TOPアメリカン・プロレスROHROH その他 →ROH:ROH on SGB part.4

ROH:ROH on SGB part.4の分析


名勝負 ROH王座戦、30分アイアン・マン・マッチ:ジェイ・リーサル(ch)vs.ジョナサン・グレシャム(TV 9/12/18)
好勝負 ジョナサン・グレシャム、ジェイ・ホワイト、モーター・シティ・マシンガンズ(アレックス・シェリー、クリス・セイビン)vs.ヤング・バックス、タマ・トンガ、タンガ・ロア(9/10/17)

バレット・クラブ(ヤング・バックス、アダム・ペイジ、マーティ・スクール)vs.マット・テイヴェン、ヴィニー・マルセグリア、キラー・エリート・スクアッド(6/15/18)

ヤング・バックス、アダム・ペイジvs.ブリスコ・ブラザーズ、パニッシュメント・マルチネス(6/27/18)

@ジョナサン・グレシャム、ジェイ・ホワイト、モーター・シティ・マシンガンズ(アレックス・シェリー、クリス・セイビン)vs.ヤング・バックス、タマ・トンガ、タンガ・ロア(9/10/17)
 決して試合時間は長く取られていないものの
 だからこそゴングが鳴るなりストーリーを作って
 その中でどんどんスポットをのせていく。
 ヤング・バックスがやはり超一流でトップ・リード。
 またタッグ力とは別のベクトルで貢献していたのはホワイト。
 非常にエネルギッシュなのは彼の特徴ですが、
 この前見たときよりも動きにちゃんと芯ができて来ていました。
 充実した内容でしたね。
 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:10/?/17)

Aバレット・クラブ(ヤング・バックス、アダム・ペイジ、マーティ・スクール)vs.マット・テイヴェン、ヴィニー・マルセグリア、キラー・エリート・スクアッド(6/15/18)
 控えが入っての乱戦からダイブ・スポット。
 BCが相手を孤立させると観客を盛り上げていきます。
 BCが鉄板なのは実績があるから驚きませんが、
 KD側も良い孤立の見せ方、連携技の披露で
 十分に張るものを見せていたのには驚きました。
 多人数タッグならではの素晴らしい試合運びです。
 後半も控えの動きが良く、リングの状況と連動していましたね。
 バックスのリードタイムに他もついていき、
 KDもそれぞれ持ち味を出していました。
 ぎりぎり好勝負。

Bヤング・バックス、アダム・ペイジvs.ブリスコ・ブラザーズ、パニッシュメント・マルチネス(6/27/18)
 BITWの前哨戦。
 まずはYバックスの独壇場。
 ペイジもエプロンからSSPを放ったりとアシストできています。
 反撃としてマルチネスがアトミコ。
 ブリスコズはマルチネスの役回りを考えつつ
 自分もブロウラー・スタイルで試合運び。
 峠を越えている中、Yバックスと対抗しなかったのは良し。
 ニックがテーブル葬を食らった後CM。
 CMあけると当然にニックの孤立。
 適切に見せ場を作った後の終盤は
 同時サブミッションなどタッグの形を幾つも作り上げ、
 BITWの試合への期待感を高めることにも成功しています。
 ドゥームス・デイ・デバイスを着地、
 椅子を投げつけて妨害等
 派手なスポットがありTVとは思えない充実の内容でした。
 何度もこれで決まった、と思わせるニア・フォールがありましたね。
 文句なしに好勝負。
 (執筆日:7/?/18)

CROH王座戦、30分アイアン・マン・マッチ:ジェイ・リーサル(ch)vs.ジョナサン・グレシャム(TV 9/12/18)
 まずはヘッドロックアームロック。
 やることは明らかな中で、どう見せてくるかで期待感を作り出している。
 演舞でスピードを増してもその切り返しの複雑性は落とさない。
 テクニカル性が犠牲になっていないのが見事です。
 先に主導権を掴んだのはリーサル。
 技の組み合わせは見事で試合運びもスムーズ。
 グレシャムのダメージ設定も適切です。
 グレシャムは似通った動きから反撃、
 腕狙いの布石も端的に打っていて上手い。
 場外でも腕を攻めることで執拗さを強調しています。
 終盤への突入シーンでもロックを離さない中での
 打撃を打ち合ったりして気持ちの表現、消耗度の調整を同時に成立させている。
 シーンが変わっても二人だけの攻防であり続ける。
 グレシャムが卍で見事な一本を取った後、
 即座にリーサルが4の字で取り返しましたが、
 あまり時間がないとはいえ、もう少し0-1シチュエーションを楽しみたかったところ。
 ここぐらいですね、不満なのは。
 5分サドンデスもフラッシュバックを使いながら攻防作り。
 リーサル・インジェクションで締めるべき状況でしたが、
 変則リーサル・インジェクションの決め方には驚いた。
 そこからすぱっと最後をまとめて、天晴れ。
 お見事な試合です。
 最高に美しい試合でした。
 This is ROH!
 ぎりぎり名勝負。
 (執筆日:9/?/18)

注目試合の詳細

なし

試合結果


@ジョナサン・グレシャム、ジェイ・ホワイト、モーター・シティ・マシンガンズ(アレックス・シェリー、クリス・セイビン)vs.ヤング・バックス、タマ・トンガ、タンガ・ロア(9/10/17)
Aバレット・クラブ(ヤング・バックス、アダム・ペイジ、マーティ・スクール)vs.マット・テイヴェン、ヴィニー・マルセグリア、キラー・エリート・スクアッド(6/15/18)
Bヤング・バックス、アダム・ペイジvs.ブリスコ・ブラザーズ、パニッシュメント・マルチネス(6/27/18)
CROH王座戦、30分アイアン・マン・マッチ:ジェイ・リーサル(ch)vs.ジョナサン・グレシャム(1-1→5分サドンデス→2-1)(TV 9/12/18)