TOPアメリカン・プロレス注目インディー →AAW:Best of AAW 2021

AAW:Best of AAW 2021の分析


名勝負 なし
好勝負 AAWヘビー級王座戦:マンス・ワーナー(ch)vs.フレッド・イーハイ(5/7/21)

ジョシュ・アレキサンダーvs.マット・フィチェット(6/11/21)

@AAWヘビー級王座戦:マンス・ワーナー(ch)vs.フレッド・イーハイ(5/7/21)
 序盤ハード・ヒットの見せ方を工夫していて
 期待感が高まりますが、試合はまさかの斜め45度を行きましたね。

 暗すぎて良く見えないのが難ですが、
 場外戦でイーハイがガラスを突き立てマンスを大流血に追いやります。

 ここからイーハイ95/マンス5の攻め比率の尖がった内容へ。
 一方的が過ぎるというものですが、これが面白い。

 過去のイーハイなら煽りもアクション・ベースだったのが
 今のイーハイなら表現的に煽ることができます。

 その技巧には唸らされますね。

 首に椅子をかけ、今度は柵で、と
 終盤にかけての凶器を使った演出も完璧。
 
 マンスもここまで受けに徹するのは珍しいとはいえ
 根性キャラなので受けっぷりは良かったですが、
 いやはやそれでもこれはイーハイの試合だった、という誉め言葉を送るしかないでしょう。

 抗争決着戦も当然にあるはずでこれは楽しみですね。

 ぎりぎり好勝負。

Aジョシュ・アレキサンダーvs.マット・フィチェット(6/11/21)
 ジョシュが強烈な攻めを見せます。

 ハイ・フライングのフィチェットは見かけ、スタイルから差を感じてしまって、
 若干違和感があるのも確かですが、張り合って真っ向から打ち合い。

 両手を後ろ手に組んで打ってみろよ、と打撃戦を自ら所望するぐらいで
 こんなに良いタフガイだったかと見ていて驚きましたね。

 気迫がこもっていて見得も格好良く切っています。

 予想以上に熱いファイトで、試合時間一杯全力で魅了しました。

 ぎりぎり好勝負。

Bフレッド・イーハイvs.ダニエル・ガルシア(6/11/21)
 シンプルなレスリングの中に
 細かな工夫、細かな仕草が光り、実に面白い。
 テクニカルでエンターテイメントです。

 ホームのイーハイがヒールを演じるので、
 ガルシアはLimitlessでのヒールっぷりを見せることはできませんが、
 イーハイのレスリング・テクニックを引き出しつつ
 自分の望む類の攻防に寄せていきます。

 ゲストだからとフェイスとしての振る舞いを後回しにして
 自分のスタイルを通し終盤はサブミッション・バトル。
 見応えのある攻防でこれはまたどこかで戦って欲しいな、と思わせましたね。

 好勝負に少し届かず。

CAAWヘビー級王座戦、ケージ・マッチ:マンス・ワーナー(ch)vs.フレッド・イーハイ(7/9/21)
 前回を踏まえるとマンスはもっと感情的でも良いが
 間をもった試合運びで最初はスタート。

 ベルト攻撃などを踏まえて
 しっかり時間を費やした上でケージ攻撃。
 適切にステップ・アップさせた内容ですね。

 跳ねる確変が起きたのは中盤。
 サミングを食らったイーハイが間違ってレフェリー攻撃。
 代打で入ってきたレフェリーもマンスが能動的にKOして無法地帯に。
 ケージの鍵も解除されたので椅子に板に、と持ち込み放題。
 流血も加わってAAWらしいアナーキーな演出でしたね。

 レフェリーが不在で勝敗が決まり得ない中で
 どうするかをイーハイはしっかり演じれていました。

 30分試合なので一部のシーンではだるいところもあるが
 前回の試合を踏まえてエピック・マッチ風味にしっかり仕上げました。

 イーハイ政権は楽しみですね。

 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:7/?/21)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@AAWヘビー級王座戦:マンス・ワーナー(ch)vs.フレッド・イーハイ(5/7/21)
Aジョシュ・アレキサンダーvs.マット・フィチェット(20分時間切れ)(6/11/21)
Bフレッド・イーハイvs.ダニエル・ガルシア(6/11/21)
CAAWヘビー級王座戦、ケージ・マッチ:マンス・ワーナー(ch)vs.フレッド・イーハイ(新チャンピオン!)(7/9/21)