TOPアメリカン・プロレスどインディー →Beyond Wrestling:Aericana 7/30/17

Beyond Wrestling:Aericana 7/30/17の分析


名勝負 なし
好勝負 デイヴィッド・スターvs.ドノヴァン・ダイジャック

@チームPAWG(ジョダイン・グレース、ルフィスト)vs.ドゥーム・パトロール(クリス・ディキンソン、ジャカ)
Aジョナサン・グレシャムvs.ブライアン・ケイジ
Bジョン・シルヴァーvs.JTダン
CTLCマッチ:チャック・テイラーvs.スウォグル
DEYFBO(エンジェル・オーティズ、マイク・ドラズティック)vs.ルチャ・ブラザーズ(レイ・フェニックス、ペンタ・エルM0)

Eデイヴィッド・スターvs.ドノヴァン・ダイジャック
 撹乱・かわし合いからスターが脚蹴り。
 それを嫌ってダイジャックががGTS。
 これは早急すぎるきらいがありますね。
 ダイジャックは大柄な割りに
 少し食らっただけで重めにセルしてしまうんですよね。
 ただセル自体は良い。
 脚がついていかない打撃にしているので、
 スターがかわせる理由になり、
 スターの変態的工夫が冴え渡ります。
 雪崩式ジャーマンを着地してのGTS後クライマックスへ。
 ダイジャックの脚のセルが上手く生かされていますね。
 クライマックスは少し歪。
 この体格差なのに気合で耐えあうのは絵にならないし、
 最後のマイクによる挑発を入れての展開付けも必要かは疑問です。
 それでもお互いのポテンシャルが最大まで発揮された
 素晴らしい試合であったことに疑問はありません。
 ぎりぎり好勝負。
 
F六本木ヴァイス(バレッタ、ロッキー・ロメロ)vs.ダ・ヒット・スクアッド(ダン・マスチフ、モンスタ・マック)

Gジョーイ・ジャネラvs.マット・リドル
 リドルのような天性のスター性、身体能力を前にすると
 ジャネラが小さな世界のスターかを
 嫌がおうにも思い知らせられる結果に。
 ジャネラのトペからの反撃も見せ方弱いですね。
 ただ意外に良い試合なのは攻守の切り替える展開が良いから。
 リドルも気持ちよく攻め立てれているし
 そこはジャネラの受け根性を評価したい。
 ビッグ・イベントAmericanaのメインらしく
 迫力あるスポットも多く終盤は見応えがありました。
 好勝負に少し届かず。

 (執筆日:9/?/17)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@チームPAWG(ジョダイン・グレース、ルフィスト)vs.ドゥーム・パトロール(クリス・ディキンソン、ジャカ)
Aジョナサン・グレシャムvs.ブライアン・ケイジ
Bジョン・シルヴァーvs.JTダン
CTLCマッチ:チャック・テイラーvs.スウォグル
DEYFBO(エンジェル・オーティズ、マイク・ドラズティック)vs.ルチャ・ブラザーズ(レイ・フェニックス、ペンタ・エルM0)
Eデイヴィッド・スターvs.ドノヴァン・ダイジャック
F六本木ヴァイス(バレッタ、ロッキー・ロメロ)vs.ダ・ヒット・スクアッド(ダン・マスチフ、モンスタ・マック)
Gジョーイ・ジャネラvs.マット・リドル