TOPアメリカン・プロレスどインディー →GCW:Zandig’s The Tournament of Survival 6/5/16

GCW:Zandig’s The Tournament of Survival 6/5/16の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@1回戦、ノー・ロープ・バーブド・ワイヤー:Masada vs.ブライアント・ウッズ
A1回戦、1,000サムタックス:スコット・サマーズvs.ジョーカー
B1回戦、ファンズ・ブリング・ザ・ウェポンズ:ヴァイキングvs.ジョン・ウェイン・マードック
C1回戦、ライト・チューブ・ログ・キャビンズ:ダニー・ハヴォックvs.マーカス・クレイン

D準決勝、ペインズ・オブ・グラス:ザンディグvs.Masada
 怪我で戦闘不能になったサマーズに代わり
 主催者のザンディグがまさかの出場。
 好カード実現ですが、瞬殺で終わってしまいました。

E準決勝、ペインズ・オブ・グラス&ベッド・オブ・ネイルズ:ダニー・ハヴォックvs.ヴァイキング

Fペインズ・オブ・グラス&バーブド・ワイヤー・ボーズ:ザンディグvs.ジョーイ・ジャネラ
 ジャネラの小賢しいヒールっぷりは未熟だし、
 ザンディグも45歳とあって相手の受け身や
 スペース・ローリング・エルボーといった賑やかし頼み。
 ただ驚きは最後のフィニッシュ。
 ザンディグvs.モンドの再現とでもいうべき
 倉庫の屋根からトラックにのせられた
 火炎有刺鉄線&蛍光灯テーブルへの道連れスラム。
 ザンディグvs.モンドのそれとは本質的な部分で紛い物でしかなく、
 平均レベルだが、これをやってのけた2人の気概には天晴。
 (執筆日:12/?/15)

 ザンディグはこの一戦で決勝に出られなくなる。

G決勝、666ライト・チューブス・デス・マッチ:ダニー・ハヴォックvs.ブライアン・ウッズvs.マーカス・クレインvs.ジョン・ウェイン・マードック
 1対1を同時進行で行う形を取っていますが、
 場外戦の方もカメラがしっかり捉え、
 そして撮られる方も場外だからと気を抜かないので
 密度の高いハードコア・マッチが展開されています。
 200本以上の蛍光灯デス・マッチと聞いて
 期待するものがしっかりあります。
 最後まで誰も気を抜かず体を張り続けました。
 中々良い試合。
 (執筆日:6/?/17)
DVD Rating:★☆☆☆☆

注目試合の詳細

なし

試合結果

@1回戦、ノー・ロープ・バーブド・ワイヤー:Masada vs.ブライアント・ウッズ
A1回戦、1,000サムタックス:スコット・サマーズvs.ジョーカー
B1回戦、ファンズ・ブリング・ザ・ウェポンズ:ヴァイキングvs.ジョン・ウェイン・マードック
C1回戦、ライト・チューブ・ログ・キャビンズ:ダニー・ハヴォックvs.マーカス・クレイン
D準決勝、ペインズ・オブ・グラス:ザンディグvs.Masada
E準決勝、ペインズ・オブ・グラス&ベッド・オブ・ネイルズ:ダニー・ハヴォックvs.ヴァイキング
Fペインズ・オブ・グラス&バーブド・ワイヤー・ボーズ:ザンディグvs.ジョーイ・ジャネラ
G決勝、666ライト・チューブス・デス・マッチ:ダニー・ハヴォックvs.ブライアン・ウッズvs.マーカス・クレインvs.ジョン・ウェイン・マードック