TOPアメリカン・プロレスどインディー →ICW:Best of ICW No Holds Barred 2021 part.1

ICW:Best of ICW No Holds Barred 2021 part.1の分析


名勝負 なし
好勝負 ジョン・ウェイン・マードックvs.シェイン・マーサー(1/9/21)

@ジョン・ウェイン・マードックvs.シェイン・マーサー(1/9/21)
 タフなマーサーにマードックがコンスタントに凶器を叩きつけていきます。

 マーサーは不器用な受けをキャラで隠している感がありますが、
 それでも良くやるな、と感心する受けっぷり。

 火炎ダルに火炎有刺鉄線バットのスポットは飛び切りですが、
 それ以外も常に一定以上の見応えのあるシーンが続きました。

 この平均点の高さは特筆に値します。

 終盤は鉄板のトラック上からの強烈なスポットもあり。
 予想以上の内容でしたね。

 ぎりぎり好勝負。

Aブルース・サンティーvs.ジャスティン・カイル(2/27/21)
 ビッグマンがMMAと見間違うぐらいの
 切れ味鋭い打撃の牽制を放った上で、
 プロレス的な平手打ち、そして拳の打ち込み合いを見せます。

 プロレスだからと調整していない全力的なフィスト・ファイトは見応えがありましたね。

 MMAにかなり寄せた中で作り上げたプロレスなので
 試合時間2分半という設定も丁度良かったですね。

 まあまあ良い試合。

Bブランドン・カークvs.AKIRA(2/27/21)
 リングアナウンスをしようとしたケイシーを
 AKIRAがゴミ箱の蓋で殴り倒すと
 ブランドんにも相当のテンションで攻めかかります。
 
 先の試合と同じく普通は調整する所を
 ちょっとやそっとでは引かない攻めっぷりを見せます。
 足技が神がかっていて魅力的でしたね。

 ブランドんも見事な受けっぷり。
 所々でもたつきが見られるものの彼の良さが出ていました。

 デス・マッチ度は低いものの満足度は高い内容。

 好勝負に届かずも中々良い試合。

Cアレックス・オーシャンvs.SHLAK(2/28/21)
 ライアン戦以降思ったより跳ねていないオーシャン。
 この試合もヒールならSHLAK相手に
 もっと狡く立ち回るなり、ビビるなりしても良いのに、と感じますが、
 デス・マッチとして黙々と受け続け、覚悟を見せました。
 
 SHLAKは少し粗さも感じますが、
 それはこのキャラの個性の一部として
 良い印象で受けてもらえるようなパフィーマンスになっていましたね。

 最後のトラック上から火炎テーブルに落ちるフィニッシュも良かった。
 フォールという書式を気にしてフィニッシュ・ムーブにしないことが多々ある中で
 規定概念に捕らわれずこの試合のあるべき姿に収めました。

 中々良い試合。

Dニール・ダイヤモンド・カッターvs.シェイン・マーサー(2/28/21)
 ニールの入場曲の緩やかな雰囲気から、
 試合が始まるやマーサーがちぎっては投げちぎっとは投げで
 ガラスに蛍光灯にぶちかましていきます。

 やや試合運びが単調な感じも一部では受けますが、
 マーサーが体格差を活かした派手なスポットで盛り上げます。

 ニールも小柄な選手な割に
 攻めへの意識が高いのが良いですね。
 
 中々良い試合でした。
 (執筆日:2/?/21)
 

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ジョン・ウェイン・マードックvs.シェイン・マーサー(1/9/21)
Aブルース・サンティーvs.ジャスティン・カイル(2/27/21)
Bブランドン・カークvs.AKIRA(2/27/21)
Cアレックス・オーシャンvs.SHLAK(2/28/21)
Dニール・ダイヤモンド・カッターvs.シェイン・マーサー(2/28/21)