TOP日本のプロレス新日本プロレス 20年代の大会 → 新日本プロレス:Best of NJPW March 2021

新日本プロレス:Best of NJPW March 2021の分析


名勝負 NJC2回戦:ウィル・オスプレイvs.ザック・セイバーJr.(3/14/21)
好勝負 IWGPヘビー級&IC統一王座戦:飯伏幸太(ch)vs.エル・デスペラード(3/4/21)

NJC1回戦:鷹木信悟vs.オカダ・カズチカ(3/6/21)

NJC1回戦:SANADA vs.石井智宏(3/9/21)

NJC2回戦:鷹木信悟vs.後藤洋央紀(3/13/21)

@IWGPヘビー級&IC統一王座戦:飯伏幸太(ch)vs.エル・デスペラード(3/4/21)
 まずは厳然たる体格差で形成を傾けます。

 飯伏は敢えて打たせた上で蹴り倒し、
 デスペラードは耐えるも反撃に続けられない形で
 耐えをそれぞれの立場から上手く使って
 超えられない壁としての階級差を作り上げました。

 昨年のヒロム戦から判官贔屓で
 時代の後押しを受けるデスペラードなので大いに盛り上がりました。
 
 壁を超える方策として行った脚攻めも
 彼のテクニックが活きていて素晴らしかった。

 ただ個人的には純然たるベビーフェイス化させたのは勿体なく思えますね。
 勝つために何でもする要素をダークヒーロー的に
 上手く残した方がデスペラードの良さが最大限活きるのでは。

 この試合も終盤の攻め手が少し足りず、
 それがあればより膨らんだ印象がありました。

 ぎりぎり好勝負。

 また、これにて飯伏が公言していた二冠王座が統合ですが、
 このストーリーももう少し引っ張りたかったですね。

ANJC1回戦:鷹木信悟vs.オカダ・カズチカ(3/6/21)
 軽妙にテンポに乗りつつ、切るべき所は切って
 昨年の試合を踏まえた鬩ぎ合いを見せます。

 鷹木の緩急は素晴らしいですね。
 オカダは合わせた試合運びですが、やや見劣り。
 昨年に比べると少し表面的な印象があります。

 ポイントに得意技を置いて適切に足し算。
 鷹木がレインメーカー・ポーズをパクる等面白い見せ場も見られますが、
 オカダのマニー・クリップに多層的な意味合いを持たせる等
 有機的に繋げていく工夫も欲しかった。

 素晴らしい試合ですが、昨年が凄すぎたので印象は弱い。

 ぎりぎり好勝負。

BNJC1回戦:ザック・セイバーJr. vs.ゲイブリエル・キッド(3/7/21)
 セイバーの軽妙なレスリング
 ゲイブリエルもその中で出来ることを果敢に。腕狙いもあり良い形。

 ただ海外レスラー同士でこれをやるときに
 余りリアクションを得られないのが常。

 セイバーの執拗さ、ゲイブリエルのパワーが出て
 試合の流れもありつつ柔軟に攻防を織り交ぜていて、
 良い内容だったのでこれでゲイブリエルのポジションが少しでも上がれば良いですね。

 好勝負に届かずも中々良い試合。

CNJC1回戦:SANADA vs.石井智宏(3/9/21)
 フェイント込みで2人のリズムができていますね。

 石井の耐えに対しSANADAは一発で倒れることを選択。
 受けに回りつつ
 自分の技を自信持った配置を見せれていますね。

 石井の土俵にのらずその選択がどう出るか。

 石井は根性ファイトに持ち込めずとも冷静に対処。

 ダウンする時間を適切にかませなから
 ドラゴンスリーパーの重ね崖など韻踏みして積み重ねていきました。

 前半避けていたエルボーの打ち合いでギアを入れてます。
 SANADAのカウンターテクが冴えて見応えのあるクライマックスでした。

 ぎりぎり好勝負。

DNJC2回戦:鷹木信悟vs.後藤洋央紀(3/13/21)
 かわしあいで通常終える所を
 次のステップに移行し、予想以上の加速度的展開。

 鷹木はハイ・テンションと同時に言葉がけを上手く使っています。

 後藤は似たスタイルの中で
 鷹木に食われることなく自分の良さを押し出し、
 それぞれのリアクションで相互に乗っていく好循環。

 鷹木が細かく攻防を均衡状態に調整しているのが上手いし、
 そこに後藤の能動性があるからここまで面白くなった。

 想像以上の内容です。

 文句なしに好勝負。

ENJC2回戦:ウィル・オスプレイvs.ザック・セイバーJr.(3/14/21)
 オスプレイがジョンウーにプランチャで速攻の仕掛け。
 目まぐるしい攻防の中でセイバーは
 どんな状態からでもサブミッションに持ち込める。
 両者の技量が最高に活かされていますね。

 中盤に移ってもカバーをカウント1で返したり
 速攻スタートの緊張感が維持されています。

 技のハードさが受け身で更にスケール・アップし、
 オスプレイがヒール・タッチで煽りを加え、
 セイバーは執拗な腕攻めで技術展を追求する。

 個と個のベストの競い合い。
 感情も結びついていて攻守双方が輝きます。

 最後までスケール感が尻すぼみせず
 余りのハードさに鼻血が飛び散っても
 動きが崩れてもエネルギッシュに押し切れる、
 それだけ全力を尽くした一戦です。

 MOTY候補。
 ぎりぎり名勝負です。
 (執筆日:3/?/21)


 

注目試合の詳細

なし

試合結果

@IWGPヘビー級&IC統一王座戦:飯伏幸太(ch)vs.エル・デスペラード(3/4/21)
ANJC1回戦:鷹木信悟vs.オカダ・カズチカ(3/6/21)
BNJC1回戦:ザック・セイバーJr. vs.ゲイブリエル・キッド(3/7/21)
CNJC1回戦:SANADA vs.石井智宏(3/9/21)
DNJC2回戦:鷹木信悟vs.後藤洋央紀(3/13/21)
ENJC2回戦:ウィル・オスプレイvs.ザック・セイバーJr.(3/14/21)