TOPアメリカン・プロレスどインディー →GCW:Nick Gage Invitational Ultraviolent Tournament 9/15/15

GCW:Nick Gage Invitational Ultraviolent Tournament 9/15/15の分析


名勝負 1回戦、ペインズ・オブ・グラス&シンダ―・ブロックス):Masada vs.コーポラル・ロビンソン
好勝負 なし

@1回戦:ネイト・ヘイトリッドvs.ルイス・ラモス
A1回戦:ジェフ・キャノンボールvs.カイル・ザ・ビースト
B1回戦:ダニー・ハヴォックvs.マット・トレモント

C1回戦、ペインズ・オブ・グラス&シンダ―・ブロックス):Masada vs.コーポラル・ロビンソン
 聞いたことのないインディーながら
 ゲイジが主催しているだけあって観客の客質は悪くないですね。
 狂気を使わない前座的攻防も許容している。
 まずはコープとMASADAが拳を顔に打ち合い。
 デス・マッチ・ファイターである前に
 男と男、拳で語り合って見せます。
 それをコープがロートルではない、
 まだいける、と気概を示した上で行うのだからたまらないですね。
 続いて最初のグラス・スポットですが、これが半端ない。
 MASADAの背中にグラスをのっけると
 ブロックを投げ落として割って見せます。
 その後もコープが旧友ローリン・ハードの火炎チョップを放ったり、
 火炎ガラス葬が決まったりと強烈なスポットの連発。
 相互のリスペクトと共に、
 泥臭く叙情の乗った戦いを繰り広げました。
 このレベルのIWA-MS流デス・マッチが
 再び観られるとは思ってなかった。
 ぎりぎり名勝負。
 (執筆日:12/?/15)

Dジョーイ・ジャネラvs.アルカディアvs.ドリュー・ブラッドvs.ジョー・ゲイシー
E準決勝:ダニー・ハヴォックvs.ジェフ・キャノンボール

F準決勝:Masada vs.ネイト・ヘイトリッド
 1回戦の傷口を活かして早々に流血。
 サブミッションによって休みつつではありますが、
 大男2人がダラダラと血を流し合う光景は凄まじいものがあります。
 ハイトリッドも衰えてきていますが、
 時折見せる狂気の表情は魅惑的でした。
 場外戦も会場の外までもつれこみ迫力がある一方
 試合時間の設定等迫力と反する仕掛けもあり、
 少し勿体無かった。
 まあまあ良い試合。
 
G決勝:Masada vs.ダニー・ハヴォック
 レスリングでノー・ロープ環境を見せ、
 場外戦に移る展開は決勝としての丁寧さかと思いましたが、
 全然ハイ・スポットが出てこないところを見ると
 ダメージ上苦渋の構成だったか。
 最後の有刺鉄線上で固めてフォールを狙い、
 ブリッジでカウント3に至るというフィニッシュも
 決勝云々の前にデス・マッチとして余りに迫力がなさ過ぎます。
 微妙な試合でしたが、
 1回戦はデス・マッチ史に残る試合だけに許される。
 少し悪い試合。
 (執筆日:6/?/17)

DVD Rating:★★★☆☆

注目試合の詳細

なし

試合結果

@1回戦:ネイト・ヘイトリッドvs.ルイス・ラモス
A1回戦:ジェフ・キャノンボールvs.カイル・ザ・ビースト
B1回戦:ダニー・ハヴォックvs.マット・トレモント
C1回戦、ペインズ・オブ・グラス&シンダ―・ブロックス):Masada vs.コーポラル・ロビンソン
Dジョーイ・ジャネラvs.アルカディアvs.ドリュー・ブラッドvs.ジョー・ゲイシー
E準決勝:ダニー・ハヴォックvs.ジェフ・キャノンボール
F準決勝:Masada vs.ネイト・ヘイトリッド
G決勝:Masada(優勝!) vs.ダニー・ハヴォック