TOP日本のプロレスその他 →FMW:Best of FMW

FMW:Best of FMWの分析


名勝負 3本勝負:エル・イホ・デル・サント、大仁田篤、ターザン後藤vs.ネグロ・カサス、ティム・パターソン、ホレース・ボルダー(FMW 5/16/92)
好勝負 なし

@3本勝負:エル・イホ・デル・サント、大仁田篤、ターザン後藤vs.ネグロ・カサス、ティム・パターソン、ホレース・ボルダー(FMW 5/16/92)
 FMWのUS興行。
 サント、カサスとFMWというおかしなカードになっています。
 ルチャとFMWがトリオとして機能するのか心配していたら
 なんとほぼ独立してデュアルで戦いが進行すると言う
 単純明快でありながら普通思いつかない手法がとられています。
 ゴングが鳴るなり全員が激突し、
 FMWは場外乱闘で散らばり椅子攻撃にパイル・ドライバー。
 一方でリングではルチャ最大の抗争カサスxサントが行なわれます。
 FMWはリング無視、まるで別の試合かのように場外戦を繰り広げます。
 しかしリングに戻ってきてエプロンに上がれば一転、
 リングの中はサント劣勢ではなくサント孤立に早変わり。
 サントが素晴らしい抑揚・スピードのある攻防をカサス相手に見せると
 ルチャ・ルールにより連携の問題を解消しながら加速度的にフィニッシュまで走りきりました。
 
 2本目が開始すると再びFMWは場外乱闘。
 カサスとサントは再びリングにいます。
 どこを見ようか観客は迷いそうなものですが
 カサスとサントはここぞで自分たちに視線を集め、
 この2人にしか出来ない攻防を見せ付けてきます。
 特にこの日のカサスのスピード感は良い意味で異常。
 不意打ちトペを食らってすぐにリングに戻る感覚は普通ありません。
 ラ・マヒストラルでカサスが取り返します。
 そして3本目突入。
 実は3本目自体は特筆すべきことはなく比較的あっさりしています。
 尤もデュアルな戦いというアイディアは面白いものの単純ですからこの選択は正解。
 3本のバランスとしても良い塩梅です。
 アメリカン・プロレスにおけるラフ・ファイトの歴史において
 メンフィス参戦時に足跡を残した大仁田がFMWの過激さを引っさげて再来米。
 そのFMWの激しい乱闘をバック・ファイトに
 サントとカサスが比類なきルチャを見せた夢のような一戦。
 90年代とは思えない凄まじい盛り上がりでした。
 歴史的な名勝負。
 (執筆日:3/8/12)

A日米キング・オブ・デス・マッチ決定戦、有刺鉄線バリケード・スパイダー・ネット・ガラス・クラッシュ:WING金村vs.カクタス・ジャック(5/5/96)
 まずは有刺鉄線にこすりつける軽い使い方から、
 場外スパイダー・ネットの前振り。
 そこから場外テーブル葬、スパイダー・ネットへのブレーン・バスターで盛り上げました。
 ペースが良く各インパクトの効果が重層していきましたね。
 単純明快な内容でしたが難点が一つ。
 壊れたスパイダー・ネットを無駄に再利用してグダつかせていました。
 それならスパイダー・ネットの数を増やせば良い話でした。
 好勝負に届かずも中々良い試合。
 (執筆日:8/12/12)

Bイリミネーション・マッチ:ミスター雁之助、大矢剛功、金村ゆきひろ、保坂秀樹、非道vs.石川雄規、池田大輔、臼田勝美、モハメド・ヨネ、土方隆司(5/5/99)
 自陣で全員で殴ったりとファン要素もあるし、
 スタイルの違いも押し出す事が出来ています。
 ロープを使っての技、カットで熱を維持しながらの進行も出来ている。
 しかし5vs.5の団体対決と大々的に銘打ったところで
 個で魅せれる選手がいない状況なので没個性的になり後半伸び悩みました。
 平均的な良試合。
 (執筆日:3/4/12)

C60分アイアン・マン・マッチ:冬木弘道vs.ハヤブサ(9/26/00)
 まずは通常のプロレス。
 冬木は奇声を上げながら攻撃するタフ・マン・キャラを演じ、
 ハヤブサは劣勢に陥りながらやられ姿で細かく見得を切ります。
 意外にしっかりした序盤で感心しましたね。
 これなら時間をかけるに値しましたが、
 我慢できずに6分経過時に冬木がハヤブサをパワー・ボムで場外テーブル葬。
 これは早計にして不適切なスポットです。
 実際フォールにつながらず只冬木が優位性を確立しただけです。
 冬木の支配時にターン・バックルを外し始めるのも意味不明。
 奇人キャラなんでしょうが
 60分アイアン・マン・マッチという理の世界においては不要です。

 ハヤブサが形勢を逆転して腕狙い。
 腕狙いと他の技とのバランスが中々良かったですね。
 冬木のタフ・マン・キャラとも相性が良く
 見応えのある攻め合いが続きました。
 ただこれで決めるという気は感じられませんでしたね。
 60分あるので飛ばせないのは分かりますが
 この手の攻防には少しぐらいその色気があるべきで、
 その結果としてまだその時でないことを知り
 短期的な決着を諦めるという攻防です。
 勿論60分故に飛ばせないという事情もありましょう。
 だからこそやはり序盤のレスリングが6分で終わらせたのは短かったといえる。

 20分経過しハヤブサが場外で冬木の腕に椅子攻撃、
 場外パワー・ボム、コーナー・ポスト越えのトペコンとラッシュを仕掛けます。
 スポットの配置は見事でしたが、スーパープレックスに切り返されて
 ハヤブサが沈んだ際にはスポットのダメージ設定がどうなっているのか、と
 首を傾げざるを得ないですね。
 カウント3後、インターバルもなく冬木が連続してカバーし、その結果カウント2だったため
 何故先ほどはカウント3になってしまったのか、と余計に疑問が膨らんでしまいます。
 30分経過後、劣勢に立たされたハヤブサはラリアットを食らい2本目も取られてしまいます。

 マスクも剥ぎ取られ、椅子攻撃で流血までする。
 展開を明確化するための行為がくどいですが
 日本人離れしたスターとしての見せ方を心得た
 ハヤブサにとっては意を得た展開で素晴らしい流れで1本取り返します。

 ここで35分。
 その後、シーソー・ゲームが続き、素晴らしい内容でしたが、
 4分でハヤブサが2本取り、45分で3-3に追いついてしまいます。
 実に勿体無いですね。
 そして15分残して本数が同じとなり背景がリセットされたために
 その後のバランス・ゲームはクオリティが劣り、
 また15分持たせられずで無理のある返しあいに陥ってしまっています。

 試合後に俺たちは全力を尽くしてぶつかりあった、とハグしたりする
 演出ありきで終盤の配分を考えてしまった印象ですね。
 日本でこの形式が上手く扱われるのか心配していましたが、
 予想を超えて形式を理解した良質の構成でした。
 しかしもっと改善できる部分も目立ち、好勝負には少し届かず。
 (執筆日:2/2/12)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@3本勝負:エル・イホ・デル・サント、大仁田篤、ターザン後藤vs.ネグロ・カサス、ティム・パターソン、ホレース・ボルダー(2-1)(FMW 5/16/92)
A日米キング・オブ・デス・マッチ決定戦、有刺鉄線バリケード・スパイダー・ネット・ガラス・クラッシュ:WING金村vs.カクタス・ジャック(5/5/96)
Bイリミネーション・マッチ:ミスター雁之助、大矢剛功、金村ゆきひろ、保坂秀樹、非道vs.石川雄規、池田大輔、臼田勝美、モハメド・ヨネ、土方隆司(5/5/99)
B60分アイアン・マン・マッチ:冬木弘道vs.ハヤブサ(3-3)(引き分け)(9/26/00)