TOP日本のプロレスその他 →大日本プロレス:Best of BJW 2021

大日本プロレス:Best of BJW 2021の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@デス・マッチ・ヘビー級王座戦、2面有刺鉄線ボード+2面セルフボード・デス・マッチ:藤田ミノル(ch)vs.塚本拓海(1/2/21)
 お題目のボードは存在感、というか物として大きくリングを占めていますが、
 スピーディな攻防からボードへのバンプに入り掴みはOK。

 そこからの試合運びはやや下手にも見えるが、
 塚本がミノルのデス・マッチ・キャリアの短さを突いたと強引に見れば納得できなくもないですね。

 ミノルは有刺鉄線を自らの額に巻き付けたり、口に押し付けたりと
 普通のデス・マッチ・ファイターなら地味でやらないようなことを等身大のまま披露していきます。

 塚本も愚直に付き合って積み重ね。

 お題目が最初から見えているものだからこそ
 最後のフィニッシュも印象的でした。

 ただ過激とは程遠いので不満なファンも一定量いるはずで
 まさにミノル政権を象徴するような試合でしたね。

 ミノル政権にポジティブな印象を持つ人は楽しめただろうし、
 ネガティブな印象を持つ人からすると大きなスポットないまま最後も肩透かし、と感じるでしょう。

 中々良い試合。
 (執筆日:3/?/21)

A一騎当千公式戦、蛍光灯デス・マッチ:アブドーラ小林vs.ビオレント・ジャック(3/8/21)
 小林に髪があるというのは見慣れない光景ですね。

 小林は体が重たく動きに鈍さがあるものの
 ジャックがジャベなども使って変化させるので
 あまり動かなくても成立できて安定感のある内容になっています。

 剣山を頭に突き刺し椅子を叩きつけるシーンは衝撃。
 蛍光灯の大盤振る舞いといいこのリーグ戦の中でも
 代表的な試合になるだろうと確信させましたね。

 ただ最後のキックアウトと同時にサブミッションをかけるフィニッシュは
 個人的にしっくりこない所がありました。

 好勝負に届かずも中々良い試合。
 (執筆日:3/?/21)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@デス・マッチ・ヘビー級王座戦、2面有刺鉄線ボード+2面セルフボード・デス・マッチ:藤田ミノル(ch)vs.塚本拓海(新チャンピオン!)(1/2/21)
A一騎当千公式戦、蛍光灯デス・マッチ:アブドーラ小林vs.ビオレント・ジャック(3/8/21)