TOPアメリカン・プロレスどインディー →GCW:Tournament of Survival 3 6/2/18

GCW:Tournament of Survival 3 6/2/18の分析


名勝負 なし
好勝負 ToS1回戦:シクロペvs.アレックス・コロン

ジョーイ・ジャネラvs.PCO

@ToS1回戦:ニック・ゲイジvs.植木嵩行
AToS1回戦:ミエド・エクストリーモvs.エリック・ライアン

BToS1回戦:マーカス・クレインvs.SHLAK
 ファンの支持も目に見えて増えてきたSHLAK。
 今のデス・マッチ界では規格外の動きを見せます。
 クレインも蛍光灯越しに蹴りつけると
 脚への部位攻めで対抗していきます。
 これは良い筋ですね。
 もう少し緻密であればと思いますが、
 脚攻めといっても全て凶器を絡ませているので
 常に一定のインパクトがあります。
 SHLAKも負けじと袋をかぶせてのジャーマンなど
 豪快な技で対抗し盛り上がりました。
 ただ最後どうなるか観客の注目が集まったところで
 クレインが脚への椅子連打で
 レフェリー・ストップという結末にはブーイングが起きるのも当然。
 その決定を下したレフェリーにSHLAKがラリアットを放ち、
 クレインがカウントを数えて3カウントとなっても
 決してマイナスがプラスには覆りません。
 好勝負に届かずも中々良い試合。

CToS1回戦:シクロペvs.アレックス・コロン
 複数本の蛍光灯を絡めて
 技を決めていくので派手ですね。
 試合運びも卒が無くグダつくこともありません。
 戦場も適切に移っていますね。
 蛍光灯自体はこれまで良く使われてきたネタですが、
 この試合を異常にしているのは
 顔付近での破裂がやたら多いからでしょう。
 コロンがそのために大流血しましたが、
 休むことなく蛍光灯の束、櫓と
 蛍光灯ネタをグレード・アップさせながら
 驚異的なパフォーマンスを見せてくれました。
 文句なしに好勝負。

DToS準決勝:ミエド・エクストリーモvs.マーカス・クレイン
EToS準決勝:シクロペvs.ニック・ゲイジ

Fジョーイ・ジャネラvs.PCO
 まさかの再ブレイクを果たしたPCO。
 衰え以上に体格の良さを感じさせる打撃を盛り上げると
 ジャネラを観客席上段に連れて行き
 下段に向けてフォール・アウェイ・スラム。
 すると観客が受けとめてロックのダイブの形に。
 これは面白かったですね。
 普通には敵わないと見たジャネラは
 PCOが取り出した椅子、ドアを利用することに。
 ドアをPCOの頭に叩きつけ、はまる形になるのですが、
 これをPCOが平然と耐え切るとはまったドアを叩き割って
 その勢いそのままにコーナーのドアへのスポットを2発。
 これは格好良すぎましたね。
 今年の名場面候補です。
 最後までビッグ・スポットをぶつけあって
 PCOが有名デス・マッチ・トーナメントを
 トーナメント外からスティールするという偉業を達成しました。
 まさに時の人ですね。
 ぎりぎり好勝負。
 
GToS決勝:シクロペvs.ミエド・エクストリーモ
 タッグ・パートナー対決とあって
 握手しハグしてからスタート。
 3戦目とあって気合を象徴するムーブを行いつつも
 少し倦怠感があるのは仕方ないか。
 座ってのヘッド・バッドの打ち合いも
 それを代名詞とするデス・マッチ・ファイターに比べると見劣りする。
 それでもスポットを決して水で薄めず
 一定の濃度を保って行っているのは評価に値する。
 画鋲のついたプレートや電動鋸も衝撃的でしたね。
 密度、右肩上がりの盛り上げから
 これは決勝らしい好勝負かと思いましたが、クライマックスが惜しいですね。
 リングのマットを剥ぎ、板を剥いで
 スパイダー・ネットにして落下スポット。
 これをやるためには相当の準備時間、段取りがかかるために
 それまでと異なり密度が薄まり、
 もたついた印象を受けてしまいました。
 フィニッシャーもここまでしたスパイダー・ネットのスポットではなく
 追い討ちの蛍光灯櫓を置いてのフロッグ・スプラッシュですし、
 最後のフィニッシュのブックがすっきりすれば、と惜しまれる。
 好勝負に少し届かず。

 (執筆日:6/?/18)
Rating:★★★★★

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ToS1回戦:ニック・ゲイジvs.植木嵩行
AToS1回戦:ミエド・エクストリーモvs.エリック・ライアン
BToS1回戦:マーカス・クレインvs.SHLAK
CToS1回戦:シクロペvs.アレックス・コロン
DToS準決勝:ミエド・エクストリーモvs.マーカス・クレイン
EToS準決勝:シクロペvs.ニック・ゲイジ
Fジョーイ・ジャネラvs.PCO
GToS決勝:シクロペ(優勝!)vs.ミエド・エクストリーモ