TOPアメリカン・プロレスWWE TV Matches →WWE:TV Matches Best of NXT 2017 part.2

WWE:TV Matches Best of NXT 2017 part.2の分析


名勝負 なし
好勝負 女子王座戦:アスカ(ch)vs.エンバー・ムーン(Takeover:Brooklyn III 8/19/17)

@女子王座戦、ラスト・ウーマン・スタンディング:アスカ(ch)vs.ニッキー・クロス(6/28/17)
 クロスの粗野なキャラと
 アスカの連戦連勝キャラの華がベスト・マッチ。
 ゴミ箱から始まりハードコア要素を絡めて
 ラスト・ウーマン・スタンディングの様式に
 上手く落とし込んでいるのは良いですね。
 ただ女性ゆえの迫力が劣る点は否めない。
 構築の上手さに比例する盛り上がりを得られていないように思います。
 その点でステージから飛んでのアタックを
 得意技とはいえヒップ・アタックにしたのは駄目に思える。
 とはいえ最後はラダー上から実況席へのスーパープレックス、
 というこの試合の中で頂点に位置すべきスポットで締めているし、
 かなり良い内容だったと言えるでしょうか。
 好勝負に少し届かず。

Aアンドレード・アルマスvs.ジョニー・ガルガーノ(Takeover:Brooklyn III 8/19/17)
 ソンブラ改めアルマスがリード・ライン。
 ガルガーノは受けつつ
 ポイントをしっかり見定め細かな調整を加えます。
 そうすると後半にかけて増していく攻防がぴたりとはまっていきます。
 オープニングとして決して過剰にならないよう抑えていますが、
 上質で味わい深い内容でショーをスティールしうるレベル。
 好勝負に少し届かず。

B女子王座戦:アスカ(ch)vs.エンバー・ムーン(Takeover:Brooklyn III 8/19/17)
 鋭い動きができるエンバーのムーブをしっかり受け止めた上で
 アスカが王者らしくコントロール。
 環境を上手く使っていますね。
 エンバーもアーム・バーを持ち上げてスープレックスを決める等
 身体能力の高さを見せつけ
 無敗の王者を倒しうるものとして存在感を見せました。
 お互いが乗って攻防がはまっているので
 アスカのヒップ・アタックも不意を突いた技として成立している。
 エンバーが腕のセルを忘れず最後まで貫いたことも
 攻防に深みを与え、飛び切りの試合となりました。
 文句なしに好勝負。
 (執筆日:9/?/17)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@女子王座戦、ラスト・ウーマン・スタンディング:アスカ(ch)vs.ニッキー・クロス(6/28/17)
Aアンドレード・アルマスvs.ジョニー・ガルガーノ(Takeover:Brooklyn III 8/19/17)
B女子王座戦:アスカ(ch)vs.エンバー・ムーン(Takeover:Brooklyn III 8/19/17)