TOPアメリカン・プロレスどインディー →Beyond Wrestling:Best of Beyond Wrestling 2019

Beyond Wrestling:Best of Beyond Wrestling 2019の分析


名勝負 なし
好勝負 ジョーイ・ジャネラvs.クリス・スタットランダー(6/12/19)

クリス・スタットランダーvs.ニック・ゲイジ(10/3/19)

@インディペンデント・レスリング王座戦、ノーDQ:クリス・スタットランダー(ch)vs.オレンジ・キャシディーvs.キンバー・リー(6/9/19)
 まずはオレンジの独壇場。
 クリスがハンド・パワーまがいなことまでして
 コメディーに寄ってしまったのは王者としてどうかと思いますね。

 中盤3ウェイとして適度に繋げて試合を回しているものの
 前回のシングルと比べると3ウェイになったことで
 個性の試合への反映が弱くなってしまったことは否めない。

 それでも終盤はブックの演出のサポートもあり、
 少しクオリティを伸ばせましたね。
 平均的な良試合。

Aジョーイ・ジャネラvs.クリス・スタットランダー(6/12/19)
 男女対決になるので
 ジャネラがキャラを遺憾なく発揮してファンに仕上げてくるのかと思いきや
 中々どうして真面目な攻防。

 ジャネラのキャラは最小限に、
 スタットランダーのスキルは最大限に、
 攻防の妙で上手く魅了している。

 双方の才覚が遺憾なく発揮され
 終盤も丁寧に意味ある戦い。
 エプロン技やハードコアなドア・スポットまで
 激化して全然違和感が無いし、
 スタットランダーの攻めに説得力の弱さを感じることもなかった。

 男女の壁をまったく出さないことで
 どこにもない男女対決として際立たせた異例の27分試合。
 天晴れです。

 ぎりぎり好勝負。

Bクリス・スタットランダーvs.ニック・ゲイジ(10/3/19)
 入場してきたゲイジにクリスが殴りかかりラフ・ファイトでスタート。
 クリスは男女対決だけでなくハードコアもOKなので、
 攻守の入れ替えに全てハイ・スポットを用意することができています。

 そして予立てた椅子へのブレーン・バスターなど
 クリスが驚異的な受身で予想を超えてきます。

 ゲイジのフェイス・ウォッシュを叩き込めば
 クリスもビッグ・ブーツで蹴り飛ばしたりと
 真っ向から攻めあう中でクリスの感情も載ってきて素晴らしい試合となりました。
 最後少しクリスが乱れるも勝敗の決め手としてプロレス上も受け入れることができる。

 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:9/?/19)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@インディペンデント・レスリング王座戦、ノーDQ:クリス・スタットランダー(ch)vs.オレンジ・キャシディー(新チャンピオン!)vs.キンバー・リー(6/9/19)
Aジョーイ・ジャネラvs.クリス・スタットランダー(6/12/19)
Bクリス・スタットランダーvs.ニック・ゲイジ(10/3/19)