TOPアメリカン・プロレスどインディー →Beyond Wrestling:State of the Art 2/28/16

Beyond Wrestling:State of the Art 2/28/16の分析


名勝負 なし
好勝負 ジョナサン・グレシャムvs.クリス・ヒーロー

@ダ・ヒット・スクアッドvs.チーム・トリメンダス
Aシンロンvs.スマイリー
Bヴェーダ・スコットvs.ジョルダン・グレイス
Cグラヴィティ王座戦:コーベ・ダスト(ch)vs.スペース・モンキー
Dシュガー・ダンカートンvs.イーサン・ペイジ
Eブライアン・フューリーvs.エディ・エドワーズ

Fジョナサン・グレシャムvs.クリス・ヒーロー
 簡単に転がせないヒーロー相手に
 グレシャムは巧みに動きを制限していきます。
 ヒーローはいつものように打撃で黙らせるかと思いきや、
 敢えて溜めて受け手に回っていますが、
 この試合においては非常に良い効果をもたらしている。
 ヒーローの意図を汲み、
 グレシャムもヒーローの抑えた打撃に
 倒れる受身をとらず調和させます。
 攻めにおいては執拗な脚狙いで
 ヒーロー相手に勝機の道筋をしっかり見せます。
 脚を攻撃して相手の攻めを防ぐのは定番ですが、
 グレシャムの隙を見逃さない感覚は他の誰より高感度。
 ヒーローが得意技のパイル・ドライバーを
 何とか攻勢を凌ぐために使う程、
 グレシャムの健闘っぷりが光りました。
 最後カタルシスの昇華が少し物足りないものの素晴らしい試合。
 文句なしに好勝負。

Gイヴィル・ウノvs.ピンキー・サンチェス
Hマット・リドルvs.マイク・ベイリー

Iドノヴァン・ダイジャックvs.サミ・キャリハン
 機動力のあるキャリハンが相手とあって
 ダイジャックもしかるべき時には機敏になることを要求されます。
 サミは受け手のときにダウンして試合運びサポートを放棄するものの
 脚への攻撃で細かな反撃を調整しています。
 これに対しダイジャックが対比として
 一発の大きさを意識したのが良かったですね。
 終盤は双方のよさが出ており、
 どっちが勝ってもおかしくない状況です。
 最後のフィニッシュへの持っていき方も良かったですね。
 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:3/?/17)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ドリュー・グラックvs.コーナー・クラクストン
AメッセージNV vs.ミルク・チョコレート
Bジョン・シルヴァーvs.リオ・ラッシュ
Cアンソニー・グリーンvs.ブリック・マストーンvs.カム・ザガミvs.クリスチャン・カサノヴァ(ノー・コンテスト)
Dクルセード・フォー・チェンジvs.アンソニー・グリーン、ブリック・マストーン、カム・ザガミ、クリスチャン・カサノヴァ
Eライアン・ガローンvs.キャンディス・ラレー
FEYFBO vs.ジョニー・ガルガーノ、トマッソ・チャンパ
Gドッグ・カラー・マッチ:ジョーイ・ジャネラvs.JTダン