TOP他大陸のプロレスヨーロッパのプロレス →その他:Togo in Europe

その他:Togo in Europeの分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@ディック東郷vs.ジェームス・メイソン(ASW 8/2/11)
 メイソンはASWの中でスターのようですね。
 またこの団体にはチャントを誘導するアナウンサーがいます。
 そのためヨーロッパってこんなにホットだったっけ、という程会場は熱気に包まれています。
 それ故自ずと東郷はヒール・ファイトに。
 観客と交流しながら試合を運んでいきます。
 オーソドックスなベビーフェイス/ヒールの流れですが
 メイソンがここで動くべきという流れを読めておらず
 後半は一進一退が機能せずグダグダでしたね。
 普段ヨーロピアン・ルールでやっていて不慣れなのかもしれないけれど。
 悪くない試合。

Aディック東郷vs.クリスチャン・クルキ(FCF 9/17/11)
 クルキは結構な長身ですね。
 相手と合わせているために膝を軽く織り交ぜた姿勢が
 神話に出てくる巨人のような印象を与えています。
 サブミッションをロープ・ブレイクされた際に尻餅をつくシーンも良い。
 今時非現実的なギミックは受け入れられないだろうとはいえ
 ユニークな雰囲気を持った選手だと思います。
 しかし下手ではありますね。
 展開で律して、そのシーンの中は適当に技を配置しただけ。
 終盤の技の使い方も荒削りです。
 只綺麗な動きをするようになると雰囲気が失われるので彼の場合はこれで良いとは思いますね。
 最後はクルキの女子マネが介入。
 これは許せんと3人乱入してクルキに襲い掛かり、
 東郷がお仕置きのダイビング・セントーンでしとめましたが
 ベビーフェイス側がリンチまがいの事をして盛り上がる感覚は理解しかねる。
 平均より少し上。

Bディック東郷vs.デイブ・フィンレー(EWP 10/7/11)
 フィンレーが相当の強制力を持ったレスリングを見せていますね。
 これに東郷がどうするのか注目していましたが
 東郷はあっさりレスリングを捨て打撃、脚攻めに行きます。
 東郷は脚狙いで止めることで一進一退を作りたいようだが
 フィンレーの思惑は別のところにあり
 結構2人の意思がぶつかり合っていますね。
 ややもすればズレているという表現が似合う内容。
 平均より少し上。

Cディック東郷vs.サー・ロビン・レキメ(France 10/22/11)
 レキメはベテランのようで正統な試合運びが出来ます。
 サーとついているように典型的な嫌われ者貴族ギミックで
 ゲストを迎える役回りとしても適切です。
 ただ一定レベルというだけで特に優れた魅力は持ち合わせていない。
 20分超えの試合というのは一つの結果ではありますが
 日本であれだけロング・マッチは当たり前として密度の高いものを見せてきましたからね。
 ロング・マッチ?だから何?となってしまう。
 ダイナミックに変化しない展開は試合に集中させ続けるには足らず、またくどい。
 平均レベル。

Dイリミネーション・マッチ:コマンド・エレオ(ディック東郷、クラーケン・エナジー、アルカンヘル・デストロイヤー、クロヴァックス)vs.ナシオン・エクストリーマ(チコ・ドレイカー、コルト・シルクイト、トロックス、ハルコン・ゲレロ)(FULL 5/19/12)
 (ヨーロッパではなくチリですけどね。ここにまとめます。)
 無名の選手ばかりですが
 駄目とは思わせない程度の攻防で時間を埋めることはできる様子。
 良いハイ・フライ技を見せたものもいましたが受けになるといまいちです。
 トータルで完成されたレスラーがいないので
 東郷は本当にゲストというより試合の重要なターニング・ポインターになっている。
 柔軟な試合運びででした。
 ヒール群が制圧する展開からの後半は
 表面的な面白さに過ぎないが派手で楽しかったですね。
 イリミネーション・ルールによる盛り上げもしっかりしていました。
 平均的な良試合。


総評
 飛び込み参戦な上、東郷自身も旅している感覚が強く
 特に思い入れもなく日常的に試合をするだけなので
 思ったほどこれといった試合がなかったですね。
 フィンレー戦は期待していたのだけど・・・。
(執筆日:2/21/12)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ディック東郷vs.ジェームス・メイソン(ASW 8/2/11)
Aディック東郷vs.クリスチャン・クルキ(FCF 9/17/11)
Bディック東郷vs.デイブ・フィンレー(EWP 10/7/11)
Cディック東郷vs.サー・ロビン・レキメ(France 10/22/11)
Dイリミネーション・マッチ:コマンド・エレオ(ディック東郷、クラーケン・エナジー、アルカンヘル・デストロイヤー、クロヴァックス)vs.ナシオン・エクストリーマ(チコ・ドレイカー、コルト・シルクイト、トロックス、ハルコン・ゲレロ)(FULL 5/19/12)