TOP他大陸のプロレスイギリス 現インディー団体 →RPW:Best of RPW 2018

RPW:Best of RPW 2018の分析


名勝負 なし
好勝負 デヴィッド・スターvs.マイク・ベイリー(2/4/18)

@ピート・ダンvs.クリス・ブルックス(1/7/18)
 ピートが奇襲すると容赦ない打撃。
 拳を打ちつけ流血させて
 観客席にパワー・ボム、と無慈悲極まりない。
 ただ一方的なので退屈という見方もありますね。
 これに対しクリスは反撃はダイブから。
 定番で悪くはないですが流血までしたのですから
 いつもとは違った形で作りたかったですね。
 8:2の攻守バランスで良い試合に仕上げていますが、
 いつも以上のドラマ性、とまではいかなかった。
 中々良い試合。

Aウィル・オスプレイvs.マーク・アンドリュース(1/20/18)
 不意打ちから試合を始めると
 場外に転じて、と流れるように技を繋げていきます。
 そのスムーズさは買うものの
 どうしても攻防を作るための繋ぎになっていますね。
 10分未満の試合時間ではそれも矯正されず
 最後まで走りきる形に。
 平均的な良試合。

Bタッグ王座戦:マスタッシュ・マウンテン(タイラー・ベイト、トレント・セヴン)(ch)vs.鈴木軍(鈴木みのる、ザック・セイバーJr.)(1/20/18)
 みのるの張り手合戦からラフに場外戦に転じ、
 ベイトの孤立シーンに移っていきます。
 みのるを立てた上でセヴンが持ち味出していて楽しいのですが
 みのるはヘビー級として位置づけが飛びぬけている訳でもないし、
 全体的に仮想的な中でのやり取りの中で落ち着いてしまっている。
 やっていることは間違いないのですが、
 試合としては化けることはなかった。
 平均的な良試合。

Cデヴィッド・スターvs.マイク・ベイリー(2/4/18)
 スターが引いてベイリーの愚直さを際立たせます。
 プランチャを阻止したスターが
 エプロンへのスイング・バック・ドロップ。
 蹴りを押しのけてクロス・ボディで潰したりと
 スターは細かな工夫を常に入れ続けてくる。
 この引き出しの多さには感心しましたね。
 リングのポジションを替えて
 様々に繋げて行くその足裁きもトップ・レベルです。
 ベイリーもぎりぎりの所を狙う危うい攻めで
 ミッド・カードとは思えないニア・フォール合戦。
 これを返してくるなら更に凄い技を、という連鎖は
 やりすぎて終盤落としどころがなくなりかけていますが、
 だからこそ最後のチープ・フィニッシュも説得力があった。
 ぎりぎり好勝負。 

Dザック・セイバーJr. vs.トラヴィス・バンクス(2/4/18)
 セイバーはトラヴィスの打撃の威力をスケール・アップさせた上で
 カウンターで腕攻め地獄。
 それぞれ相手を立てた上で
 主張して相手に踏み込んで行くので
 非常に綺麗に試合のボルテージは高まっていきましたね。
 そこから跳ねる要素がもう一つあれば更に良かったですね。
 好勝負に届かずも中々良い試合。
 (執筆日:3/?/18)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ピート・ダンvs.クリス・ブルックス(1/7/18)
Aウィル・オスプレイvs.マーク・アンドリュース(1/20/18)
Bタッグ王座戦:マスタッシュ・マウンテン(タイラー・ベイト、トレント・セヴン)(ch)vs.鈴木軍(鈴木みのる、ザック・セイバーJr.)(新チャンピオン!)(1/20/18)
Cデヴィッド・スターvs.マイク・ベイリー(2/4/18)
Dザック・セイバーJr. vs.トラヴィス・バンクス(2/4/18)