TOPアメリカン・プロレスどインディー →GCW:Best of GCW 2019 part.2

GCW:Best of GCW 2019 part.2の分析


名勝負 なし
好勝負 スクランブル・マッチ:ジャングル・ボーイvs.Aキッドvs.オーストラリアン・スーサイドvs.ジェイク・アトラスvs.シェイン・マーサーvs.スリムJ(4/5/19)

@スクランブル・マッチ:ジャングル・ボーイvs.Aキッドvs.オーストラリアン・スーサイドvs.ジェイク・アトラスvs.シェイン・マーサーvs.スリムJ(4/5/19)
 アトラス良いですね。
 ブレイクするレスラーならではの輝きがあり、
 その勢い、見栄えのするムーブは必見。
 Aキッドに匹敵する逸材の予感で
 是非この2人のシングルを見たいと思わせましたね。
 他にもマーサーが良かったですね。
 ボディ・リフトしながら向かってくる相手を倒したり、
 ロープ渡りからDVD、とネタで一言では済ませるには
 面白すぎるムーブを見せてくれました。
 プッシュ中のジャングル・ボーイも良かったし、
 2019年を振り返った時にこの中のメンバーが新人賞候補に名を連ねてもおかしくない。
 ぎりぎり好勝負。

Aインビジブル・マンvs.インビジブル・マン(4/5/19)
 ジャネラがアメリカに輸入した透明人間ですが、
 遂に両者とも透明人間の対決が実現。
 つまるところレフェリーのブライス・レンズバーグが演者となる訳ですね。
 館内実況がある訳でもないので、
 ブライスは大仰な動きでアクションが想像できなくても
 なんとなく楽しめるように配慮をしています。
 やや混迷を極めながらも終盤は
 バルコニー・ダイブとコーナー・テーブルという
 ビッグ・スポットを用意した為観客全員が同じ絵図を見て〆。
 楽しいファン・マッチでした。
 まあまあ良い試合。

Bエニシング・ゴーズ:竹田誠志vs.ジミー・ロイド(4/5/19)
 蛍光灯にガセット・プレートで始めるも
 早々にロイドが尋常ではない流血に。
 それにより明らかに巻きが入って
 試合時間9分という結果になったように思えますが、
 かえってダラけるシーンなし、
 ハイ・テンポなニア・フォール合戦になって良かった。
 用意していた各種ボードを省かず、
 しっかり受け続けたロイドには拍手。
 一方で試合としては竹田がもう少し受けて
 一進一退してくれると面白くなりました。
 好勝負に届かずも中々良い試合。

C大谷晋二郎vs.ジョナサン・グレシャム(4/6/19)
 今のグレシャムの躍進は
 大谷にとって誇らしいものでしょうね。
 今このカードを組んでくれて嬉しい限りです。
 しかしながら試合時間がわずか8分。
 大谷のパワフルなムーブはインパクトあるし、
 グレシャムのテクニックも堪能できますが、
 如何せん体格差、格差がそのまま出たような形。
 Zero-One時代にこの内容ならまだしも、
 今やる内容ではないでしょう。
 まあまあ良い試合。

D1分アイアン・マン・マッチ:トレントvs.チャック・テイラー(4/6/19)
 60分でも30分でもなく1分。
 最初のロックアップまでに
 準備運動や挑発合戦で1分ぐらい普通に経過するよね、という
 あるあるネタをやりたかった、という試合。
 (執筆日:4/?/19)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@スクランブル・マッチ:ジャングル・ボーイvs.Aキッドvs.オーストラリアン・スーサイドvs.ジェイク・アトラスvs.シェイン・マーサーvs.スリムJ(4/5/19)
Aインビジブル・マンvs.インビジブル・マン(4/5/19)
Bエニシング・ゴーズ:竹田誠志vs.ジミー・ロイド(4/5/19)
C大谷晋二郎vs.ジョナサン・グレシャム(4/6/19)
D1分アイアン・マン・マッチ:トレントvs.チャック・テイラー(1分時間切れ⇒5秒延長)(4/6/19)