TOP他大陸のプロレスイギリス 現インディー団体 →OTT:Best of OTT 2018 part.3

OTT:Best of OTT 2018 part.3の分析


名勝負 OTT王座戦:ジョーダン・デヴリン(ch)vs.ウォルター(8/18/18)
好勝負 石井智宏vs.KUSHIDA(10/13/18)

鈴木みのるvs.ティモシー・サッチャー(10/13/18)

OTT王座戦:ウォルター(ch)vs.ウィル・オスプレイ(10/13/18)

@石井智宏vs.ジュース・ロビンソン(8/18/18)
ショルダー・タックルのぶつかり合いから
観客席での乱戦と
前半はデフォルメの強いシーンで灰汁強め。
ただデフォルメとはいっても
ハード・ファイトで流した汗は嘘をつかない。
気持ちの入った打撃ベースで作り出される
一進一退は見事でニア・フォールも熱い。
クライマックスのテンション高く耐えを使った
打ち合いが個人的にはちょっとクドく、
評価としては好勝負に少し届かず。

AOTT王座戦:ジョーダン・デヴリン(ch)vs.ウォルター(8/18/18)
 大切に暖めビッグ・マッチとして組まれた一戦。
 試合もじっくりとした構成でスタート。
 デヴリンの細かな抵抗で
 ウォルターを強大な外敵として描いていきます。
 デヴリンの反撃を、技一発でも、と
 観客が待望する焦らしの構築が大成功。
 デヴリンの粘りに観客も熱が入って起きた、
 You can't beat himチャントは
 このカードにおける最高の賛辞に他なりません。
 終盤もウォルターのスリーパー戦略、
 デヴリンのヘッド・バッドを繰り出す等
 いつもとは違う攻め、ともに素晴らしい。
 クオリティで言えば同じくらい凄い試合は幾つかありましたが、
 エースvs.最強の外敵というシチュエーションは
 これまでになく"OTTの試合"の色を濃くしており、
 最高の盛り上がりを見せました。
 ぎりぎり名勝負。

Bジョーダン・デヴリン、ショーン・ギネスvs.ストロング・ハーツ(CIMA、Tホーク)(9/30/18)
 SHがゲストとしてホストのデヴリン、ギネスを立てつつ
 ドラゲーのお家芸もしっかり見せてくれます。
 Tホークは精力的な動きで
 デヴリンとシングル対決したら面白そうな可能性を感じましたね。
 ただ深く交流するには至らず。
 そこそこの内容に留まっているのも否めない。
 平均的な良試合。

C石井智宏vs.KUSHIDA(10/13/18)
 石井の耐えが上手く機能していますね。
 体重差は感じさせつつ
 KUSHIDAが攻めの動きを多く盛り込めるので
 非常に攻防が面白く仕上がっています。
 観客席の乱闘を挟み、KUSHIDAが腕へのサブミッション解禁。
 乱闘を前段階に置いたことでメリハリが利いていますね。
 NJPW対決ながらNJPWではないところだからこそ生まれた試合内容。
 ぎりぎり好勝負です。

D鈴木みのるvs.ティモシー・サッチャー(10/13/18)
 みのるがロープを使ったアーム・バーを決めれば
 ティモシーもマウントを取ってアーム・バー。
 何をするかなんてほぼほぼ分っていますが、
 2人の雰囲気、間に魅了され、
 その空間に身を浸すことが大変心地よい試合です。
 プロレスの独特の魅力が詰まっています。
 ぎりぎり好勝負。

EOTT王座戦:ウォルター(ch)vs.ウィル・オスプレイ(10/13/18)
 前回(Defiant Wrestling)と同じく序盤の入りが微妙。
 どちらも映えず、勢い弱めの中で、オスプレイのトペコンへ。
 ただ中盤からは期待通り。
 まずは主導権を取り返したウォルターが間をじっくりとって魅せる。
 この長い間は相当意図しないとできないし、
 また相当自信がないととても手が出せないもの。
 上手く自分の強大さを確立させました。
 オスプレイもデフォルメした見得とダメージ表現で食らい尽きます。
 ウォルターが下からステージにパワー・ボム、
 オスプレイがステージ上からトペコン、と
 ステージを使ったスポットも試合の特別感を高めていますね。
 リングに戻ってもダイナミックな攻防は大変面白い。
 ダイビング・ボディ・プレスというフィニッシャー・チョイスだけやや疑問でしたが。
 文句なしに好勝負。

 (執筆日:11/?/18)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@石井智宏vs.ジュース・ロビンソン(8/18/18)
AOTT王座戦:ジョーダン・デヴリン(ch)vs.ウォルター(新チャンピオン!)(8/18/18)
Bジョーダン・デヴリン、ショーン・ギネスvs.ストロング・ハーツ(CIMA、Tホーク)(9/30/18)
C石井智宏vs.KUSHIDA(10/13/18)
D鈴木みのるvs.ティモシー・サッチャー(10/13/18)
EOTT王座戦:ウォルター(ch)vs.ウィル・オスプレイ(10/13/18)