TOP他大陸のプロレスイギリス 現インディー団体 →OTT:Best of OTT 2017

OTT:Best of OTT 2017の分析


名勝負 なし
好勝負 NL王座戦:ライアン・スマイル(ch)vs.マット・リドル(6/4/17)
 
ザ・キングス・オブ・ザ・ノース(ボーンソウ、ダミアン・コーヴィン、ダンカン・ディスオーダリー)vs.ブリティッシュ・ストロング・スタイル(ピート・ダン、トレント・セヴン、タイラー・ベイト)(8/6/17)

@タッグ王座戦:キングス・オブ・ザ・ノース(ボーンソウ、コーヴィン、ダンカン・ディスオーダリー)(ch)vs.ザ・ラッズ・フロム・ザ・フラッツ(ワーキー、マーティン、パディーM)(4/15/17)
 3人同時ダイブからKotNがパディーMを孤立させ脚攻め。
 KotNは印象化が上手いですね。
 ホット・タッチ後は打ち合いへ。
 パディーMが脚を痛めつつも
 ハイ・フライを見せて歓声を起こし、
 他のメンバーはKotNと真っ向から投げ合ってインパクトを生み出します。
 少し雑な部分はありつつも
 それを補って余りあるエネルギッシュな試合でした。
 好勝負に少し届かず。

Aアップタウン・ファンカーズ(ウィル・オスプレイ、ライアン・スマイル)、リオ・ラッシュvs.ザ・エリート(ケニー・オメガ、ヤング・バックス)(4/15/17)
 バックがシャープ・シューターをかけつつマイク・アピールをしたり、
 ラッシュがUFパンツを脱いでエリート入りかと見せかけ再度裏切ったりと
 良くも悪くもお祭り的盛り上げを優先させた試合となっています。
 それでいて30分を超えるのだから
 彼らの懐の深さには驚きますね。
 ただお祭りの域を抜け出ない部分は高評価しきれないところ。
 好勝負に届かずも中々良い試合。

Bジョーダン・デヴリンvs.ムース(6/4/17)
 リング内外を使って
 序盤から積極的に一進一退を作っていきます。
 デヴリンが堅実なヒール・ファイト。
 ムースはアピールで流れを作ると
 リフト・アップで観客席に投げ捨てるというビッグ・ムーブ。
 デヴリンも花道から走ってリングに飛び込むフライで対抗。
 この飛びっきりのスポットで盛り上がると終盤へ。
 カウント1で返すスポットも効果的で
 なんてことないミッド・カードがまさかの化学反応を見せました。
 好勝負に少し届かず。
 
Cブリティッシュ・ストロング・スタイル(ピート・ダン、トレント・セヴン、タイラー・ベイト)vs.エンジェル・クルーズ、Bクール、タイラー・ベイト(6/4/17)
 カードを良く見てください。
 ベイトが両チームに所属しているという特殊マッチ・アップです。
 かつてのパートナーであるエンジェルを取るか
 今をときめくBSSとしてOTTでもやっていくのか、
 というストーリー・ラインになっています。
 それに基づいた見せ場は良くできていますね。
 後は斧を持ち出して他の皆が怯えて見せたりと
 お祭り的ファン・マッチ要素で埋めています。
 OTTらしいコメディー・マッチで面白かったですね。
 中々良い試合。

DNL王座戦:ライアン・スマイル(ch)vs.マット・リドル(6/4/17)
 リドルが苛烈な攻め。
 スマイルはダウンに追いやられつつも全力ダイブから反撃開始。
 リドルの頭を踏みつけたりと
 ヒールとして悪辣な感じが高まっていますね。
 リドルは攻めではジャーマンをキーとし、
 受けではノー・セル、カウント1を使って気迫を表現。
 最高に格好良すぎてまさにスーパー・ヒーローですね。
 リドルの世界に入りました。
 スマイルも悪辣ヒールとして最後まで
 真っ直ぐ対抗して盛り上げてくれました。
 ぎりぎり好勝負。

ENL王座戦:ライアン・スマイル(ch)vs.マーク・ハスキンス(7/1/17)
 メリハリある展開ですが
 相互で生み出したものではないので
 特別とまでは言い切れません。
 鋭い攻め合いも
 ダメージ観がないまま攻防だけが目まぐるしくて
 見ている者がついていけないところがあります。
 しかし後半からは右肩上がり。
 スマイルがスクールの物真似をしたりと
 ヒールとして巧みなアピールで移入感が高まりましたね。
 幻の決着演出も上手く作用し、特別感もありました。
 好勝負に届かずも中々良い試合。

Fタッグ王座戦:キングス・オブ・ザ・ノース(ボーンソウ、ダミアン・コーヴィン、ダンカン・ディスオーダリー)(ch)vs.CCK(クリス・ブルックス、キッド・リコーズ、トラヴィス・バンクス)(8/5/17)
 トリオとしてスポットをチェーンさせていきます。
 ダイブ連発や5人連鎖技で見せ場を作ると
 トリオという数を活かした打ち合いに。
 単純な返しあいに陥りかけますが、
 CCKがサブミッションなどで見せ方を変えたのは良かったですね。
 ただ最後はレフェリーの目をそらしてのチープ・ショットで弱め。
 中々良い試合。

Gウォー・マシーン(ハンソン、レイモンド・ロウ)、ジェフ・コブvs.ブリティッシュ・ストロング・スタイル(ピート・ダン、トレント・セヴン、タイラー・ベイト)(8/5/17)
 奇襲から場外戦へ。
 ウォー・マシーンの得意のトルネード・ルールの見せ方かと思いきや
 観客席裏まで広く使いすぎて、まとまりきりません。
 その後も派手な絵は作られるものの
 流れが思ったより作られず
 ウォー・マシーン、コブが木偶パワー・ファイター的
 位置づけとして貢献する格好でしたね。
 この6人ならもっと上を狙えたはず。
 中々良い試合。

HNL王座戦、3ウェイ・ダンス:ライアン・スマイル(ch)vs.マーク・ハスキンスvs.マーティ・スクール(8/5/17)
 ハスキンスの精力的な動きは3ウェイでより輝きますね。
 スマイルはベイラー的な上半身悪魔ペイントで
 この試合でも良いヒールっぷりを見せています。
 スクールはフェイスの立ち位置になりますが、
 それでも自分の魅力をしっかりと出します。
 連鎖サブミッションなど3ウェイ・ムーブも潤沢。
 スマイルは集中攻撃を浴びながらも
 リングに戻り際不意を突いた丸め込みでスクールを脱落させます。
 これで先月同じスマイルvs.ハスキンスに。
 幻の王座移動をフラッシュバックさせながら演出しますが、
 少し1つ1つがぶつぎれになっている感もありましたね。
 好勝負に届かずも中々良い試合。

Iジェフ・コブvs.リコシェ(8/6/17)
 リコシェは持ち上げられつつも
 一撃は食らわず逃げきっていき、
 蹴りでコブの脚を攻めて行きます。
 コブも脚へのセルをしっかり行い、
 ハイ・スポットに行く前で
 中盤までを作って見せたのは感心しましたね。
 終盤も大切につむいだスポットを
 じっくり見せきりました。
 好勝負に少し届かず。

Jザ・キングス・オブ・ザ・ノース(ボーンソウ、ダミアン・コーヴィン、ダンカン・ディスオーダリー)vs.ブリティッシュ・ストロング・スタイル(ピート・ダン、トレント・セヴン、タイラー・ベイト)(8/6/17)
 トリオらしく入れ替わると同時に
 ロープ・ワークを積極的に使うので
 非常にスピーディーな目まぐるしい攻防になっています。
 ダイブ連発から場外戦に移ると
 バルコニー席から殴り落とすスポットまで。
 リングに戻ると派手な打ち合いに
 連続技、数珠打ち、同時技といった
 トリオならではの要素を詰め込みます。
 今年行われた前回の試合と同じく充実していましたが、
 最後はゲスト・コミッショナーのフォーリーを絡めた
 ハッピー・エンドで締めなのでクライマックス的見せ場は物足りないですね。
 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:10/?/17)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@タッグ王座戦:キングス・オブ・ザ・ノース(ボーンソウ、コーヴィン、ダンカン・ディスオーダリー)(ch)vs.ザ・ラッズ・フロム・ザ・フラッツ(ワーキー、マーティン、パディーM)(4/15/17)
Aアップタウン・ファンカーズ(ウィル・オスプレイ、ライアン・スマイル)、リオ・ラッシュvs.ザ・エリート(ケニー・オメガ、ヤング・バックス)(4/15/17)
Bジョーダン・デヴリンvs.ムース(6/4/17)
Cブリティッシュ・ストロング・スタイル(ピート・ダン、トレント・セヴン、タイラー・ベイト)vs.エンジェル・クルーズ、Bクール、タイラー・ベイト(6/4/17)
DNL王座戦:ライアン・スマイル(ch)vs.マット・リドル(6/4/17)
ENL王座戦:ライアン・スマイル(ch)vs.マーク・ハスキンス(7/1/17)
Fタッグ王座戦:キングス・オブ・ザ・ノース(ボーンソウ、ダミアン・コーヴィン、ダンカン・ディスオーダリー)(ch)vs.CCK(クリス・ブルックス、キッド・リコーズ、トラヴィス・バンクス)(8/5/17)
Gウォー・マシーン(ハンソン、レイモンド・ロウ)、ジェフ・コブvs.ブリティッシュ・ストロング・スタイル(ピート・ダン、トレント・セヴン、タイラー・ベイト)(8/5/17)
HNL王座戦、3ウェイ・ダンス:ライアン・スマイル(ch)vs.マーク・ハスキン(新チャンピオン!)vs.マーティ・スクール(8/5/17)
Iジェフ・コブvs.リコシェ(8/6/17)
Jザ・キングス・オブ・ザ・ノース(ボーンソウ、ダミアン・コーヴィン、ダンカン・ディスオーダリー)vs.ブリティッシュ・ストロング・スタイル(ピート・ダン、トレント・セヴン、タイラー・ベイト)(8/6/17)