TOPアメリカン・プロレスどインディー →GCW:GCW in Japan 2020

GCW:GCW in Japan 2020の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@マシュー・ジャスティスvs.シュラック(2/3/20)
 マシューの速攻スピアーにジュラックもエクスプロイダー。 
 ノー・セルのガツガツとした攻めあいになっています。

 椅子をやたらぶつけ合ったり、
 観客席の目の前で戦うので
 他と違った暴れっぷりが堪能できたのではないでしょうか。

 シュラックの定番、ビニール袋が見れたのも良かった。
 ただ定番だからこそ、これで決まっちゃうの?感もありましたね。

 まあまあ良い試合。

Aアレックス・コロンvs.ビオレント・ジャック(2/3/20)
 ジャック優勢のバランス組む中で
 コロンは連続トペなどアピールできるムーブを上手く利かせている。

 ジャックが少しムラがあって
 立ち塞がる壁として中途半端でしたが、
 コロンが良い仕事をして引っ張りました。

 平均より少し上。

Bマット・トレモント、ダニー・ハヴォック、木高イサミvs.ジミー・ロイド、ドリュー・パーカー、佐久田俊行(2/3/20)
 凶器を一つ一つ行い、
 ポイントにはトリオっぽいことをアクセントで。
 アンダーカードとして
 それ以上のものは狙っていない内容でしたね。

 佐久田がエンタメ意識で頭一つ抜けていたか。

 平均レベル。

C竹田誠志vs.オライン・ヴェイト(2/3/20)
 蛍光灯で定番の形を踏まえながらのスタート。
 ヴェイトの調子が良くなく、
 思ったようにギアがかかりませんね。

 騙し騙しやっていましたが、
 カミソリボードへのスラムの当たり所が悪く、
 竹田側が続行不能になり不完全燃焼で終了。

 特別なカードでしたが、再戦に持ち越しですね。

 平均レベル。

Dダニー・ハヴォック、アレックス・コロンvs.木高イサミ、佐久田俊行(2/4/20)
 コロンは日本人好みな見せ方が分かっている。

 佐久田は様々な技を試して愉しませてくれる。

 木高は元々癖も強くないので
 こういう日米対決も問題なく行えていますね。

 ハヴォックはコンディションこそ落ちてきています。
 ただ当時は感じませんでしたが、
 今の世代と比べると体大きいんですね。
 その存在感だけで多少のことはカバーできます。

 しっかり通常タッグ的見せ場的も織り込まれているのはポイント。

 平均的な良試合。

Eマット・トレモントvs.伊東竜二(2/4/20)
 下手な演武はせずに真っ向からの受け合い。

 トレモントが良く観客を見た試合運びを見せましたね。
 受けも道化が半分入っていますが良い感じです。

 伊東もベテランとして間違いない働き。

 王座戦クラスのスポットこそないですが、
 メインとしてしっかり中身のある内容に仕上げました。

 中々良い試合。
 (執筆日:3/?/20)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@マシュー・ジャスティスvs.シュラック(2/3/20)
Aアレックス・コロンvs.ビオレント・ジャック(2/3/20)
Bマット・トレモント、ダニー・ハヴォック、木高イサミvs.ジミー・ロイド、ドリュー・パーカー、佐久田俊行(2/3/20)
C竹田誠志vs.オライン・ヴェイト(2/3/20)
Dダニー・ハヴォック、アレックス・コロンvs.木高イサミ、佐久田俊行(2/4/20)
Eマット・トレモントvs.伊東竜二(2/4/20)