みを付け加えた潰し合い。
 潰し合いの演出とはいえもう少し切り返し合いあっても良かったですね。

 この2人らしい安定感のあるハードコア・マッチでした。

 好勝負に少し届かず。

Hケニー・オメガ、グッド・ブラザーズvs.ムース、クリス・セイビン、リッチ・スワン
 シェリー欠場に伴いムースが代理。
 先刻までスワンへの王座挑戦で争っていた形ですが、
 ここは外敵撃退が優先ということで一時封印して臨んでいます。

 既存ストーリーに囚われ過ぎず、思い切ったムースの起用は正解でしたね。
 ムースの迫力ある動きがギャロウズの良さを引き出したし、
 スワンのオメガを前にして物足りない部分も補いました。

 またセイビンもシェリーとの連携技が見られなくなったものの
 スワンと結構おっ、と思わせる連携技を行っていますし、
 何より連続技でセイビンもオメガを追い詰める役回りを担えたのは大きかった。

 AEWとのネーム・バリュー差を思ったより上手く詰めていて
 トリオならではの見どころも多く団体抗争として幸先の良いスタートでした。

 ただ一点オメガはニア・フォール合戦やっている内は良いのですが、
 そこまで極を取れない中では受け時の存在感の弱さが気になりますね。
   
 キャリスもついていますし、チーム・バランス的には
 少しヘタレ要素がある方が面白い。
 そして、それが出来るかどうかがアメプロの王道にオメガが踏み込めるかの分かれ道な気がします。

 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:1/?/21)
Rating:★★★☆☆

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ディケイvs.テニール・ダッシュウッド、カレブ
Aオールド・スクール・ルールズ:ヴァイオレント・バイ・デザインvs.トミー・ドリーマー、カズン・ジェイク、ライノ
Bノックアウツ・タッグ王座トーナメント決勝:ファイアー&フラヴァ(新チャンピオン!)vs.ハヴォック、ネヴァ
Cエース・オースチンvs.マット・カルドナ
DXディビジョン王座戦:マニック(ch)vs.クリス・ベイvs.ロヒット・ラジュー
Eノックアウツ王座戦:デオナ・パラッツォ(ch)vs.タヤ・ヴァルキリー
Fカラテ・マンvs.イーサン・ペイジ
Gバーブド・ワイヤー・マサカー:エディ・エドワーズvs.サミ・キャリハン
Hケニー・オメガ、グッド・ブラザーズvs.ムース、クリス・セイビン、リッチ・スワン